APUを選んだ息子たち
中学まで野球の神童だった兄弟は、九州屈指の甲子園常連校で野球漬けの日々。プロを目指すが、越えられぬトップの壁。兄は、父の勧めでAPUへ。学生寮に入る日に「本当はここには来たくなかった」と涙を流す。それから4年後。兄同様、野球エリートの道を断念した弟は、かつてAPUへの進学を躊躇した当の兄に告げられる。「この大学に来れば、自分の未来を変えることができるぞ」。

APUに送り出した父
北九州商工会議所で街の発展のために国際交流や観光の仕事に長年携わってきた。一方で、野球の才能を開花させ、高校野球の頂点を目指すも、共にバットを置いた2人の息子。まず兄に父が示したのは、偶然知った隣県の別府にできた新しい国際大学。戸惑う彼を迎えたのは、世界から集まった先輩たち。その兄に感化されて同じ大学の門をたたいた弟。野球少年たちは今、父の元を巣立ち、APUで育ち、ビジネスのフィールドで打席に立つ。

僕も弟も、甲子園常連校での挫折が、APUへの道を拓いたんです。

長男/北野大地:小学校で野球に目覚めて、中学もひたすら野球三昧。進学した高校は、甲子園常連校。3年生の夏の終わりまで、文字通り、野球しかしていませんでした。ただ、中学まではトップ選手だったんですけど、高校には全国から野球エリートが集まる。上には上がいる。結局レギュラーの座は勝ち取れないまま、高3の夏を終えました。

その時点で進学のことなど何も考えていませんでした。部活が終わってこれからどうしよう。呆然としていた時に、父親が「隣の大分・別府に留学生がいっぱいいる大学があるよ」とAPUの存在を教えてくれたんです。

それまで野球のことしか考えていなかった。だから、学校の先生になって野球を教えてみたい。何でもいいから野球に携われることができないか、そのくらいのことしか思い浮かべられなかった。

とりあえず、父に勧められるまま、オープンキャンパスに行ってみました。3年の夏頃。ただただびっくりしました。大分の別府という小さな街の外れの山のてっぺんの大学に、こんなに大勢の外国の人たちがいるのか。しかもどうやら何カ国語も飛び交っている。ああ、これまで僕は本当に狭い世界しか見ていなかったんだ、と痛切に感じました。

ただ、入学式のあとに学生寮のAPハウスの前で、急に嫌になっちゃった。俺、こんな田舎の何にもない大学になんか行きたくない。涙が出てきました。父親にも電話をかけたんです。「やっぱり、行きたくないよ」と。でも、寮から出てきた外国人留学生の先輩たちが、いきなり歓待してくれて、すごくフレンドリーに入寮パーティーをすぐに開いてくれたんです。1時間後、僕は父に電話をかけ直しました。「この大学、最高だよ」

次男/北野紘地:僕がAPUの存在を知ったのは、兄が既に通っていたからですね。僕も兄と同じ高校で野球をやっていました。兄同様、中学までは4番でエースのような存在だったんですが、何せ福岡県きっての強豪だったので、高校に入ったらレベルが桁違い。僕が3年生の時の選抜高校野球大会は東海大相模高校に敗れて惜しくも甲子園準優勝まで行きましたが、ベンチ入りできなかったんです。ポジションはキャッチャーで、同期は3人もプロ野球選手になっている。とてもかなわない(笑)。

3年の夏、兄もそうだったと思うんですが、野球漬けの人生がいったん終わり、どうしようか考えあぐねていました。何をやればいいのかもわからず、とりあえずどこかの大学に行こうかな、と。そんな時、兄と父から、APUを勧められたんですね。就職率もいいし、これからの時代は、英語が必須だぞ。APUなら、必ずしゃべれるようになる。

通っていた高校は大学の付属校だったので、そのままエスカレーター式に進学できたのですが、3年の秋にオープンキャンパスに行って考えが変わりました。最初は留学生が多いといってもせいぜい10%くらいだろう、とたかをくくっていたら、どう見ても半分は外国人。俄然、APUに対する興味が湧いてきたんです。

父/北野秀幸:私は北九州商工会議所に30数年勤めております。APUのある大分県は福岡県の隣県です。特に北九州市と別府市は地理的にも非常に近い。東京に対する熱海のような位置づけで、北九州の市民が、週末遊びに行く温泉地が別府でした。昔からすごく親しみがありました。また、大分県は故平松守彦前知事が一村一品運動を展開されて、関アジ、関サバや麦焼酎などのヒットを飛ばす中、国際大学を作ろうというプロジェクトがあったのを知っていました。

アイデアに富んだ平松さんが、将来を見据えて日本で国際的な大学を育てていこうとしている。しかも3大都市圏ではなく、地方都市でも県庁所在地でもない、温泉街に。これはとても面白いと思いました。

私の妻が中学校の美術の教師をやっていまして、進路指導なんかもするわけです。長男は妻の背中を見て育ったので、野球方面じゃなかったら教師になりたいという夢をぼんやり持っていたのですが、少子高齢化で教育課程だけを選んでも道が開けるかどうかわからないから、もうすこしいろんな可能性を考えたらどうかという話をしました。

