日経ビジネスオンラインスペシャル

時代の変革時にこそ存在感を増す金の価値

時代の変革時にこそ存在感を増す金の価値

金現物のオンライン投資プラットフォームである英国ブリオンボールドサービスを日本で展開し、今 次世代の金現物投資の姿を模索するブリオン・ジャパン株式会社 CEO 平井政光氏。前回から2回に渡って、彼が新たな事業展開の準備のために訪れたオーストリアウィーンに同行し、新規事業のために新たなグループ会社を立ち上げるに至った動機とその事業内容に迫る。

金現物のオンライン投資プラットフォームである英国ブリオンボールドサービスを日本で展開し、今 次世代の金現物投資の姿を模索するブリオン・ジャパン株式会社 CEO 平井政光氏。前回から2回に渡って、彼が新たな事業展開の準備のために訪れたオーストリアウィーンに同行し、新規事業のために新たなグループ会社を立ち上げるに至った動機とその事業内容に迫る。

翌日、平井氏に同行した我々が訪れたのはウィーンを本拠地として世界規模での貴金属保管サービスを展開するGVS社の本社である。平井氏は我々に訪問の意図を説明した。

「ブリオン・ジャパンの新事業立ち上げに対して、私達は信頼できる貴金属保管業社のパートナーを求めていました。その理由はブリオン・ジャパンとして独自に金現物を調達し、安全に保管する事が新規事業では必要不可欠となるからです。

GVS社は2003年に設立された比較的若い貴金属保管業社ですが、ウィーンだけでなく、エストニア・ボストン・シンガポール・フランクフルトスイスにおいて保管庫を持ちサービスを展開する大手貴金属保管業者です。

彼らの面白い所は一般の方に向けてゴールドバーだけでなく金貨や銀貨を売買するリテール部門とコンサルティング部門から事業をスタートし、現在では世界規模での貴金属売買および金保管業社として成長した所だと思います。

CEOのヘルムートズース氏は”インターネットの時代だからこそ、クライアントとのフェイストゥフェイスの付き合いと情報共有こそがもっとも重要である”との考えで事業を立ち上げ、今日までその考えを実行する事で信頼と事業を築き上げた人物で、私達がパートナーに求める資質を全て満たした企業がGVS社であったと言えます。

今日はミーティングの前にズース氏にも時間をいただいているので、ヨーロッパの金現物投資の状況や人々がどの様に感じられているのかも伺えると思います」

時代の変革時にこそ存在感を増す金の価値

訪問したGVS社ではCEOのズース氏だけでなく、GVS社の幹部の面々が平井氏を迎え、両者の良好な関係を伺い知ることができた。

ズース氏は、今日世界的に貴金属保管業社が増加している背景と人々の心情を、かつてオーストリアが経験した3つの事象を通じて生まれた不信感と言うキーワードで説明してくれた。

「1つ目は、2008年の金融危機で生まれた銀行への不信感。2008年の金融危機の際、銀行では自動化が進められ顧客との接点が減りました。銀行による一方的な顧客との接点の消失は、顧客からの信頼を失うには十分でした。

2つ目は、遡りますが第二次世界大戦の敗戦により、生まれた政府への不信感。日本と同じく第二次世界大戦に破れたオーストリアでは、人々は政府が常に正しい行いをする訳ではないと心に刻まれています。その敗戦により多くの資産を失った人々もおり、政府への不信感が自身の資産を自分で保管すると言う意識を生み出しています。

3つ目は、貨幣の価値に対する不信感。ユーロが導入された1999年それまでの自国通貨オーストリア・シリングの実質的価値が大幅に下落しました。

いずれも市井の人々には関与し得ないところで起こった事象により自分の資産が減少したり、失われたりした経験を持つ私達は自分の資産の保全という点に強い関心を持っています」

時代の変革時にこそ存在感を増す金の価値

「そのため情勢が不安になった時に金現物への需要が高まります。そんな不安や不信感があるからこそ、私達はクライアントとの親密なコミュニケーションを通じて信頼関係を築くことが大切だと考えています。

私達のクライアントは安全資産である金現物に投資するだけではなく、世界中に分散して保有する需要も高いのです。これは本当の有事に国からの搾取を受けたとしても保管場所を分散している事で被害が限定的に抑えられます。その為には私達は世界の色々なロケーションに保管所を設けて顧客の需要を満たすと共に、その資産を安全に守ることができるよう努めています」

時代の変革時にこそ存在感を増す金の価値

ズース氏の説明を受けて、平井氏は続けた。

「世界の変革期や不安が生まれる時、金現物への需要は高まります。ズース氏の説明にもありましたが、2008年以降金融の世界は変革を続け、仮想通貨の登場とICOによって従来の金融システムは先の予想の難しい大きな変革期を迎えています。国家経済の破綻危機などもありますし、ブレグジットによりユーロの将来も盤石とは言えない状況です。この様な変革期こそ19世紀末の様に金の存在感が増していきます。

ただ金現物の取引はあまり大きな変革を遂げていません。私達はこの変革期に必要とされる金現物取引の可能性を、より大きく拡大していける方法を模索しています。

現在、中国などではアリ・ペイやウィーチャット・ペイなどQRコードを用いた分散型決済システムが普及しています。もしこう言った決済システムと金現物を結びつけることができれば、価値の安定した金現物を用いて世界中で為替変動に左右されにくい決済システムや、貿易などの国際的な決済にも大きな利便性を生み出し、現代社会において新たなインフラとなる可能性があります。

まずそのためには金現物を安定して調達し保管できるパートナーが必要でした。今回のGVS社との提携により、その実現に一歩前進したと言えます」

安全資産としての金現物への投資だけでなく、保有した金現物を決済に利用できるインフラの確立を目指す平井氏の挑戦は金現物を有事の際の資産の回避先としてだけでなく、より流動性を伴う資産としての変革を目指している。

対談

ページ上部へ