new02
New Models in BASEL WORLD

今年も3月に開催された世界最大規模の腕時計見本市「バーゼルワールド」。高級ブランドからエントリーブランドまでが一堂に会し、幅広く新作発表を行った。
「トレンドがないのがトレンド」とささやかれた今年のバーゼル。それほどまでに各ブランドごとに戦略は異なった。比較的買いやすい価格帯に良品が多かった今年の新作をチェック。

掲載商品の価格は、すべて税抜きで表示しています。
素材の略称:SS=ステンレススチール、YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールドorレッドゴールド、PT=プラチナ、TI=チタン

ARNOLD & SON

ARNOLD & SON

アーノルド&サン

DSTB

18〜19世紀にかけてイギリスで活躍した時計師ジョン・アーノルドと息子のジョン・ロジャー・アーノルドの偉業を現代に伝えるブランド。高精度海洋時計の開発に生涯をかけた親子をイメージし、ステップ運針で秒を刻む「True Beat」機構をダイヤル上に搭載。長い秒針が優雅に回転する様子は必見。今年は青いダイヤルのSSケースモデルが追加された。
自動巻き、SSケース、径43.5mm、334万円、6月発売予定

問/ブローバ相談室 ☎0570-03-1390

BLANCPAIN

BLANCPAIN

ブランパン

フィフティ ファゾムス バチスカーフ

1953年に誕生した「フィフティ ファゾムス」は、ダイバーズウォッチの原点とされる傑作。その新作は、当時のプロポーションをイメージした小径モデル。ケース径は38mmで厚みは10.77mmのため、都会派のダイバーズウォッチとして楽しめるだろう。搭載するムーブメントはCal.1150。2つの動力ゼンマイを搭載し、パワーリザーブは約100時間。
自動巻き、SSケース、径38mm、95万円、今夏発売予定

問/ブランパン ブティック銀座 ☎03-6254-7233

BREGUET

BREGUET

ブレゲ

クラシック 7147

美しい光沢のグランフーエナメルのダイヤルの上に、すらりと伸びるブルースティール針を組み合わせて、情感のある時計に仕上がっている。少し窪んだスモールセコンド部分の構造が作り出す陰影も心に響く。ムーブメントの心臓部にはシリコンパーツを使っており、こちらは最新鋭だ。
自動巻き、18KWGケース、径40mm、233万円

問/ブレゲ ブティック銀座 ☎03-6254-7211

BREITLING

BREITLING

ブライトリング

スーパーオーシャン ヘリテージ II クロノグラフ

60周年を迎えた人気のダイバーズの“ヘリテージ”シリーズがリニューアル。デザインの大枠はそのままだが、針の形状を原点モデルに近づけた。一方でベゼル素材にはハイテク・セラミックを使用することで、強靭さを高めた。カラーダイヤルが人気の昨今だが、今年はブラウンも目立った。個性の強い色だが、正統派ブランドのクラシックデザインであれば使いやすいだろう。
自動巻き、SSケース、径46mm、69万円

問/ブライトリング・ジャパン ☎03-3436-0011

BULOVA

BULOVA

ブローバ

アーカイブ クロノグラフC

世界初の音叉時計を発表するなど、先端技術を得意としていたブローバは、NASAとの関係も深く、初の月面着陸時には、計時装置が使用された。このモデルはNASAからの要請で生まれたクロノグラフの復刻版。ノンデイトのクラシックスタイルもさることながら、星条旗カラーで塗り分けたダイヤルデザインも特徴。高精度クオーツムーブメントを搭載。
クオーツ、SSケース、径46mm、9万円、8月発売予定

問/ブローバ相談室 ☎0570-03-1390

BVLGARI

BVLGARI

ブルガリ

オクト ローマ

古代ローマの建築物などによく見られ、“永遠”や“幸福”の象徴として好まれた8角形(オクタゴン)を取り入れたケースが特徴だったオクトに新しい展開が。4ピース構造のケースを採用し、ケースのエッジを柔らかにすることで、上質でドレッシーな雰囲気に仕上がっている。ブラウンラッカーのダイヤルにはサンレイ仕上げを施しており、表情も美しい。
自動巻き、SSケース、径41mm、62万円

問/ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100

CARL F. BUCHERER

CARL F. BUCHERER

カール F. ブヘラ

マネロ フライバック

ラ・ジュー・ペレに製造を依頼した専用ムーブメントCal.CFB1970を搭載する2カウンター式のクラシッククロノグラフ。柔らかなフォルムのケースも美しいが、特筆すべきは絶妙なカラーリング。ダイヤルとストラップにブルーグレー色を採用しており、上品でありながら洗練された雰囲気がある。カラーダイヤルは今年のトレンドの一つだ。
自動巻き、SSケース、径43mm、88万円、今秋発売予定

