いま手にすべき、“左腕”

watch01

CARTIER

タンク ルイ カルティエ

タンク100周年を記念してリリースされた新作は手巻きモデル。
すでにあるクオーツモデルとサイズ感は変わらず、ケースがわずかに厚くなっただけだ。性別を問わず使える汎用性を持つ。搭載するのは、ジャガー・ルクルトベースの良質な手巻きムーブメント、8971MC。その繊細な感触も、やはりカルティエに相応しいものだ。記念すべき年にぴったりの傑作。
手巻き、18KPGケース、縦33.7×横25.5mm、135万円

タンク100周年に相応しい格調高き2針モデル

 今年100周年を迎えたカルティエの「タンク」。その記念すべき年を祝ってリリースされたのが、新しい「タンク ルイ カルティエ」だ。様々なモデルを擁するタンクの中でも、もっともオリジナルに近いデザインを持つとされるタンク ルイ カルティエ。すでにクオーツモデルが存在するが、今年は手巻きムーブメントを搭載したモデルが追加された。
 その大きな特徴は、オリジナルのタンクを思わせる締まった造型。好ましいメリハリもより強調されている。ピンクゴールドという色合いが、日本人の肌によくなじむのもうれしい。また搭載するムーブメントも、極めて良質。とりわけリュウズを手で巻いたときのソフトな感触は、いかにも高級時計らしい。
 人気のサイズ感と優れたムーブメントを持つ本作。知的な印象があり、ビジネスシーンでの活躍は間違いないが、その美しさゆえパートナーに奪われぬよう、ご注意を。

問い合わせ先/カルティエ カスタマー サービスセンター freedial 0120-301-757
PC向けページを見る