大学入試の時期を迎えた時に、教職課程のある東京の大学なども考えたのですが、これから先のことを考えたら東京で羽を伸ばすよりも、自分の力を伸ばしていける環境があれば地方で思いっきり勉強したほうがいいんじゃないかと考えました。妻も同じ意見でした。そうして、長男が高校3年生の夏の終わりに妻と長男とで別府まで行き、高速道路のサービスエリアからAPUを見たんです。

初めて接した学校の風景と、後でいろいろな情報とをつき合わせてみると、これまで日本には存在しなかった、ほかの国際大学とは一線を画す大学だ、ということがよくわかりました。何より私が一番感激したのは非常に先進的な開学の精神でした。今から自分の人生を作っていく子供たちは、この大学に行くのがいい。そう思って、私も妻も進路先に悩む長男に勧めたんです。

APUで、自分で考えて、自分で行動する楽しさを教わりました。

長男/北野大地:APUに入ってからも、野球は忘れていません。当然、野球部に入りました。が、まったく強くないし、そもそも監督すらいない。そこで僕が早々とキャプテンになり、プレイングマネジャーとして監督も兼ねることになりました。これが楽しかった。

高校時代までは一流の選手たちに囲まれて、監督もすごい方だったのですが、そのせいで逆に、自分の頭で考えてプレイすることもほとんどなく、苦しい部分が多かった。試合での作戦にしても練習にしても高校時代はただ言われた通りに動くだけで、それに何の意味があるのかについて深く考えたことはありませんでした。 

野球部でキャプテンになって、みんなと一緒にやっていこうという立場になって初めて、このプレイにはこういう意味があるんだ、こういう状況にはこの型をとらなければいけないんだ、という気付きがたくさんありました。それを国際学生の部員も一緒にみんなでディスカッションして考えられる環境でした。

APU野球部では創部以来初の九州大会大分県代表になった。

次男/北野紘地:僕も高校の頃は本当に野球しかやっていなくて、APUに入った時は英語の初級クラスから始めたんです。それもクラスの中で一番下の成績でした。国際学生は僕らとみんな同い年なのに、母国語と英語と日本語の3カ国語を使っている。彼らに比べると自分は何なんだろう、と思いましたね。

1回、2回生の時は、先生の話を聞くだけで精一杯でした。日々の授業で課せられるプレゼンの準備も大変でした。自分の言葉で自分の文章を英語で書かなければいけないんですが、どうしてもグラマーやボキャブラリーのミスがあって、なかなか自分の言いたいことが伝わらない。

英語を少しは聞き取ることができて、国際学生ともやっていけるなと思ったのは、3回生の春頃になってからです。APUのいいところは、ただ単に英語を習うということではなくて、それを使って文化的な背景も違えば価値観も違う、様々な国から来た国際学生とディスカッションできるところだと思います。

例えば、今、僕はオーストラリアに短期の語学留学に来ています。オーストラリアにもいろんな文化的な背景の人たちがたくさんいるんですが、APUに比べると少ない。オーストラリアで接する人たちというのはせいぜい10カ国から15カ国くらいです。そう考えるとこの多文化環境で鍛えられていれば、どんなところに行っても対応できると思いました。

留学先のオーストラリアのパースで友人とコアラとともに撮影。

父/北野秀幸:次男は大学に入って変わったというのも大きいんですが、留学してもっと変わりましたね。最初に3回生の時、休学して2014年の11月から2015年の3月までカナダのバンクーバーに行って、2015年の4月から7月まではフィリピンのセブ島。卒業前には、ビジネス英語を学びたいと去年の11月からはオーストラリアのパースに行っています。高校が野球クラスで、本人が言うにはまず机の前に座って教科書を広げるところから訓練しなければならないような野球漬け状態だったので、最初はAPUの勉強についていけなくて、成績はすごく悪かったんです。

でも、容赦なく鍛えられることによって随分自信がついていったようです。APUは年に数回父母向けの懇談会をやるんです。次男のキャリアを見ると、間違いなくAPUの中でもレベル的に低いし、ついていけるんだろうかと最初は本当に心配していました。でも、懇談会で職員の方に「全く心配いりません。うちはビシビシ鍛えて国際人に育てますから、どうぞご安心ください」と言われて、安心したのを今でも覚えています。

おかげさまですごく順調にキャリアアップしているようです。

長男/北野大地:APUに入って一番身についたのは、やっぱりコミュニケーション能力だと思います。言葉や文化、宗教を知ることで、相手を理解する力がつきました。その結果、自分を伝えていく力もついたと思います。

いろいろな国際学生と話をし、海外のいろんな国の文化、日本の文化を知っていくうちに日本のモノづくりって素晴らしいなと実感するようになり、就職するならメーカーに入りたいと思うようになりました。たくさんの会社を受けたのですが、カゴメに決めたのはモノづくりへのこだわりと、目指すビジョンへのこだわりに共感できたこと、人事の方にお会いした時にすごく風通しの良い会社だなと感じたことが理由です。