問/ブヘラジャパン ☎03-6226-4650

CASIO

CASIO

カシオ

プロトレック マナスル

日本隊が初登頂した8000m峰マナスルの名を冠した最高峰アウトドアウォッチ。プロ登山家の竹内洋岳氏が監修を務めており、機能性と視認性、使い勝手への妥協はない。高性能トリプルセンサーを搭載し、方位、高度/気圧、温度を計測して、大きな針と液晶画面を使って情報を表示する。本気のスペックだが洗練されたデザインなので、街使いでも映えるだろう。
クオーツ(電波ソーラー)、Ti×樹脂ケース、径52.5mm、17万円、世界限定300本

問/カシオ計算機お客様相談室 ☎03-5334-4869

CENTURY

CENTURY

センチュリー

エレガンス

ダイヤモンドに次ぐ硬さを持つ、サファイアクリスタルを丁寧にハンドカッティングし、48面体の美しいケースを作り出すのがセンチュリーの真骨頂。今年の新作では、ダイヤルとムーブメント、時分針に丹念なスケルトン加工を施した。これにより、光が綺麗に透過するサファイアクリスタルの魅力を最大限に生かしている。
自動巻き、サファイアクリスタル×SSケース、径38.5mm、55万円、10月発売予定

問/センチュリー銀座ブティック ☎03-6278-8975

CHANEL

CHANEL

シャネル

J12 グラフィティ

2000年の誕生以来、シャネルのアイコン時計として評価を確立した「J12」。例年、様々な表現方法を駆使して新たな魅力を加えてきたが、今年はストリートアートからインスピレーションを受けた。アラビア数字インデックスが崩れ落ちる様子は、シルバーで表現。時間というルールを破壊するという、芸術的で哲学的な時計である。
自動巻き、ホワイトハイテクセラミックケース、径38mm、57万7500円、世界限定1200本、6月末発売予定

問/シャネル(時計・宝飾) ☎0120-159-559

CHOPARD

CHOPARD

ショパール

L.U.C XPS ツイスト QF フェアマインド

鉱山労働者に適切な報酬が支払われていることが証明されている「フェアマインド・ゴールド」を使用する人気シリーズの新作。「ツイスト」の名の通りリュウズやスモールセコンドを従来の位置から少し移動させ、絶妙なアシンメトリーを演出。遊び心のあるデザインだ。精度や耐久性が高水準であることを示す品質基準「カリテフルリエ」も取得。
自動巻き、18KRGケース、径40mm、227万円(予価)、世界限定250本、今冬発売予定

問/ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922

CITIZEN

CITIZEN

シチズン

シチズン プロマスター
エコ・ドライブ プロフェッショナルダイバー 1000m

プロの潜水士が採用する飽和潜水に対応した1000m防水ダイバーズ。強固なケースは独自素材のスーパーチタニウムTMを使用し、さらにデュラテクトMRKという表面硬化技術で、強度をいっそう高めた。実践的な能力も磨いており、リュウズのねじ込みが少ないと警告色が見え、逆回転防止ベゼルには誤作動を防ぐためのロック機構を加えるなど、全てが本気だ。
クオーツ(ソーラー)、スーパーチタニウムTMケース、径52.5mm、26万円、7月発売予定

問/シチズンお客様時計相談室 ☎0120-78-4807

CVSTOS

CVSTOS

クストス

チャレンジ ジェットライナーII ブランカード

プライベートジェットを使った優雅な旅を連想させる1本。ケースに施した凹凸加工と、スケルトン仕上げのムーブメントで軽量感を演出しており、精緻なメカニズムを堪能できる。モデル名のブランカードとは、馬車を牽引する馬につける道具の意味で、縦ラインを主張する新しいケースデザインに由来している。ブラウンカラーは今年のトレンド。
自動巻き、18KRG×Tiケース、縦53.7×横41mm、205万円、6月発売予定

問/フランク ミュラー ウォッチランド東京 ☎03-3549-1949

FAVRE-LEUBA

FAVRE-LEUBA

ファーブル・ルーバ

レイダー・ハープーン

「捕鯨銛」を意味するハープーンの名を持つ500m防水の本格ダイバーズウォッチ。薄暗い海中でも視認性を高めるために、優れた時刻表示システムを採用した。大型の分針に合わせてダイヤル外周にあるアワーリングが回転するので、分針の先を見るだけで、時刻が分かるのだ。しかも視認性を妨げないために、秒は中央のディスクで表示している。 自動巻き、SSケース、径46mm、49万5000円

