いま手にすべき、“左腕”

watch17

MONTBLANC

モンブラン タイムウォーカー クロノグラフ UTC

定番コレクションがリニューアル。モータースポーツの世界観を取り入れているが、これは傘下に収めた高級時計工房ミネルバが、かつてレース計測用のクロノグラフを作っていたことに由来。第二時間帯針を備える高機能モデルで、リュウズのトップにはモンブランのブランドシンボルマークが入る。
自動巻き、SSケース、径43mm、57万4000円

ビジネスパーソンならではのトータルコーディネート

 ビジネスパーソンが“モンブラン”と聞いて、まず思い出すのは万年筆だろう。1906年にドイツのハンブルクで創業したモンブランの傑作万年筆である「マイスターシュテュック」は、世界的に名の知られたマスターピースである。しかし現在はレザー小物なども取り扱うラグジュアリーメゾンへと進化しており、その中心にあるのが1997年から取り組んでいる高級時計だ。
 モンブランの時計は、スイス時計産業の中心地ル・ロックルの工房で製造されている。老舗ブランドのイメージをなぞるように手堅いデザインでまとめているため、同社の万年筆やレザーアイテムとの相性もよい。つまりは小物を同ブランドでコーディネートすることも可能ということになる。
 ビジネスシーンでの正装はスーツなので、こだわりを発揮できるのはVゾーンくらいだ。しかし時計を含めた小物で遊べれば、自分らしさのアピールとなる。モンブランなら、それがスマートに決まるのだ。

問い合わせ先/モンブラン コンタクトセンター
freedial 0120-39-4810
PC向けページを見る