CSR(企業の社会的責任)を積極的に推進していくために、東京海上日動火災保険ではエプソンの乾式オフィス製紙機『PaperLab(ペーパーラボ)』という新たなテクノロジーを、東京・丸の内にある本社に導入した。あえて本社に設置した背景、そして最近何かと話題に上るSDGsやESGとの関係について、日経ESG経営フォーラムの斎藤事務局長が、同社の執行役員・本店営業第五部長の横井文昭氏に話を聞いた。

「PaperLab(ペーパーラボ)」とは?

エプソン独自の新開発技術「ドライファイバーテクノロジー」の3つの技術「繊維化」「結合」「成形」によって、使用済みの紙から新たな紙を生み出す世界初※1の乾式オフィス製紙機。使用済みのコピー用紙を原料として、文書情報は完全に抹消した上で新たな紙を生産することができる。一般的な製紙方法で必要とされている大量の水を使わないため給排水工事が不要なので、オフィスのバックヤードなどに設置可能。2016年12月に販売を開始以来、自治体を中心に導入が進んでいる。

※1:2016年11月時点、乾式のオフィス製紙機において世界初(エプソン調べ)

同製品は「日本イノベーター大賞2016」(主催:日経BP社)の大賞を受賞。環境負荷低減という社会的課題の解決と、閲読性など紙の良さをサステナブルに生かせる仕組みが評価された。

日本イノベーター大賞2016

主催:日経BP社

企業概要東京海上日動火災保険株式会社

東京海上ホールディングスの中核会社である東京海上日動火災保険は、「お客様の信頼をあらゆる事業活動の原点に置き、『安心と安全』の提供を通じて、豊かで快適な社会生活と経済の発展に貢献する」という企業理念の下、世界トップクラスの保険事業をグローバルに展開。全ての人や社会から信頼される“Good Company”を目指して、社会課題の解決に向けたCSRにも積極的に取り組んでいる。

『PaperLab(ペーパーラボ)』を本社に導入した3つの理由とは?

斎藤御社では『PaperLab(ペーパーラボ)』を、丸の内にある本社に導入なさったわけですが、その理由をお聞かせください。

横井保険事業を行う当社では、いわゆるCSRは我々の経営理念そのものだという考え方で、環境問題や社会課題の解決に取り組んできました。本社に『PaperLab(ペーパーラボ)』を置いたのは、このCSRの取り組みを社員全員で推進していくというメッセージを、内外に分かりやすく発信できるというのが第1の理由です。第2の理由は、今回実際に運用を担う東京海上ビジネスサポート(TMBS)という障がい者雇用を推進する特例子会社が本社内にあるため、運用面でも本社に設置することが大きな意味を持つからです。さらに本社には社外の方も多くいらっしゃるので、障がい者雇用の現場見学なども含めて、『PaperLab(ペーパーラボ)』を多くの方に見ていただく機会が増えるというのが、3つ目の理由です。

日経BP 環境経営フォーラム事務局長 斎藤 正一/東京海上日動火災保険株式会社 執行役員 本店営業第五部長 横井 文昭氏

斎藤『PaperLab(ペーパーラボ)』の導入は、環境問題に非常に先進的な取り組みをされている御社にとって、一つの象徴ともいえるわけですね。

横井当社では会社目標と自主目標を設定して、電気、コピー用紙、ガソリンの使用削減によるCO₂(二酸化炭素)の排出削減を推進してきました。しかし、「前年比何%削減」を繰り返していると、その達成は年々厳しくなってきます。やはり知恵と工夫とテクノロジーを使わなければなりません。そのきっかけになり得るのが、『PaperLab(ペーパーラボ)』というテクノロジーの活用だと思います。

斎藤最近はCSRの取り組みを進めるためにも、企業がどのようにSDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいくのかということが、とても重要になっています。そういう視点からも、『PaperLab(ペーパーラボ)』というテクノロジーの活用は、SDGsの推進にも役立つと思います。

横井2015年9月の国連総会で採択されたSDGsが盛り上がっていますが、当社ではそれ以前からCSRに積極的に取り組んできました。もちろん、今回の『PaperLab(ペーパーラボ)』の導入も、SDGsで掲げられている目標のいくつかに当てはめることができると考えています。

斎藤具体的にはどの目標に当てはまりますか?

