いま手にすべき、“左腕”


ビジネスシーンで使う腕時計を選ぶとき、何を基準にするだろうか。
精度の高さ? 機械としての面白さ? それとも、雨に濡れても気にしなくてもすむ防水性? 確かに、そのどれもが重要かもしれない。
しかし、携帯電話で時刻を知ることができる現代。こと、ビジネスにおいて重要なのは、見た目の印象、さらに言うならば、その源泉となる“質感”の高さではないだろうか。質感の良い時計は、見る者に安心感を与え、誠実さや審美眼の高さ、能力の高さまでをも演出することができる。ここに挙げた26本は、どれも確かな質感を持つものばかり。必ずや、あなたの良きビジネスパートナーになるだろう。

文=広田雅将、篠田哲生 写真=奥山栄一

watch_main

掲載商品の価格は、すべて税別で表示しています。
素材の略称: SS=ステンレススチール、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールドor レッドゴールド、PT=プラチナ、Ti=チタン

PC向けページを見る