いま手にすべき、“左腕”

watch12

HERMÈS

スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント

4時位置の12時間表示で、チャイムが鳴る時刻を設定。1時間前より6時位置のレトログラード針でカウントダウンを行う。
搭載するムーブメントは、ヴォーシェ・マニュファクチュール・フルーリエにて、エルメスのために専用製造されたCal.H1912。薄型ケースに収められており、どこから見ても優雅な雰囲気がある。
自動巻き、18KPGケース、径40.5mm、407万円

ビジネスパーソンにとって時間は敵か? 味方か?

 多忙なビジネスパーソンにとって、時間というのはいつでも悩ましい存在である。〆切に追われる日々を過ごしていると、どうしても時間を敵視してしまうが、それは間違いだとエルメスは考える。この世界的ラグジュアリーメゾンは“時間は友人である”と言う。製品を作るためには必要不可欠な存在であり、素晴らしい仕事をするためには、味方にするべき対象なのだ。
 その精神は、彼らが作る時計にも表れている。エルメスの時計は自社専用ムーブメントを使用し、高い品質で定評があるが、優美なデザインによって時計を眺める時間さえも、幸福なひと時に変えてくれる。しかも新作「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」は、設定した時刻が近付くと、レトログラードがカウントダウンを開始し、持ち主にのみ聞こえる密やかなチャイム音で時間の到来を教えてくれる。優雅な機構が、待つ時間ですら楽しくしてくれるだろう。

問い合わせ先/エルメスジャポン ☎︎03-3569-3300
PC向けページを見る