問/スイスプライムブランズ ☎03-4360-8669

FREDERIQUE CONSTANT

FREDERIQUE CONSTANT

フレデリック・コンスタント

フライバック クロノグラフ マニュファクチュール

開発に6年かけて完成させた自社製クロノグラフムーブメントCal.FC-760を搭載。ローマン数字のインデックスを使った単色ダイヤルのおかげで、クラシカルな雰囲気に仕上がった。横3目という標準的なレイアウトだが、6時位置をポインターデイトにすることで、自社ムーブメントならではのこだわりをアピール。この内容で50万円台とは驚異的だ。
自動巻き、SSケース、径42mm、53万9000円、7月発売予定

問/GMインターナショナル ☎03-5828-9080

GUCCI

GUCCI

グッチ

G- タイムレス

2015年にクリエイティブディレクターに就任したアレッサンドロ・ミケーレの世界観が投影された斬新なウォッチ。ダイヤル上にはスターや惑星などのモチーフが散りばめられ、中心には巨大なムーンフェイズディスクが収まる。そのムーンフェイズディスクは鮮やかなレインボーカラーになっており、時計黎明期から存在するクラシックな機構さえもポップに楽しむ。
クオーツ、SSケース、径36mm、17万2000円、9月発売予定

問/ラグジュアリー・タイムピーシズ ジャパン ☎03-5766-2030

HAMILTON

HAMILTON

ハミルトン

イントラマティック 68 オートクロノ

1968年製のクロノグラフを復刻。通称“逆パンダ”と呼ばれるブラック×ホワイトの配色や斜体になった旧ロゴマークは継承しつつ、ケースサイズが若干大きくなり、6時位置にカレンダーが加わった。搭載するムーブメントCal.H-31は、連続駆動時間が約60時間もあるため、高い精度を長い時間維持できる。レトロでありつつ、極めて現代的な時計なのだ。
自動巻き、SSケース、径42mm、25万9000円、世界限定1968本、7月発売予定

問/ハミルトン(スウォッチ グループ ジャパン) ☎03-6254-7371

HARRY WINSTON

HARRY WINSTON

ハリー・ウィンストン

イストワール・ドゥ・トゥールビヨン8

“トゥールビヨンの歴史”を新たに切り開いた快作。30度傾いた2軸トゥールビヨンを2つも搭載するハイコンプリケーションであり、限られたトルクで機構を動かすため、トールビヨン機構の重さはどちらも0.76gしかない。ダイヤル右側が時刻表示になっており、上のディスクが時間、下のディスクで分を表示。全てが型破りであり、刺激的である。
手巻き、18KWGケース、径51mm、6720万円、世界限定10本、12月発売予定

問/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376

HERMÈS

HERMÈS

エルメス

スリム ドゥ エルメス ルゥール・ アンパシアント

自分のための時間を楽しむための時計。使い方がとてもユニークで、まずは4時位置のインジケーターで任意の時間を設定する。そして設定時間に近くと、1時間前から6時位置のレトログラード針がカウントダウンを開始。そして最後に控えめな美しいチャイム音を響かせるという仕組みだ。“待ち遠しい時間”が、さらに楽しみになる時計だ。
自動巻き、18KPGケース、径40.5mm、407万円、今夏発売予定

問/エルメスジャポン ☎03-3569-3300

HUBLOT

HUBLOT

ウブロ

クラシック・フュージョン クロノグラフ イタリア
インディペンデント チタニウム ハウンドトゥース

ファッションアイコンとして有名なラポ・エルカン率いるイタリアインディペンデントとのコラボモデル。イタリアの有名サルト「ルビナッチ」が所有する上質な生地を、ストラップとダイヤルに使用した。生地は6種類で、ここで紹介する千鳥格子以外に、上質なチェック柄が用意される。時計をファッション的に楽しみたい人には見逃せない1本だ。
自動巻き、Tiケース、径45mm、160万円(予価)、世界限定100本、7月発売予定

問/LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ ☎03-3263-9566

JAQUET DROZ

JAQUET DROZ

ジャケ・ドロー

グラン・セコンド ムーン オニキス

天才時計師ジャケ・ドローが好んだ、小さな時分針と大きな秒針というレイアウトを受け継ぎつつ、6時位置の秒針部分にポインターデイトとムーンフェイズ表示も搭載。ブラックオニキスの漆黒ダイヤルの上にぽっかりと浮かんだ大きな月で、太古の時代から人々の心を魅了してきた美しい情景を再現。ロマンティックな人生を楽しむ人のための時計だ。
自動巻き、SSケース、径43mm、189万円(予価)、9月発売予定

