CARTIERカルティエ

ドライブ ドゥ カルティエ

2016年からスタートした新コレクションで、メンズウォッチのみを展開。搭載するのは自社製ムーブメントのCal.1904-PS MC であり、ケースバックから鑑賞可能。クッションケースはボリューム感があるが、ケースの厚みを11.3㎜に抑えているので腕元はスマート。自動巻き、SS ケース、縦41×横40㎜、64万円

イブニングシャツ(参考商品)、カフリンクス4万円/ともにダンヒル(リシュモンジャパン☎03-4335-1755)

気持ちを奮い立たせるメンズ専用コレクション

カルティエのメンズウォッチの歴史は1904年に始まる。当時のパリの社交界の有名人で、飛行機と気球を愛した大富豪サントス=デュモンのために、ルイ・カルティエが腕時計を製作したのだ。これが男性用腕時計の原点のひとつとされ、それ以降、「タンク」や「サントス」といったカルティエの腕時計は、洒落者の愛用品となった。その文化は現代へと受け継がれている。「ドライブ ドゥ カルティエ」は、2016年から始動した、メンズ専用コレクション。 ローマン数字のインデックスやブルー針、精緻なフランケ模様のギヨシェ彫りなど、カルティエの伝統的なスタイルを持ちつつ、ケースはボリューム感のあるクッション型を採用することで腕元に力強い存在感を作り出すことに成功している。 カルティエらしい華やかさとメンズウォッチならではの骨太な存在感が融合した時計は、唯一無二の価値がある。これを着けることが、すなわち現代の洒落者ということになる。

問い合わせ先/カルティエ カスタマー サービスセンター フリーダイアル0120-301-757

掲載の内容は2016年11月時点の情報です。製品価格は税抜表記となっております。
最新の正式価格につきましては各メーカーへお問い合わせください。