日経ビジネスオンライン special

~転職ありきは失敗のもと!?~ ヘッドハンターと二人三脚で歩むキャリアの切り拓き方

20代と40代ではキャリアの考え方も異なる

織田氏は「客観的に自分の価値を考え直す最初の時期は、まず20代中盤以降に訪れる」と続けた。

「新卒で入社した会社で3年を超えると、自分の下にメンバーがついたり、会社全体が見えてくる立場で仕事を与えられたりします。この段階で、会社の考えと自分が仕事に求める動機にギャップがあれば、20代後半までにキャリアチェンジを考えるのも一つの選択肢ではないかと思います」

一方、30代後半~40代前半では、20代とは異なるキャリアの考え方を持つ必要があるという。

「経験年数を積み重ねると、人と人のつながりもキャリアとなります。さらに付加価値をつけるためには、やりたいことだけではなく、経験における強みを分解、整理し、次につなげていくという視点を持つべきです。40代でもスキルを重ねてキャリアアップすることはできますが、そのためには20代と同じ考え方ではダメ。年齢に合ったキャリアの重ね方が必要です」

経営層だけでなく現場のメンバーとも関係を築く

まさに、織田氏は新しい形のヘッドハンターと言っていいだろう。プロジェクトに適した人材を一本釣りするのではなく、定期的にスキルの棚卸しや働き方の相談をしながら、その人に合ったキャリアアップの後押しをする存在である。そういった息の長い関係を築けているからこそ、企業が必要とする人材と転職希望者のスキルや志向性をうまくマッチングさせて、紹介することができるのだ。では、企業との関係はどうなのだろうか。織田氏は「大企業なら少なくとも採用権限を持っている事業部長クラス、中堅クラスの企業では、社長・役員クラスと日頃から関係を築いている」と語る。

「話が進んで具体的な勤務部署を詰める過程では、その部署のメンバーと話をすることもあります。リーダークラスの転職支援では、スキルマッチだけでは足りません。転職先の会社の社風や部署の雰囲気と転職希望者のパーソナリティをマッチングさせていく作業が多いですね」

経営層から現場まで幅広く深いヒアリングを行うからこそ、書類や表面上の付き合いだけでは見えてこない会社の本当の姿が見えてくる。

「企業のことを深く知っているからこそ、潜在的なニーズをくみ取ることができる。求人ありきではなくて、潜在求人を顕在化させて新しい仕事を創り出すケースも増えている印象です」

新しい仕事を創り出すとは? そう尋ねると、織田氏はある例を引き合いに出してくれた。

「ある日系企業の海外拠点におけるエグゼクティブ職で、業務が縮小傾向にあり、次のチャンスを探されている方がいらっしゃいました。そこで、海外展開に力を入れていることを以前より伺っていたある日系企業にその方を紹介したところ、その方ありきで新しい海外拠点の立ち上げの話が進み、結果的にある国に現地法人を作ることが決まったのです。彼は、そこで新しいキャリアを積み重ねることができました。理想的なマッチングの一つだったと思っています」

転職ではなくキャリアアップのお手伝いが仕事

冒頭で織田氏は、「私たちが目指すヘッドハンティングは、転職ありきではありません」と述べた。その言葉通り、転職後にも関係は続いているという。

「転職をされた方にも、されなかった方にも、定期的に業界のトレンド情報をお伝えしています。状況や環境が変われば、新たなキャリアアップの機会があるかもしれませんからね。転職する瞬間だけをお手伝いするのではなく、社会人人生のキャリアアップをお手伝いするのが、私たちが考えるヘッドハンターの仕事です」

誰しも、社会人人生の中で、これ以上この会社で成長できるのか、自分のやりたいことと会社の考えが違う、などの悩みを持つことはあるだろう。織田氏は、「そんなときこそ、ヘッドハンターに相談してスキルを棚卸しし、第三者の目で自分の市場価値を計ってほしい」と語る。

「転職をするにしろ、現職に留まるにしろ、今自分がどんなスキルを持っていて、どんなスキルや経験が足りないかを知ることは重要なこと。定期的に相談をすることで、自分を客観視してほしい。例えるなら、健康診断で自分の体の状況を知るようなもの。私たちは、かかりつけ医ならぬ、“かかりつけヘッドハンター”になりたいと思っています」

織田氏は、金融・IT・コンサルティング業界に強いヘッドハンターだ。ヘッドハンターにはそれぞれ、得意分野があるので、できれば複数の“かかりつけヘッドハンター”を持つのが理想だという。

「ヘッドハンターは領域ごとに特化しており、それぞれに強みを持っています。転職やスキルアップの相談をする際には、複数のヘッドハンターにコンタクトを取り、相性や持っている情報、案件などを見極めながら、長い間お付き合いできる3~4人に絞るといいと思いますよ」

働き方の多様化や日本企業の在り方の変化により、これまでにはないヘッドハンター像が生まれつつある。もはや、ヘッドハンティングは、エグゼクティブや特別なスキルを持った人材だけのものではない。転職をする、しないにかかわらず、今後、キャリアアップしていきたいと考える人すべてが、試してみたいサービスだ。

Meet Headhunters

今後のキャリアについて相談に乗ってくれたり、自分が成長できる仕事とのマッチングを提供してくれたりするヘッドハンターを数多く抱えている転職サイトが、織田氏も所属している「CAREER CARVER(キャリアカーバー)」だ。転職時に限らず、中長期のキャリア形成について支援してくれるので、会社の中ではなく、業界での自分の市場価値を知り、さらなる高みを目指したい人は活用してみてはいかがだろうか。

厳選ヘッドハンター約700名、非公開求人情報を含む求人数6,000件以上、ハイクラス・エグゼクティブ限定 登録は無料、経験豊富なヘッドハンターにキャリア相談が可能

転職支援サイト「CAREER CARVER」に登録してキャリアを切り拓く一歩を踏み出してみる!
CAREER CARVER 挑戦するエグゼクティブの転職サービス PRODUDED BY RECRUIT

  • prev
  • 1
  • 2