最初に配属されたのは業務用営業と言って、レストランやホテル、飲食店などに商品を売る部署です。プロ相手ですので専門知識が必要で、料理人の方に「何も自分の商品について知らないくせに来るんじゃない」と怒られたり、提案をしても採用してもらえなかったり、挫折もいっぱいありましたが、とてもやりがいがありました。

客層だったり、メニュー単価だったり、お店のコンセプトだったり、そういうところをどれだけ知っているかというところの積み重ねが提案の内容に反映されます。そうすると、提案を採用していただける。やはり相手を知ることが大事ですね。APUで身についたコミュニケーション能力は、物怖じしないで相手の懐にどーんと入って行って、相手が何を考えているのかを聞き出したり、自分の提案を伝えたりする、という面で非常に役に立っていると思います。

大地さんの学位授与式に来られたご両親。

次男/北野紘地:僕は横河ブリッジホールディングスへの就職が決まっています。将来はODA関連の仕事でアジアで働いてみたいと考えています。フィールド・スタディというAPUの留学プログラムでフィリピンのネグロス島に行ったのですが、テレビも水道もないようなところで2週間暮らしてみて本当に楽しかったんです。そこで暮らしている人々も不便ながらもみんな楽しそうに暮らしていている。でも、やっぱりそういうところのインフラを改善したいなという思いがあって、自分ができることが何かないかと考えていた時、橋梁メーカーの横河ブリッジホールディングスの募集が目に飛び込んできました。

橋を作りたいと思ったのは、以前留学したフィリピンでの光景を覚えているからです。フィリピンには日本以上に島があります。でも、それぞれの島を結ぶ物流インフラは今は船しかありません。人々の生活を改善するために何が必要か。橋です。橋が整備されれば、貧しい島に住んでいる人が街に出て仕事を探すこともできる。さまざまなチャンスをつかむこともできる。橋を作るというのは単に島と島を結ぶだけじゃなくて、文字通り人と人の間の架け橋にもなるのではないかと考えました。

橋梁メーカー以外に文房具メーカーも数社受けました。やはりフィリピンでの経験が背景にあります。現地では子供たちが勉強する時に鉛筆を1本しか持っていないんですよ。それを使い回したりしている。僕はお土産として野球ボールを持って行って、それはもちろん喜んでもらったのですが、この子供たちにとって野球ボールよりも文房具の方が役に立つのではないか。文房具があれば、みんなもうちょっと勉強するようになる。それがきっかけで、高校に行ったり、大学に行ったり、街に出たりすることができるようになるんじゃないか。

フィリピンでの留学経験は衝撃的で、自分にとってのターニングポイントになりました。APUに入っていなければ、大学で留学することもなく、とりあえず仕事だけは見つけて、目標は高いお金をもらうだけ、といった感じで社会人になっていたと思います。僕にとってAPUは自分の目標を見つけられる場所だったんです。

2014年春、セメスタープログラムフィールドスタディの活動の一環としてフィリピンのネグロス島の小学校訪問。

父/北野秀幸:APUは毎日が海外留学みたいな環境ですから、異文化の中に身を置いてコミュニケーションするのはどういうことなのかを、身を持って理解できるようになると思います。ただ自己主張すればいいのではない、相手の立場を理解して話をしなければならない、でも黙っていちゃダメ、ということが自然にわかるようになります。長男も次男も、野球一筋だった高校までとは大違いで、日本人相手でも外国人相手でも臆せずコミュニケーションがとれるようになりました。大学に入ってずいぶん変わったんです。

APUが開学するまで、別府市は典型的な温泉観光地でした。ただ、街が高齢化し、施設も老朽化し、一時は観光客がずいぶん減ってしまった。でも、この大学が開学したことで、若い人の人口が一気に増えました。しかもその半分は世界中からやってきた外国人。別府は一気に国際化が進みました。

別府の人のえらいところは、外からやってきた外国の学生たちを排除せず、受け入れて、アルバイトに雇ったり、一緒にいろいろなNPO法人を作り始めたりしたことです。地元住民と学生たちが混ざり合うことで、おそらく別府は再び活気を取り戻したのではないでしょうか。

私も北九州商工会議所で国際交流と観光の仕事をしてきたので、本格的なグローバル大学ができることで地元の国際化が進み、観光地としても魅力を増す、というサイクルをもっともっと研究したいなあ、と思っています。息子2人がAPUに入ったことで、彼ら以上に勉強になったのは、もしかすると私自身かもしれません。

混ぜる教育

APU開学までの経緯から、多文化環境で実践する独自カリキュラムの内容、企業から見たAPUなど、ユニークなAPUの魅力をあますことなく収録した一冊。巻末には、早くからAPUの「混ぜる教育」に注目してきた、糸井重里氏による解説も。さらに、電子書籍も好評発売中。

▲ページの先頭へ