勝負服に
求められる
3つのポイント

今やビジネスウエアが安価で手に入る時代である。だからといって、ここぞという場面に安易に選んだ着こなしで臨むのはいかがなものか。現代は人々がビジネスに非常にシビアな時代といえる。だからこそ、チャンスをものにするためにいざという時の着こなし、つまり勝負服に目を向けるべきだ。では、どんな視点で勝負服を選べばよいのか。この特集では勝負服に求められる3つのポイントを整理してご紹介しよう。

まず、最初は「存在感」。勝負服に重要なのは上質さだけでなく、あなたの人物像をうまく周囲に伝えることだ。特にコンペやプレゼン、講演などの多い方なら、着こなしに華があるに越したことはない。凝った生地の織り、色柄などの個性はあなたの存在感をしっかりとアピールしてくれる。

ビジネスパートナーに心を開かせる「社交性」も勝負服のポイント。カンバセ―ションピースという言葉をご存じだろうか。これは会話が活気づく小道具を意味する。重要な商談を和やかに進めたい。初対面の重要人物と上手に打ち解けたい。そんな時に、装いで相手の緊張感を解きほぐすきっかけを作るわけだ。品位は保ちつつもユニークなディテールを備えた一着なら、ついつい相手が気を許して「おしゃれなスーツですね」と会話の糸口になるだろう。

紳士ならパーティー用の勝負服も備えておくことをおすすめする。パーティーではホスト、ゲスト双方が場を盛り上げる「雰囲気作り」をすべき。これは成熟したビジネスパーソンの常識といえる。生真面目なパーティーウエアではなく、遊び心のあるそれを着ることで、あなた自身が盛り上げ役となってみてもよいのではなかろうか。パーティーの本来の目的は人と人との交流にある。楽しい雰囲気を醸し出している人には、周囲も話しかけやすいというわけだ。

あなたが思っている以上に、装いは強い力を持っている。勝負服を持つ意味に目を向け、ぜひビジネスを有利に進めていただきたい。

ポール・スミス
コレクションに
ついて

今回、ご提案した勝負服のイメージを絶妙なバランスで実現しているブランドがポール・スミス コレクションだ。ポール・スミス コレクションは、英国人デザイナーであるポール・スミス氏が手掛けるブランド。1990年の誕生以来、英国のクラシックスタイルにモダンで斬新な味付けを施したスタイルは多くの男性を魅了してきた。

レディメイドのスーツやジャケット、パンツ、コート、さらにはイヴニング(夜会服)。ビジネスパーソンに必要なシーンに対応しながら、パターンオーダーまで展開しているのが心強い。ハイクオリティ、ハンドメイド・フィーリング、アーティスティック・フィーリングが特徴で、生地、技術ともに最高のものを追求している。たとえば、ロロ・ピアーナ、エルメネジルド ゼニアをはじめとする世界を代表する一流のファブリックを採用している点からも、ブランドのこだわりをお分かりいただけるだろう。また、パイピングやステッチの糸の色使い、個性的な裏地。そんなデザイン面で驚きを感じさせる大人の遊び心も備えている。

頼もしいのはポール・スミス氏が正統派の紳士の装いを熟知した一流のデザイナーである点。だからこそ、紳士の品位と遊び心を見事に両立できるのだ。