ADVANCED INDUSTRIES 2017 イスラエルのテクノロジー最前線 セミナーレビュー 中東のシリコンバレー、イスラエル進出への第一歩

講演:「イスラエルライフサイエンス分野の開花」 JOY VENTURES 共同創設者およびゼネラルパートナー Gilad Peleg(ギラッド・ペレグ)氏
多国籍企業が花開くイスラエルのエコシステム

四国ほどの国土しかないイスラエルにはライフサイエンス分野の企業が1400~1500社あり、これらは3つほどの都市に集中しています。イスラエルのライフサイエンス企業に競争優位性があるというのは、この小さな国にエコシステムが存在しているからです。ライフサイエンス企業が発展するエコシステムは大きく4つの要素で構成されます。一つの要素は人材です。イスラエルには移民が多く、世界中から多彩な人材が集まっています。優秀な大学、著名な病院や研究機関などがあり、才能豊かな人材がそろっています。もう一つの要素はインフラです。こちらも大学や病院など様々なジャンルがあります。イスラエルのライフサイエンスのエコシステムはすなわち軍事、民間、学術界、病院などが土壌を整えており、その土壌の上に企業が設立されるのです。人材とインフラのあとにくるのが資金です。資金は政府によるサポートに加え、多国籍企業であるベンチャーキャピタルからもたらされています。25年前から政府はベンチャーキャピタルの種まきを続け、豊かな土壌の上にたくさんの多国籍企業が花を咲かせてくれるようになりました。それぞれの人材、知識、インフラを持ち込んでくれたおかげで豊かな土壌と資源がより豊かになってきたのです。政府そしてベンチャーキャピタルそれぞれからのサポートが第2、第3の要素です。20年前は500社だったライフサイエンス企業は、今では3倍にもふくらんだのです。なおこれらの企業はM&Aを活発に行いながら発展を遂げています。

エコシステムの中を深く見てみると、追加的な要素として国民皆保険制度があります。さらに、加入者数100万人を超える有力な医療保険システムが複数存在しており、そこから提供される非常に多くのデータが臨床活動や分析に役立っています。また、カルテは100%電子化され、医師はデータにアクセスしやすい状況になっています。医療ツーリズムも活発ですし、学術界は民間企業と強く連携しているので大学1年生がプロジェクトやケーススタディーに参加することも可能です。これらの環境がより具体的な研究開発を可能にしているのです。大学生は入学直後から最近の医療機器や技術の開発に関心を持つことができます。TTO(技術移転オフィス)も重要な学術界の資産になっています。産業界とつながったグループが病院内に存在することによって、学術的な理論や知識を産業に展開することができます。

Israel Life Science Ecosystem: A Supporting Hub for Entrepreneurship
学術・産業・若いイノベーションをつなぐ投資

いくつかのブロックバスター(従来の治療体系を覆す薬効を持ち、ばく大な利益を生み出す新薬)はイスラエルから生まれました。半年前に出た学術誌によると、世界のバイオテックの約25%はなんらかの形でイスラエル発の研究と結びついているそうです。これは世界中に存在するバイオテックのトップ人材がイスラエルのエコシステムに参加していることの証明であるともいえます。

イスラエルと日本の企業のコラボレーションの事例を紹介します。一つは日本が100%出資するベンチャーキャピタル、Corundumオープン・イノベーション。イスラエルと日本それぞれのオフィスに投資のプロがいて、イスラエルとのコネクションを維持しながら効率的な投資を続けています。注目すべきはイノベーションにカイゼンを加えている点です。これにより長期にわたる持続的な成長を目指しています。

これは投資の例ですが、起業するためのコラボレーションの事例もあります。Corundum JOYは学術界の研究に投資をし、企業の製品開発にも投資をしています。加えて、若いイノベーションにも投資しインキュベータとしての役割も果たします。キーポイントは学術界から、産業界から、インキュベーションからそれぞれ優れたところを抽出して、それをブレンドし、よりよい企業そしてよりよい製品を成長させています。こうしてイスラエル特有のエコシステムの中で様々なプレーヤーとWin-Winの関係を築くことができています。

Growing from 200 to over 1,300 companies in just 20 years,Global Leadership in IP Generation
NEXT 日本・イスラエル研究開発協力事業のご紹介:「二国間研究開発協力のご紹介」
戻る
TOP
1
2
3
4
5
6
7
次へ


お問い合わせ先:イスラエル大使館 経済部
Israeljapaneconomy@israeltrade.gov.il

主催