各ブランドが粋を極めた本命の一本

watch17

ZENITH

エリート6150

搭載する自社製のCal.ELITE6150は、二つの動力ゼンマイを搭載し、100時間のパワーリザーブを実現。週末に別の時計を使ったとしても、週明けまで止まらず動き続ける。ボックス型の風防を使用し、タイムレスな魅力に仕上げた。
自動巻き、SSケース、径42㎜、82万800円

万人に愛されるデザイン
理想的なビジネスウォッチ

 ここ数年、ブルー系のダイヤルが人気を集めている。男性が好む色というだけでなく、スーツやシャツの定番色でもあるため、コーディネートしやすいという実用性が受けているようだ。ブルーダイヤルの楽しみ方は、自分好みの色調を探すことにある。ゼニスの場合は、メタリックダイヤルを深みのあるブルーで仕上げている。ノンデイト&中三針仕様で、ダイヤル上は何も表示がない分、光の変化で濃淡を変えるサンバースト仕上げが効果的だ。
 このような時計こそ、ビジネスウォッチには最適。ゼニスはスイスを代表するマニュファクチュールであり、時計のクオリティは申し分ない。端正なデザインも万人に愛される。その上カラーリングで遊べるのだから、これは鬼に金棒。トレンドをうまく取り入れつつ、長く使える普遍的な時計に仕上がっている。

問い合わせ先/LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス ☎03-5524-6420
PC向けページを見る