個々の生産性向上のための一手 インテル®Unite™によるリアルタイム・コラボレーションがワークスタイルを変革させる

インテル®Unite™によるコラボレーションが ワークスタイル変革をもたらす

 インテル® Unite™ ソリューションとは、どのようなソリューションか?

 インテルによると、それはオフィス勤務や在宅勤務にかかわらず、社員同士の「リアルタイム・コラボレーション」を促進する有効なツールだという。

 その仕組みは至ってシンプルだ。まず、企業の会議室に置かれている大型ディスプレイや電子ホワイトボードなどに、インテル® Core™ vPro™ プロセッサー・ファミリーが搭載されたミニPCなどを接続。在宅勤務の社員は、手持ちのPCやタブレット端末などに対応アプリをあらかじめダウンロードしておけば、PINを入力するだけで、端末を会議室のディスプレイとつなぐことができる。

 会議室のディスプレイに表示されている資料を手元の端末で見たり、逆に会議室にいるメンバーに見せたい資料を手元の端末から送って、ディスプレイに表示させたりすることが可能だ。どこにいても情報を共有・活用ができるし、出張中のマネージャーが手元の端末で会議の内容や情報を見ながら、すぐさま意思決定を下すこともできる。まさに「リアルタイム・コラボレーション」である。

 参加者の端末画面は、最大4画面まで会議室のディスプレイに表示可能。さらに最大2GBまでの重い資料ファイルも、遠隔地からの参加者も含め、全員がその場ですぐ共有できる。

 このほかインテル® Unite™ ソリューションには、Skype for Businessなど、オンライン会議システムと連携するためのプラグインも別途、用意されており、資料を見ながら音声や映像による会議を行うことが可能だ。

インテル®UNITE™ ソリューション接続環境イメージ

あらかじめ対応アプリを手持ちの端末にダウンロードしておけば、会議室にいても、遠隔地からでも、PINを入力するだけで参加者全員が会議資料を共有できる

事前準備時間が大幅に短縮 会議自体の効率化とコストダウンも実現

 このように、画面を瞬時に共有して、「リアルタイム・コラボレーション」を手軽に実現できることがインテル® Unite™ ソリューションの大きなメリットだが、利点はそればかりではない。

 そもそもインテルがこのソリューションを開発したきっかけは、会議自体の効率と生産性を上げることにあった。

 同社が全世界の自社拠点で調査したところ、会議室のディスプレイにPCやタブレット端末をケーブルでつなぐ事前準備だけで、平均8分もの時間がかかっていることが分かった。そこで、面倒なケーブル接続などをしなくても、すぐにディスプレイと端末がつながり、会議を始められる仕組みを作ろうということになった。それがインテル® Unite™ ソリューションだったのだ。

 インテル® Unite™ ソリューションなら、参加者が会議室に端末を持ち込み、PINを入力するだけで、すぐにディスプレイとつなげることができる。この簡便さによって、同社が会議の事前準備に要する時間は約2分と、従来の約4分の1に短縮した。たった6分の違いと思うかもしれないが、年間にすると約2週間分もの時間ロスが削減されたという。

 また、発表者の資料がすぐ手元の端末に表示されるので、あらかじめ人数分の資料を紙出力しておく無駄もなくなる。ペーパーレス化を推進するという意味でも非常に有効だ。

 社員一人ひとりの生産性だけでなく、会議そのものの効率と生産性を上げてコストダウンまで実現する。インテル® Unite™ ソリューションは、まさに日本企業がグローバル競争を勝ち抜いていくために役立つソリューションだと言えそうだ。

  • ケーブルは不要
    会議室のディスプレイと端末をケーブルで接続するのは、意外と手間がかかるもの。インテル® Unite™ ソリューションなら参加者全員の端末がすぐにネットでつながるので、端末に合ったアダプターやドングルを探して時間を無駄にすることがない
  • リアルタイム・コラボレーション
    インテル® Unite™ ソリューションでいったんつながると、ドキュメントの表示やハイライト、コメントの追加、ドキュメントの共有などが、いつでもどこからでもリアルタイムで実行できる。ファイル転送機能で大容量の資料配布も可能
  • 画面を瞬時に共有
    インテル® Unite™ アプリケーションが動作している端末の1つ以上にインテル® Core™ vPro™ プロセッサー・ファミリーが搭載されていれば、会議室にいる参加者全員が瞬時に画面を共有することができる
     
  • INDEX
  • 日本企業がグローバル競争に勝つためには社員1人ひとりの生産性向上が求められている
  • 迅速な意思決定や 効率的な情報共有ができる環境が必要
  • インテル®Unite™によるコラボレーションが ワークスタイル変革をもたらす
  • 事前準備時間が大幅に短縮 会議自体の効率化とコストダウンも実現
  • スマートな会議室システム インテル®UNITE™