活性酸素と戦う宇宙飛行士が実践するセルフマネジメントとは?

宇宙飛行士のコンディショニングから導き出した一つの答え

「宇宙飛行士は地球上の10倍以上の放射線や、長期無重力状態・閉鎖空間での極度のストレスなど、地球上とは比べ物にならないくらいのダメージを受けており、それによって大量の活性酸素が発生してしまいます。また、活性酸素は男性ホルモンの低下だけではなく、慢性疲労や集中力の欠如など様々な不調を引き起こします。小さなミスが命取りとなる宇宙飛行士にとって、この活性酸素をマネジメントするということは必須スキルとなっています。過酷な職業である宇宙飛行士向けにこの活性酸素に着目したサプリメントが開発されていたことには驚きました。彼らは持っていける荷物に大きな制限があります。ストレス過多な環境でしっかりと仕事ができるよう設計されていることを考えると、ここに日本のビジネスパーソンを救う糸口があるのではないかと考えました」(道端氏)

身体的ダメージ 太陽粒子線・銀河宇宙線など地球上の10倍以上の放射線
							精神的ダメージ 閉鎖空間や無重力活動での精神的ストレス
							→大量の活性酸素が発生!

宇宙空間と日本の共通点は「ストレス社会」

常に活性酸素を発生させる要因にさらされている日本のビジネスパーソン。特にストレスは「ストレス社会」と呼ばれるほど現代日本の大きな課題であるが、その課題解決へ向けてNASAと共同開発に取り組んだサプリメントの成分に着目したという。

「食事やサプリメントで適切な栄養素を摂取することや、運動や旅行でリフレッシュするなど、この活性酸素をうまく対処し、ホルモンのマネジメントをすることが今後のビジネスパーソンにとって必要なスキルといえるのではないでしょうか」(道端氏)

小さなミスが命取りとなる重要な仕事を担う管理職こそ、男性ホルモンのマネジメント、活性酸素のマネジメントに目を向けてみてはいかがだろうか。

NASA共同開発技術採用 アンファーの、次世代サプリ。 今ならお得なチャンス! 詳細はこちら