HUBLOTウブロ

スプリット オブ ビッグ・バンムーンフェイズ キングゴールド

傑作ビッグ・バンの要素を濃厚に引き継いだトノー型ウォッチ。シースルーダイヤルからは、2枚のディスクを使ったビッグデイトのメカニズムが見え、6時位置にはムーンフェイズが入る。従来よりもケースサイズをコンパクトにしており、使いやすくなっている。自動巻き、18K キングゴールドケース、幅42㎜、412万円

クラシック・フュージョンチタニウム レーシンググレー

シックにもラグジュアリーにも表現できる上質な中間色のグレーを、ダイヤルとレザーストラップに採用しているので、ビジネススーツとの相性も良い。さらにストラップの裏にはラバーが縫合されており装着感もよく、腕元アピールの小道具としても最適である。自動巻き、TI ケース、径45㎜、82万円

左・ジャケット13万8000円/ザ・ジジ(アマン☎03-6805-0527)、カードケース2万8000円/マーク ジュスティ(エスディーアイ☎03-6721-1070) 右・ニット3万3000円/グランサッソ(エスディーアイ☎03-6721-1070)

大胆不敵に見えながら時代性を内包する腕時計

2005年に誕生するや、時計業界の寵児となったウブロ「ビッグ・バン」。その躍進の原動力となったのは、サンドイッチ構造のケースによって、様々な素材を使用できるようになったことが大きい。さらにインパクトのあるディテールを、他シリーズにも引用する“モノデザイン”戦略によって、人々の記憶に刷り込むことにも成功した。そのためウブロと聞くと、誰もがあの形状を頭に浮かべるようになったのだ。 例えば「クラシック・フュージョン」は、創業当時のクラシックスタイルとビッグ・バンの要素を融合しているし、「スプリット オブ ビッグ・バン」の場合は、トノー型ケースらしい優美なカーブを描きながらも、「ビッグ・バン」の力強いスタイルを融合させている。つまり“ウブロらしさ”はしっかりと残しつつ、新しいスタイルを作ることができるということ。 それがウブロの強みであり、現代における“勝ち組の時計”と目される理由なのである。

問い合わせ先/ LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ☎03-3263-9566

掲載の内容は2016年11月時点の情報です。製品価格は税抜表記となっております。
最新の正式価格につきましては各メーカーへお問い合わせください。