BAUME & MERCIERボーム&メルシエ

クラシマ

ローマン数字とバーインデックスを組み合わせたシンプルなドレスウォッチ。付加機能となるカレンダーも3時位置に小さく表示するので、端正なデザインが崩れない。レッドゴールドケースとブラックアリゲーターストラップの組み合わせには、王者の貫禄がある。自動巻き、18KRG ケース、径39㎜、62万5000円

スカーフ4万3000円/アルテア(アマン☎03-6805-0527)

時代を超えるタイムレス・ウォッチ

高級時計の代名詞である“金無垢時計”に対しては、憧れを抱いていながらもチャレンジできないという人は多いことだろう。そんなビジネスパーソンにお薦めしたいのがボーム&メルシエのゴールドウォッチだ。 1830年の創業以来、一度も途切れることなく時計を作り続けてきた名門は、過去のアーカイブを参考にしながらデザインを作っているため、普遍的な美しさがある。例えば「クラシマ」のゴールドケースモデルの場合、現行品としては小ぶりな39㎜ケースを使っている。ベゼルを薄くデザインしているためポリッシュ仕上げのレッドゴールドケースでありながら押し出しは強くない。ケースの厚みも7.7㎜に抑えているのでシャツの袖口にすっと潜り込んでくれる。つまりビジネススーツとの相性も良好なのだ。しかも“トレンドを追いかけていない”ため、いつまでも愛しぬくことができる。“一生モノ”の時計とは、こういう時計を指すのである。

問い合わせ先/ボーム&メルシエ☎03-3288-6335

掲載の内容は2016年11月時点の情報です。製品価格は税抜表記となっております。
最新の正式価格につきましては各メーカーへお問い合わせください。