各ブランドが粋を極めた本命の一本

時計と靴はいいものを身に着けよ──。巷でよくいわれる言葉だ。
時刻を確認するだけなら、手元のスマートフォンで充分事足りる。
それでも有能なビジネスパーソンや名経営者が高級時計に夢中になるのはなぜか。
各社が長い歴史の中で積み重ねた、技術と矜持を詰め込んだ新作を見れば、
自ずとその答えは分かるだろう。

Photos: Eiichi Okuyama
Text: Tetsuo Shinoda,Masayuki Hirota

watch_main

掲載商品の価格は、すべて税抜きで表示しています。
素材の略称:SS=ステンレススチール、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールドorレッドゴールド、PT=プラチナ、TI=チタン

PC向けページを見る