問/ジャケ・ドローブティック銀座 ☎03-6254-7288

LONGINES

LONGINES

ロンジン

コンクエスト V.H.P

モデル名のV.H.Pとは“超高精度”という意味であり、搭載するクオーツムーブメントは年差±5秒という圧倒的なスペックを実現。突発的に衝撃を受けたとしても、ギアポジション探知システムを使って、針位置を自動的に補正してくれる。しかもカレンダーは、永久カレンダー式を採用。日常使いする実用時計として完ぺきな能力を持っている。
クオーツ、SSケース、径41mm、12万1000円、今冬発売予定

問/ロンジン (スウォッチ グループ ジャパン) ☎03-6254-7351

MECCANICHE VELOC

MECCANICHE VELOC

メカニケ・ヴェローチ

アイコン

エンジンパーツをイメージした丸形ケースに、世界4カ所の時刻を同時表示できる4つのダイヤルを搭載するアイコニックなモデルは、少しずつアップデートを重ねてきた。1つの自動巻きムーブメントを使って全ての時刻表示を動かせるようになったことで、従来よりもケースを1.4mmも薄型化させた。右上にはカレンダーが、右下には秒針がついている。
自動巻き、Tiケース、径49mm、100万円(予価)、9月発売予定

問/ビックグローブ ☎03-3401-8006

MIDO

MIDO

ミドー

コマンダー アイコン

一昨年から日本で本格展開が始まったミドー。1918年に創業した老舗であり、著名な建築物からインスピレーションを受けたデザインが特長だ。このモデルはパリのシンボルであり、鉄骨の芸術品である「エッフェル塔」がモチーフ。メッシュブレスレットでクラシックな雰囲気を作りつつも、COSC認定ムーブメントを搭載するなど、品質面でも高い評価を受ける。
自動巻き、SSケース、径42mm、15万円、9月発売予定

問/ミドー (スウォッチ グループ ジャパン) ☎03-6254-7190

MORITZ GROSSMANN

MORITZ GROSSMANN

モリッツ・グロスマン

テフヌート・ツイスト クラシック・ジェント

ドイツ時計産業の重要人物モリッツ・グロスマンの名を冠したマニュファクチュールの新作は、通常ならリューズを使う動力ゼンマイの巻き上げを、6時位置のストラップで行うという独創的なメカニズムを採用。これなら爪を傷めることもないため、女性からも話題になりそうだ。この機構を実現するために1本ラグを採用しており、エレガントな雰囲気に。
手巻き、18KRGケース、径36mm、330万円(予価)、日本発売未定

問/モリッツ・グロスマン・ジャパン ☎03-5615-8185

OMEGA

OMEGA

オメガ

“オメガ 1957 トリロジー” レイルマスター
マスター クロノメーター 60周年 リミテッド エディション

誕生60周年を記念し、1957年に誕生した耐磁ウォッチを復刻。トモグラフィー技術により、サイズもディテールも完全に再現しつつ、ムーブメントは優れた精度と耐磁性能をもったマスタークロノメーターキャリバーのCal.8806を搭載している。さらにレザーストラップやNATOストラップも付属しているので、幅広いシーンで楽しめる。
自動巻き、SSケース、径38mm、73万円、世界限定3557本、5月発売予定

問/オメガお客様センター ☎03-5952-4400

PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE

パテック フィリップ

アクアノート 5168

今年誕生20周年を迎えた「アクアノート」。ラバーストラップを使ったスポーティウォッチに、ホワイトゴールドケース仕様が新たに加わった。しかもケースはジャンボと呼ばれる42.2mmのタイプのため、迫力のあるスタイルに。ブラック・グラデーションのブルーのダイヤルやラバーストラップは、上品だが目を引く美しさがあるので、腕元のアクセントになる。
自動巻き、18KWGケース、径(10-4時方向)42.2mm、420万円(予価)、今秋発売予定

問/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター ☎03-3255-8109

RADO

RADO

ラドー

ラドー セラミカ

家具や照明のジャンルで活躍する工業デザイナー、コンスタンチン・グルチッチが手掛けるレクタングルウォッチの第二弾は、自動巻きムーブメントを搭載してきた。色調を合わせるのが難しいグレーセラミックを使っているのが特徴であり、非常に硬質な素材であるにも拘わらず、柔らかなニュアンスに仕上がっている。個性的な時計だが、軽くて使いやすい。
自動巻き、ハイテクセラミックスケース、縦41.7×横30mm、26万5000円、世界限定701本、11月発売予定

