腕時計群雄割拠時代のビジネスウォッチ傑作選

watch05

RICHARD MILLE

RM 17-01 トゥールビヨン

耐衝撃性能をもつトゥールビヨンウォッチで、レッドゴールド製のインナーケースを、耐傷性能の高いATZホワイトセラミックスのベゼルとケースバックで挟んだ。年月を重ねても退色しないので、いつまでも鮮烈なホワイトカラーのまま。ゆえに夏のアクセサリーとしても効果は絶大である。
手巻き、ATZホワイトセラミックス×18KRGケース、縦48×横39.7mm、4980万円

ラグジュアリーの意味を根底から覆した

“高級”時計を名乗るにはいくつかのルールがある。歴史と伝統に彩られた老舗であり、ふんだんに貴金属を使用し、複雑な機構を搭載していることが条件になるが、リシャール・ミルはその多くを覆してきた。2001年にデビュー作を発表したという新興ブランドであり、カーボンやチタンなどの軽量素材を好み、複雑機構でなくとも格段に高価である。つまりあらゆる常識から離れたところに、リシャール・ミルは存在している。
 この特別な立ち位置が、新たな熱狂を生んだ。徹底的にエンジニアリングと素材にこだわり、そこに価値を見出すという“常識外の面白さ”に気が付き、しかも相応の資産を持つ人だけが、この時計を手にするチャンスを得るのだ。
 リシャール・ミル愛好家の多くが、「もう他の時計はつけられない」と語る。常識を突破する快感を知ってしまったら、もう普通には戻って来られないのである。

問い合わせ先/リシャールミルジャパン ☎03-5807-8162
PC向けページを見る