VR(仮想現実)からMR(複合現実)へ Microsoft HoloLens から始まる産業革命 あなたならどう使いますか?

本アンケート調査は2017年4月に実施。従業員3000人以上の企業における課長クラス以上の298人の回答を分析しました。回答者のうち約半数が製造業にお勤めです。
アンケートの回答から見えてくる企業の期待と課題は何でしょうか?

速報!

企業の高い関心が浮かび上がる

この速報では各設問ごとに上位5回答をピックアップしています。

「 Microsoft HoloLens 」についての知識/印象(いくつでも)

「新しい利用用途を開拓する可能性がある」という回答が1位に。ビジネス用途における Microsoft HoloLens への企業の高い期待が伺えます。単独動作するデバイスであることも認知されています。具体的な利用用途についても、特に建築関係や医療関係での活用に関心が多く寄せられました。また、遠隔地とのコラボレーションの用途においても期待が高まっています。

「 Microsoft HoloLens 」について「もっと知りたい」と思うこと(いくつでも)

1位は「装着時にどのように見えるのか」ということでした。操作方法についても具体的なイメージが知りたいという声が多くありました。実ビジネスへの投入にあたり確認したい重要事項のようです。 Microsoft HoloLens は現在品川のマイクロソフト本社で体験ができますが、今後はより広範な場所で、簡便に見え方・操作方法の体験ができることが望まれています。

「 Microsoft HoloLens 」を導入しやすい形式(いくつでも)

「必要なアプリケーションがインストールされた状態」が1位に。導入してすぐに使える状態が望まれています。業種業界別のアプリケーションの充実や、開発体制の整備が課題となりそうです。逆に言えば、企業の期待としては“必要なアプリケーションさえあれば、使ってみたい”という意向や、“アプリケーション開発は極力省力化し、このデバイスを用いたビジネスそのものに注力したい”意向が伺えます。

「 Microsoft HoloLens 」を導入する際の障壁(いくつでも)

価格についで意見が多く上がったのが「投資対効果の明確化」でした。自社の事業戦略の中でどう位置付けていくのかという議論や、先行事例における導入効果の情報収集が必要となりそうです。前述のアプリケーション開発の工数にも関連するところですが、ビジネス革新における先行投資として、取り組みの意義やゴールを明確化し、社内のコンセンサスを得ることが必須と言えそうです。

Microsoft HoloLens 特設ポータルサイトがオープン!

より詳細なアンケート調査レポートを“ Microsoft HoloLens 特設ポータル ”に掲載しています。あわせて日本マイクロソフト社のキーパーソンへの直撃インタビューにより、アンケートで寄せられた疑問や課題について掘り下げています。ぜひご覧ください。

Microsoft HoloLens 特設ポータルはこちら

Microsoft HoloLens

Development Edition
(開発者向け)
333,800円
Commercial Suite
(法人向け)
555,800円

Microsoft HoloLens についての詳細・ご購入はこちら