問/ラドー (スウォッチ グループ ジャパン) ☎03-6254-7330

ROLEX

ROLEX

ロレックス

チェリーニ ムーンフェイズ

「チェリーニ」コレクションに新たに加わったのは、約122年間も正確性を保つ高精度ムーンフェイズウォッチ。カレンダーはポインター式を採用し、シンメトリーで美しいダイヤルに。満月部分に本物の隕石を使用しているのも特長。ロレックスの独自素材であるエバーローズゴールドの色合いも美しく、紳士を魅了する。
自動巻き、18Kエバーローズゴールドケース、径39mm、255万円、今秋発売予定

問/日本ロレックス ☎03-3216-5671

GRAND SEIKO

GRAND SEIKO

グランドセイコー

初代グランドセイコー リミテッドコレクション 2017
「復刻デザイン」

1960年の登場以来、日本の高級時計市場を牽引してきた「グランドセイコー」が、独立したブランドとなった。その記念すべき第一弾は、初代モデルを復刻。ケースは少々大型化しているが、優雅なフォルムは健在。ケース素材は3種類あるが、特に注目度が高いのは、1960年にごくわずかのみ製造されたプラチナケースの復刻モデル。別格の美しさがある。
手巻き、PTケース、径38mm、320万円、世界限定136本

問/グランドセイコー専用ダイヤル ☎0120-302-617

TAG HEUER

TAG HEUER

タグ・ホイヤー

オータヴィア

1962年に誕生したクロノグラフを復刻。そのデザインはWEB投票によって決定し、1966年に発売されたモデルが採用された。ブラック×ホワイトのくっきりとしたデザインやレザーストラップで、ヴィンテージスタイルを演出するが、搭載しているムーブメントは、80時間連続駆動を行う最新型のCal.ホイヤー02。古く見えても新しい時計である。
自動巻き、SSケース、径42mm、54万円

問/LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー ☎03-5635-7054

TIRET

TIRET

ティレット

クラシッq

ウォール街のビジネスマンからの依頼を受けて誕生した、ティレットとしては珍しいクラシックモデル。とはいえラグジュアリーな世界観は十分に反映されており、ダイヤル素材は本物の隕石を薄くカット。7時位置にはパワーリザーブ表示も加わる。シンプルな機構であっても、ディテールに徹底的にこだわる姿勢は、モデル名の“q”にも表れる。
自動巻き、SSケース、径43mm、100万円(予価)、9月発売予定

問/ビックグローブ ☎03-3401-8006

TISSOT

TISSOT

ティソ

ティソ ヘリテージ バナナ センテナリー
日本スペシャル エディション

ロマノフ王朝期のロシアにて、ティソが貴族のために製造した時計がベースとなる「バナナウォッチ」。ケースは大きめだが、その名の通りケースが湾曲しているため、腕に沿うようにフィットする。誕生から100周年という節目の今年、復刻モデルが登場。中でもホワイトダイヤル×ブラックレザーという王道スタイルの日本限定版が話題に。
クオーツ、SSケース、縦49×横27mm、4万5000円、日本限定販売500本、9月発売予定

問/ティソ (スウォッチ グループ ジャパン) ☎03-6254-7361

VICTORINOX SWISS ARMY

VICTORINOX SWISS ARMY

ビクトリノックス・スイスアーミー

イノックス V

油に浸したり、戦車に轢かせたりするなど、常識外れのテストを繰り返すことで完成した究極のタフウォッチに、小ぶりなモデルが誕生。秒針の色がアクセントになっている。ストラップとして使用しているのはパラシュート用の紐で、万が一の事態に遭遇したら解いてロープとして使える。同系色のバンパーも付属しているので、気分によってつけはずしができる。
クオーツ、SSケース、径37mm、7万9000円

問/ビクトリノックス・ジャパン ☎03-3796-0951

ZENITH

ZENITH

ゼニス

デファイ エル・プリメロ21

高振クロノグラフの王者「エル・プリメロ」を進化させ、1/100秒の計測が可能になった。1つのムーブメントに2つの脱進機を持ち、時刻用は毎時3万6000振動し、クロノグラフ用は毎時36万振動。しかもパーツ点数を抑えることで、ケースサイズを44mmにすることに成功した。そのメカニズムは前からも後ろからも鑑賞可能だ。
自動巻き、セラミナイズドアルミニウムケース、径44mm、125万円、9月発売予定

問/LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス ☎03-5524-6420

PC向けページを見る