正統派ブリーフケースも
カラーが豊富に。
服装に合わせて着替えたい

ビジネスバッグでいちばん定番的なものがブリーフケースだ。書類入れに適した薄い箱型のバッグで、書類だけでなく、デジタルデバイスなど、多くの荷物を仕分けして持ち物を収納できるので、ビジネスマンには圧倒的な人気がある。最近は、黒や茶のオーソドックスなタイプだけでなく、カラーも豊富に揃う。ネイビーならば気品を感じさせられるし、着こなしの主役を演じられるような鮮やかな色のバッグで遊び心を演出するのもバッグの楽しみ方のひとつだ。

bag_head

TUMI

日本限定の「ジャーヴィス」コレクションに今年4月から加わったネイビーのブリーフケース。デジタルデバイスや書類・出張用品などを分けて収納できるダブルコンパートメントタイプ。ラップトップPCやタブレットを安全に保護するパッド付きスペースが内部に。素材はバリスティックナイロンとレザーのコンビネーション。W40×H29×D12.75cm。6万5000円(トゥミ/トゥミ・カスタマーセンター freedial 0120-006-267)

bag01

BOLDRINI SELLERIA

1955年にイタリアのトスカーナで創業したレザーブランド。もともと馬具を手掛けるファクトリーだったこともあって、しっかりした作りで定評がある。素材はトスカーナを象徴するベジタブルタンニンのバケッタレザー。使うほどに魅力が増すバッグと言える。カラーはネイビーで内部は鮮やかなレッド。W40×H29×D9cm。6万9000円(ボルドリーニ セレリア/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター freedial 0120-137-007)

bag02

ENGAGEMENT

プロフェッショナルたちに成功をエンゲージ=約束するバッグがコンセプト。これは「SLING」という新しい背負い方を提案したブリーフケース。操作性とホールド性を持ったショルダーは、バッグを斜めかけしたまま正面に持てば、中の荷物を瞬時に取り出せる。バッグは縦横どちらからでもアクセスでき、ハンドル付きで手持ちも可能。W41×H28×D11cm。4万8000円(エンゲージメント/キヨモト NC事業部☎03-5843-9011)

bag03

ZANELLATO

北イタリアのヴィチェンツァで創業されたレザーブランドのザネラートにバーニーズ ニューヨークが依頼して出来上がったブリーフケース。持ちやすさを考慮して、芯材に低反発素材を採用したハンドル。レザーも生活防水加工が施され、雨天でも対応できるので、ビジネスマンには嬉しい仕様が加えられている。W42×H30×D7.5cm。8万9000円(ザネラート/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター freedial 0120-137-007)

bag04

PELLE MORBIDA

イイタリア語で「柔らかな肌(革)」を意味するブランド名。このMAREシリーズのブリーフケースは、イタリアの有名タンナー、ヌォーヴァ オーヴァ ロード社製の波形の型押しレザーを採用。イタリアンレザーらしい艶感と上品な表情を備える。ブランド名がよく表現された深いネイビーの革で仕上げられている。金具の素材、デザインにも艶感がある。W30×H41×D9.5cm。8万2000円(ペッレ モルビダ/ウエニ貿易☎03-5815-5720)

bag05

SERAPIAN

イタリアの熟練したハンドメイドにこだわったバッグで定評が高い。確かなクオリティに加えて、エレガントなデザイン性が備わっているのもセラピアンの大きな魅力に違いない。「エヴォリューション」と名付けられた細かい型押しのオリジナルレザーを採用、この素材は防滴効果と傷にも強く、品格とともに高い機能性を備えているところがビジネスマンには嬉しい。W29×H40×D9cm。18万4000円(セラピアン/ウエニ貿易☎03-5815-5720)

bag06

HERGOPOCH

「マージ」シリーズのブリーフケース。2種類のフルベジタブルタンニンなめしの革を組み合わせた「バスクドレザー」を用いたモデルで、手作業で作られた革は、柔軟で吸い付くような風合いを備えている。このブリーフケースはパネルを組み合わせたようなデザインで、本体の外側にあるポケットには、「エクセラファスナー」を採用し、アクセントになっている。W38×H27×D10cm。6万3000円(エルゴポック/キヨモト NC事業部☎03-5843-9011)

PC向けページを見る