横井『PaperLab(ペーパーラボ)』では、使用した紙の再生が社内で全て完結するので、社外の業者に処理を依頼する際の輸送によるCO₂の発生がありません。自社内で使用した紙を再生して新たな活用を行うことは、SDGsのグローバル目標12にある「つくる責任、つかう責任」という視点からも、責任ある生産と消費につながっていると思います。ちなみに、当社のCSRのコンセプトは「安心・安全をお届けする」「地球を守る」「人を支える」という3つが中心ですが、環境に該当する「地球を守る」を実現するために、1999年にマングローブの植林プロジェクトを始めました。もうすぐ20年たちますが、これまで世界9カ国で1万ヘクタールを超える規模になっていて、当社が事業活動で出すCO₂と植林したマングローブが吸収するCO₂のバランスはマイナスになっている状況です。

斎藤つまり『PaperLab(ペーパーラボ)』の導入は、マングローブの植林と同じように、環境負荷の低減にも大きく寄与するということですね。

横井従来、再生紙を使う取り組みは行ってきましたが、紙の削減や保険証券のWeb化という状況の変化を考えると、まさに『PaperLab(ペーパーラボ)』は我々がこれから進めようとしている方向性に合致した製品といえます。今後、さらにこうした取り組みを推進していく上で、一つの大きな手段になってくれると期待しています。

左から、東京海上日動火災保険 経営企画部 CSR室 鯉沼伸行課長、同社 横井文昭執行役員、東京海上ビジネスサポート(TMBS)石川孝弘取締役

左から、東京海上日動火災保険 経営企画部 CSR室 鯉沼伸行課長、同社 横井文昭執行役員、東京海上ビジネスサポート(TMBS)石川孝弘取締役

ESGを具現化する「五方よし」の精神が企業に求められている

斎藤企業のSDGsへの取り組みが重視される一方で、ESG(Environment:環境、Social:社会、Governance:企業統治)投資という言葉も注目されています。『PaperLab(ペーパーラボ)』と御社の取り組みを考えた場合、「古紙の再生」で環境、「障がい者雇用」で社会、「機密情報の社内廃棄」でガバナンスが関わってくると思います。こうした『PaperLab(ペーパーラボ)』の活用をステークホルダーに発信していくことは、御社の企業価値の向上にもつながるのではないでしょうか?

横井そう考えています。『PaperLab(ペーパーラボ)』は、まさにESGそのものといえます。商売をする上で昔から言われる「三方よし」(売り手よし、買い手よし、世間よし)という言葉がありますが、これに「未来よし」「環境よし」を加えた「五方よし」の精神でいなければ、今の時代の企業としては十分ではないのではないでしょうか。これは先ほど申し上げたCSRの3つのコンセプトや企業理念にも一致するものだと思っています。

斎藤普通に『PaperLab(ペーパーラボ)』を活用するだけでは、ESGのE(環境)にしか結びつきませんが、御社は障がい者を雇用することでS(社会)にもつなげていると思います。その運用フローはどのようになっていますか?

横井TMBSで働く10人の障がい者の方に操作方法を習得していただき、各営業部から出る紙の回収、『PaperLab(ペーパーラボ)』への設置と再生を担当してもらっています。

斎藤運用は順調ですか?

横井実は従来使っていた湿式シュレッダーは放熱や音、粉じんが大量に出るため、労働環境の改善が課題となっていました。しかし、『PaperLab(ペーパーラボ)』の導入によってこうした課題が解消されただけでなく、水を含んだ重い廃棄物を運ぶという重労働からも解放されました。

斎藤障がい者の方の反応はいかがですか?

横井これから本格稼働ですので、まだお話しできませんが、必ず良い反応があると期待しています。

全ての関連部署が『PaperLab(ペーパーラボ)』の導入を支援

斎藤ESGのG(企業統治)に関する機密情報の社内廃棄についてはいかがですか?

横井お客様の個人情報については一番重要な点と認識し、細心の注意を払って取り組んでいます。これまでも湿式シュレッダーを使って社内で処理を完結させるようにしていましたが、処理量が多くなると外部に委託することもありました。それが『PaperLab(ペーパーラボ)』の導入によって社内で完結できるというのは、安全・安心という意味でも心強いですね。

斎藤『PaperLab(ペーパーラボ)』で作った紙はどのように使っていますか?

