22016年度版マーケティング&セールス 戦略読本

  1. TOP
  2. ダイバーシティ・働き方改革の実現でROI向上も!Dropboxがビジネス現場にもたらす新たな価値とは?先進企業の事例から探る!

ダイバーシティ・働き方改革の実現でROI向上も!Dropboxがビジネス現場にもたらす新たな価値とは?先進企業の事例から探る!

ダイバーシティや働き方の改革がメディアなどで取り沙汰される今、先進企業の多くが生産性・業務効率向上やコラボレーションに取り組んでいる。だが、クラウドストレージがビジネス現場にもたらす価値について正しい認識を持っている方はさほど多くはないのではないだろうか。そこで今回は、「働き方をシンプルにする」という命題に取り組み続けているDropbox Japan 株式会社ジャパンマーケティングマネージャーの荒井一広氏に伺った。

既にビジネス現場では広く活用されている!Dropbox活用の実態とは?

 2008年からサービスを開始し、ビジネスパーソンなら知らない人はいないと言っても過言ではないほどの地位を築いている「Dropbox」。クラウドストレージとして広く知られているが、その活用の実態について、荒井氏が教えてくれた。
「Dropboxは、欧米ではすでに40%までのビジネスユーザーに浸透しており、全世界で800万社以上にご活用いただいています。ファイルサーバーやNASからの置き換え、また昨今さまざまな企業が促進するダイバーシティや働き方の改革の一環として広まるケースが多いです。さらには、Dropbox Businessをご利用いただいているとある企業では、全社導入する以前に現場社員の6~7割が個人的に活用していた実態を企業側が知り、導入を決めたというケースもあります。このように、個人ユーザー数の多さから導入を決断する企業は少なくありません。利便性を実感した現場社員がボトムアップで導入を提案して採用されるケースが非常に多くなっています」

ダイバーシティをにらんだ働き方改革にも有効
Dropboxが創る世界観を事例からひもとく!

 では、実際にDropboxを導入した先進企業では、いったいどのように活用しているのだろうか。
「導入企業の多くは、大容量ファイルのやり取りが頻繁に発生する業種です。たとえば、動画や印刷用画像ファイルなど、大容量ファイルのやり取りが日常的に発生していた株式会社電通様の事例では、業務効率とコスト削減を実現しています。これまでは、内容確認のためにファイルを複数枚のROMに焼き、バイク便や宅急便でやり取りすることで、タイムラグと莫大な輸送費が発生していました。しかしDropbox Businessを採用してからは、輸送費をかけることなく、瞬時のファイル送付と確認ができるようになりました。さらに、制作物に関するコメントもウェブ上でやり取りができるので、メールなどでコミュニケーションをとる手間も省け、本来の制作という業務に集中できるようになったという声をいただいています」(荒井氏)
 Dropbox導入のメリットは、ファイルの保存や共有の利便性だけではない。建材・緑化資材メーカーの東邦レオ株式会社では、働き方そのものの改善をゴールに見据え、Dropbox Business を導入したという。
「いつでもどこでも資料ファイルの共有や閲覧ができることから、外出の多い営業現場のみならず、部署間やクライアント、社外パートナーとの情報共有にご活用いただいています。会議ひとつとっても、今までは0から行われていた報告やブレストがDropbox上でのコミュニケーションに移行したことで、より発展的な議論に時間を使うことができるようになり、全社として働き方の改善につながったそうです」(荒井氏)
 このように、働き方の改善・浸透が実現したのも、Dropboxが現場でツールを扱う従業員にとって使いやすく、価値を感じるツールだからこそ。多くの企業で働き方の改革に大きな効果をもたらし、結果的にコスト削減とROIの向上にもつなげているという。

