LOUIS VUITTONルイ・ヴィトン

ヴォヤジャー オートマティック GMT グレー

独特のクッションケースを採用し、ダイヤルの中心には大きな“V”のモチーフを掲げてブランドの個性を表現。第2時間帯表示は6時位置で読み取る仕組みだ。ダイヤルとカーフストラップには、上品なグレー色を使用しているので、腕元はドレッシーにまとまる。自動巻き、SS ケース、径41.5㎜、64万円

ニットキャップ(参考色)5万4000円、財布13万6000円/ともにルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアント サービス  0120-00-1854)

旅というコンセプトをさらに深化させて

ラグジュアリーメゾンの時計分野への参入が進んでいる。しかも名前だけを使用するOEM ではなく、自社工房をスイス国内に設立し、ゼロから企画を立ち上げているブランドが多いのが特徴だ。 ルイ・ヴィトンもそのひとつであり、「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」という工房で時計製造を行っている。 このような方法をとるのは、ブランドの哲学を明確に表現するためだ。ルイ・ヴィトンの場合は旅行用トランクがルーツということで、すべての製品に旅というコンセプトを投影している。それは時計も然り。「ヴォヤジャー」と命名されたこのコレクションは、ダイヤルの下に24時間ディスクを配置しており、大きな窓を使って第2時間帯を表示している。さらにガストン・ルイ・ヴィトンがデザインした“V”のモチーフも利かせており、ほかにはない個性を上手に表現しているものだ。

問い合わせ先/ルイ・ヴィトン クライアントサービス フリーダイアル0120-00-1854

掲載の内容は2016年11月時点の情報です。製品価格は税抜表記となっております。
最新の正式価格につきましては各メーカーへお問い合わせください。