イベントレポート 箱根駅伝連覇! 青山学院大学・原晋監督 偉業達成への礎づくり 争いを恐れず、常に本質と向き合う 5月23日、朝。東京・南青山にあるLEXUSのブランド体験スペース「INTERSECT BY LEXUS」にて、箱根駅伝連覇を成し遂げた青山学院大学陸上競技部の原晋監督によるトークイベントが開催された。
第一線で活躍する若きビジネスリーダーに向けて語られた、組織を育てるための秘訣をレポートする。

 続いて原監督は、「無駄」の大切さを訴えた。目先の効率が優先される現代。しかし様々な分野におけるチャレンジは、未来を切り拓くための試行錯誤の繰り返しだ。「無駄に見えるものが、最終的にすばらしい成果につながるケースがある。すぐに役立つことは、すぐに役立たなくなります」

現状維持は退化

 質疑応答では幾人もの参加者から質問があり、それぞれに対し、原監督は丁寧に答えた。

 参加者から若手社員のマネジメントについて質問されると、「組織マネジメントは、組織のレベルによって変わります。若手社員に即実践を求める管理職もいますが、それは管理放棄です。まずはティーチングをすべき」と原監督。ティーチングとは、「その業界の核となる部分を教えること」だという。陸上でいえば規則正しい生活だ。それが当たり前のように身に付いたら、次にコーチング。「個性を出すために個々に半歩先の目標を立てましょう」

はら・すすむ 1967年広島県生まれ。89年に中国電力入社。陸上競技部に5年間在籍後、引退。以降、省エネ空調機械をトップの成績で売り上げるなどして活躍した。2004年から現職。

 職場の本質的な部分にメスを入れると、必ず反対意見が出る。「しかし、そこで誰にでも良い顔をするのではなく、自身の考えを貫いてほしい。一貫性のなさはすぐにバレて信用を失います。今は嫌われても、5年後に好かれていれば良いと思いませんか?」と語りかけた。

 そして最後に、「現状維持は退化です。進化をするためには、常に前を向いて動いていかなければなりません」と、原監督は締めくくった。1時間のイベントは、盛況の中、幕を閉じた。

住所:東京都港区南青山4-21-26 TEL:03-6447-1540
開催したのは INTERSECT BY LEXUS - TOKYO 都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる場所をつくりたい。そんな願いから生まれた、LEXUSのブランド体験スペース。1Fは「CAFE & GARAGE」、2Fは「BISTRO & SHOP」として営業。多くのカルチャーが集う南青山で各種イベントを通じて、様々な才能とLEXUSが巡り会い、新しいライフスタイルを生み出す提案を行っている。左:1F、カフェ、奥にはガレージ。中:2Fのビストロで今回のイベントを開催。右:外観。表面の模様はLEXUSの象徴「スピンドルグリル」の形がモチーフ。  INTERSECT BY LEXUS - TOKYO
前ページ
<
1
2