「コラボレーションツール」としての役割を推進!
Dropboxに搭載された機能とは

 Dropboxが現場で使われ、働き方の改革に貢献しているツールである最大の理由として、「『働き方をシンプルにする』という命題に挑み続け、『現場の使いやすさの追求』と『コラボレーション機能の拡充』を続けているからにほかならない」と荒井氏。まさに「コラボレーションツール」としての役割を追求しているサービスだといえる。
 また、荒井氏は数ある「コラボレーション機能」の中から特にオススメのものを、実際にDropbox Businessの操作画面を見せながら教えてくれた。
 1つ目が、動画やプレゼンテーションなどのファイルを共有し共同作業を実現する共有フォルダ、2つ目が各ファイルの共同作業を支援するプレビュー、コメント、バッジのコラボレーション機能。特にAdobeやMicrosoftのアプリケーションがインストールされていないデバイスからでもファイルを参照しながら共同作業ができるのはユーザーからの評価が高い。そして最後に、大容量ファイルのアップロードをDropboxユーザーではない人にも促せる「ファイルリクエスト」機能だ。また、2016年5月現在でβ版ではあるが、画像や動画、テキストなどのリッチファイルをも複数メンバーで同時入力できる最新機能として「Paper」がある。
「Dropbox Businessは単なるクラウドストレージではなく、コラボレーションを促すツールへ進化しています。実際にご利用いただければ、なぜ世界中で多くのビジネスユーザーが選択しているのか、そして結果的にダイバーシティや働き方の改革を実現しているかご理解いただけるはずです。まずは試用版を利用していただき、Dropboxが創る世界観をぜひ実感してみてください」(荒井氏)

(A) ropbox上ではAdobeやMicrosoftのファイルをプレビューできる
(B) 参照しているファイルに対するコメントを共同作業しているメンバーに送れるコメント機能
(C) バッジ機能は、Excel、PowerPoint、Wordで共有作業している相手が確認できる

Professional Profile

Dropbox Japan 株式会社
ジャパン マーケティング マネージャー
荒井 一広(あらい かずひろ)

Dropbox 日本法人にてマーケティングを統括。
国内情報システムベンダーにおいてエンジニア職、外資系ソフトウェアベンダーにおいてマーケティング部門責任者を国内外で歴任し昨年より現職。

プロフェッショナルが書き下ろした最新手法・ノウハウ資料まとめ

その他企業のインタビュー

  • 4万フォロワーを擁するライフネット生命 出口治明会長に聞くTwitter の価値と利活用のコツ
  • 眠った技術を掘り起こせ!技術と広告を融合させ、生活者に「使ってもらえる」形に
  • 「分断された」従来型のマーケティングから脱却せよ!動画を中心とした次世代型マーケティングの姿とは?
  • ビジョンに沿った経営戦略を推進せよ!「戦略的メッセージ」発信の効果を最大化するプレゼンテーション2つの視点
  • BtoBに比べて、3年遅れている?!なぜBtoCで、マーケティングオートメーションツールは“使われない”のか?
  • 70%の非生産的な業務を、収益を生み出す業務に転化せよ!営業生産性の向上を導く“2つの視点”とは?
  • たった1ヶ月でCVR5%増!ピーチ・ジョン社の事例から紐解くEC収益向上の秘訣とは?
  •  情報の一元管理がマーケティング・セールス活動の生産性を向上する!多くの企業が抱える課題とその解決策
  • キャンペーン管理・マーケティングオートメーションツールの導入を成果に結びつけるために必要なこと
  • 通信キャリアの位置情報データを活用するマーケティング・プラットフォームが実現する次世代マーケティングのカタチ
  • ダイバーシティ・働き方改革の実現でROI向上も!Dropboxがビジネス現場にもたらす新たな価値とは?先進企業の事例から探る!
  • マーケティングツールの理想と現実ギャップを埋める「インサイドセールス」実践の勘所
  • 時代はIMCからIMOへ!リアリティある統合型マーケティング発想の経営改革とは
  • ビジネスの生命線を担うマーケティングテクノロジー――効果を最大化するための統合データ蓄積基盤を今すぐ整備せよ!
  • デジタル化する世界で勝ち抜くために~デジタル・トランスフォーメーションにおけるマーケティングのミッション~
  • 商談化率が2年で291%増加!脅威の効果で注目が加速する「インサイドセールス」とは?
  • アプリ活用成功への布石とは?―躍進を続けるアプリ活用の実態課題と解決策を探る