txt_h1.png

まとめ タイプ別 「ITインフラのモダナイゼーション」 早わかりチャート

あなたの会社のITインフラは、どのタイプ?

オンプレミスに限る!

いまのままでほんとうに大丈夫?

オンプレミスのITインフラ、
こんな課題を抱えていないか?

  • ●仮想化システムのサイロ化
  • ●運用業務の負荷増大とコスト抑制要求
  • ●ハードウェア、サーバーOSのEOS対応
  • ●サイバーセキュリティ対策強化
  • ●AI / IoTなどデータ活用と
    新規ビジネス開発要求
  • ●スピード、俊敏性要求

オンプレミスにも
インテリジェントエッジ化が
求められる

それらを解決するのが、
Azure Stack HCIによる
ITインフラの
モダイナイゼーション!

詳しい解説を読む
オンプレミスか、クラウドか、悩み中…

オンプレミスかクラウドかは二択ではない!

「クラウドの利活用」と
「オンプレミスの進化」は、
どちらかを選択するものではなく、
企業にとって両方とも必要なもの

  • ●パブリッククラウドの 「Azure」
  • ●クラウドをオンプレミスで利用する
    「Azure Stack」
  • ●オンプレミスの仮想環境効率化と
    クラウドとの統合管理を実現する
    「Azure Stack HCI」

マイクロソフトの
“ハイブリッドアプローチ”
は相互を補完し合う

インテリジェントクラウド&エッジの
自由な往来を可能にする、
唯一無二のソリューション!

詳しい解説を読む
クラウド利活用を推進したい!

マイクロソフトが最適解!

マイクロソフトは
Windows Server 2019 利用環境の
80%をハイブリッドクラウド化する
目標を掲げ、企業のDXを支援

  • ●他社メガクラウドベンダーや
    仮想化専業ベンダーと違い
    一度移行したら元に戻せない、
    一方通行のクラウド移行ではない

「双方向、インタラクティブ性」
でレガシー資産の安全な
進化が可能

ユーザーのニーズと選択に添い、
一貫性のある
ハイブリッド クラウドを提供!

詳しい解説を読む
85%の企業が「ハイブリッドクラウドの導入」を検討

ITインフラのモダイナイゼーションとハイブリッドクラウド化を推進する企業が最初に検討すべきは「Azure Stack HCI」!

HCIのメリットが知りたい

HCIは従来型の三層構造を仮想化技術によりシンプル化。メーカーの動作検証済機器を導入するだけですぐに利用開始できるソリューション。

コスト面が不安

徹底的に効率化と低コスト化を目指す設計がなされている。他社と比べハイパーバイザー別途購入の必要がないため、コスト抑制効果が高い。

Azure Stackとの違いは?

Azure Stack とAzure Stack HCI はアプローチが異なる。個別でも活用でき、さらに相互が補完し合う関係である。

競合比較メリットが知りたい

①低価格
②ハイパフォーマンス
③高運用管理性
④Azure ファミリーの
ハイブリッド性
など競合優位点は多い。

パフォーマンスは大丈夫?

検証結果で約1380万IOPSという桁違いの数値。実務環境に近い検証でも、S2Dおよび重複除去機能強化などで圧倒的なパフォーマンスを誇る。

運用管理はどう効率化?

無償でアップデートを続ける最新管理ツール Windows Admin Center により、管理ツールを複数使い分ける必要なく、業務効率が大幅に向上する。

BCP、DRはどうなる?

Azureが提供する管理系サービスとのシームレスな連携が可能。初期投資を大幅に抑えながら仮想マシンの BCP(事業継続計画)やDR(災害対策)、データのバックアップとリストアを実現できる。

セキュリティが気になる

マイクロソフトはセキュリティ関連に年間10億ドルを投資。高度なマルウェア検知、サイバー攻撃やデータ漏えいの検出に加え、仮想マシンの保護実装など先進のテクノロジーで先進のセキュリティを提供する。

中小企業でのメリットは?

他社メーカーとの比較では小規模の構成でも約4割コストが削減できるなどメリットは規模の大小に関わらない。さらに、中小企業や拠点利用にも最適な「真の2ノードHCI」も実現する。

Hyper-Vって大丈夫?

Hyper-Vはパブリッククラウド Azure の基盤として商用ハイパーバイザーの中では異例ともいえる大規模なサービスを支えている。Azureの基盤技術を自社で利用できると考えればHyper-Vであることも優位性だ。

Windows Server 2019しかダメ?

Windows Server 2016 Datacenter にも HCI 機能は備わり、 WSSD 認定制度もあるため安心してHCIを構築可能。ただし技術上の優位性も多々あり最大のメリットを得るには Windows Server 2019 を推奨する。

Linux OS も動かせる?

Azure Stack HCI のベースとなる Hyper-V はLinux 仮想マシンもサポート。Hyper-V用モジュールはLinuxのカーネルにビルトインされ、追加機能が必要な場合、手動によるインストールも可能だ。

Azure Stack HCI の導入方法は?

2019年3月26日から、全世界でマイクロソフトのパートナー企業15社を通じ Azure Stack HCI ソリューションの提供が開始。日本では6社が該当! 詳しい解説を読む

これからのITインフラを支えるエンジニアには、
エッジからクラウドまでの最新かつ奥深い知識が必要。
真のハイブリッドを求めるなら、マイクロソフトのテクノロジーを要検討!