横井現在は名刺に利用していますが、これが再生した紙かと思うほどきれいで、目にも優しい仕上がりです。今後は『PaperLab(ペーパーラボ)』による私どもの取り組みを少しでも知っていただくために、営業部で使うお客様向けのプレゼンテーション用資料などにも使いたいですね。

実際に『PaperLab(ペーパーラボ)』で再生した紙で作った名刺。色や品質の高さは想像以上だったという(左)。回収した紙をきれいにそろえて設置する東京海上ビジネスサポート(TMBS)の社員(右)

実際に『PaperLab(ペーパーラボ)』で再生した紙で作った名刺。色や品質の高さは想像以上だったという(左)。回収した紙をきれいにそろえて設置する東京海上ビジネスサポート(TMBS)の社員(右)

斎藤『PaperLab(ペーパーラボ)』導入に対して、社内外からの反応はいかがですか?

横井導入に当たって社内で情報を共有した段階では、「本当に社内で紙の再生ができるのか?」という反応でしたが、当社のCSRの取り組みにも合致していることもあり、全ての関連部署から導入に関しての支援がありました。社外については、障がい者雇用という観点で当社に見学に来られる方から「この機械は何ですか?」と必ず聞かれるので、その都度ご説明しています。今後はさらにいろいろなフィードバックがあると思うので、それらの意見を踏まえて活用方法が広がっていくことを期待しています。

斎藤今回、御社の長年にわたる先進的なCSRへの取り組みがあった上で、『PaperLab(ペーパーラボ)』の導入が実現したのだと思いますが、今後、御社としてCSRの取り組みで力を入れていく部分があればお聞かせください。

横井広い概念なのでなかなか難しいのですが、テクノロジーの進歩によってお客様との接点が従来とは大きく変わる中、果たして今までと同じやり方でお客様のニーズを満たしていけるのか、いろいろと考えています。これまで紙ベースだったお知らせなどが、デジタルやWebといった他のものに置き換わりつつあるので、これらをいかにお客様目線で改善していけるか。それが今後の一つの課題だと思います。

斎藤東京海上日動火災保険さんのこれからの取り組みに、注目していきたいと思います。

「今後は名刺だけでなく、再生紙の用途も広げていきたい」と話す横井執行役員

「今後は名刺だけでなく、再生紙の用途も広げていきたい」と話す横井執行役員

「新たなテクノロジーとSDGs、ESGとが結びついた事例として興味深い」と話す斎藤事務局長

「新たなテクノロジーとSDGs、ESGとが結びついた事例として興味深い」と話す斎藤事務局長

取材を終えて

先進的なCSR活動で有名な東京海上日動火災保険は、『PaperLab(ペーパーラボ)』の導入で、さらに一歩取り組みを進めたようです。私が驚いたのは、今回の導入をSDGsやESGの中にしっかりと位置付けていたことです。インタビュー終了後、横井執行役員が、「『PaperLab(ペーパーラボ)』は、ESGそのものです」と話していたのが印象に残っています。時代の最先端を走る企業に欠かせないESG経営を、しっかりとサポートする製品でもあるのですね。

(斎藤正一)

OTHER CONTENTS
紙の未来を変える PaperLab A-8000
紙を題材に循環のサイクルを“見える化”する「紙の地産地消」で区役所業務を変革する -株式会社 世田谷サービス公社-【CASE STUDY 01】 紙の再生を通じて「障がい者雇用」と「環境対策」を推し進めながら企業価値も上げていく - トランスコスモス株式会社 -【CASE STUDY 02】 機密情報の社内最終処理で情報セキュリティーを向上、新たに再生した紙で地域に貢献し、お客様とのつながりを深める - 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 -【CASE STUDY 03】
協力/エプソン販売株式会社
紙の未来を変える PaperLab A-8000
紙を題材に循環のサイクルを“見える化”する「紙の地産地消」で区役所業務を変革する -株式会社 世田谷サービス公社-【CASE STUDY 01】
紙の再生を通じて「障がい者雇用」と「環境対策」を推し進めながら企業価値も上げていく - トランスコスモス株式会社 -【CASE STUDY 02】
機密情報の社内最終処理で情報セキュリティーを向上、新たに再生した紙で地域に貢献し、お客様とのつながりを深める - 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 -【CASE STUDY 03】