日経BP総研社会インフラ研究所 上席研究員 小原 隆
これからの省エネ住宅「ZEH」とは?

2020年をめどに建築物に対する省エネ基準適合が段階的に義務化される見通しだ。戸建て住宅にまでそれが及べば、省エネ性の良し悪しが住まいの価値を左右することになるだけに、家づくりでは備えが欠かせない。これからの省エネ住宅では何がポイントになるのか。日経BP社「省エネNext」編集長の小原隆に聞いた。

省エネ基準への適合が2020年までに義務化

住宅で確保すべき性能として、省エネ性は耐震性と並ぶ“両輪”と言っていい。耐震性が安心・安全を高めるのに対し、省エネ性は快適を保証する。安心・安全で快適という価値ある住まいには欠かせない性能と言える。

ところが、建築法規上の取り扱いには大きな差がある。日経BP社「省エネNext」編集長の小原隆は「戸建て住宅では耐震基準を満たさないと建てられないのに対し、省エネ基準は満たさなくても建てられます。省エネ基準は定められていますが、それへの適合は義務化されていないのです」と指摘する。

国が2020年をめどに省エネ基準への適合を段階的に義務化する方針を打ち出したことで、今後、そうした状況は変わっていく。省エネ性はこれまで以上に問われることになる見通しだ。

そうした中で国が後押しするのは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」である。「Zero」「Energy」「House」という3つの言葉の頭文字から、通常は「ZEH(ゼッチ)」と呼ぶ。国は建築主向けの補助事業を予算化してきた。

一言で言えば、エネルギーの消費を抑える一方でエネルギーを自ら生み出すことによって、年間エネルギー消費量を正味でおおむねゼロ以下とした住宅のことだ。その造りには下の図に示した3つの条件が求められる。

一つは、エネルギーをできるだけ必要としない断熱性の高さだ。床・基礎、壁、天井・屋根に断熱材を施工し、サッシやガラスに断熱性の高い部材を利用することで、冷暖房に頼らなくても、夏は涼しく、冬は暖かい、快適な室内環境を生み出す。ZEH基準では、省エネ基準を上回る断熱性の高さを求めている。

CHECK 年間で消費する住宅のエネルギー量が正味でおおむねゼロ以下
日差しを遮り、取り込む太陽との関係にも意識を

もう一つは、エネルギーを上手に使うことにつながる、冷暖房、換気、照明、給湯など設備機器のエネルギー効率の高さだ。例えば照明で言えばLED照明、給湯で言えば家庭用ヒートポンプ給湯機「エコキュート」が、高効率な機器の一例として挙げられる。

建物の断熱性や設備機器のエネルギー効率の高さで省エネ基準に比べ20%以上は高い省エネ性を確保したうえで、ZEHではさらに太陽光発電装置などでエネルギーを創り出す。エネルギー消費をできるだけ抑え、消費せざるを得ない分は自力で生み出す考え方だ。

CHECK ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)のイメージ

上の図は、ZEHに求められる造りを住宅に落とし込んだものだ。図中に太陽が描かれている点に留意したい。「ZEHでは太陽との関係を意識することが重要です」。

省エネの観点で言えば、夏は日差しを遮って涼しさを、冬は日差しを取り込んで暖かさを確保する必要がある。そこで、軒の出やひさしを深く取る。こうした造りにすれば、夏は太陽高度が高いため日差しは軒で遮られ涼しく、冬はそれが低いため日差しは軒の下から取り込め暖かく暮らせるという。

依頼先は「ZEHビルダー」供給実績の情報も参考に

創エネの観点では、太陽電池に対する日差しの当たり方に目を向ける必要がある。それによって発電量が異なるからだ。発電量の最大化を目指し、その最適化を図らなければならない。

住宅各社の取り組み姿勢は環境共創イニシアチブ(SII)のウェブサイトで確認することができる。「ZEHビルダー一覧」のページでは、2020年度までに受注案件の50%以上でZEH化を図ることを目指し、SIIに登録した住宅会社が、2016年度供給実績と以降2020年度までの供給目標を公開中だ。

これらの情報をどう活用すればいいのか。「設計・施工する能力のある住宅会社に頼みたい。『ZEHビルダー』には毎年度、実績報告が義務付けられているので、住宅会社選びにはその情報も参考にするのがいいでしょう」。