不確実性が高まる経済状況で日本企業が成長するための処方箋 〜シスコシステムズのトップに聞くデジタル戦略〜

経済のグローバル化や新興国の台頭、業種を超えたディスラプター(破壊的創造者)の出現など、従来にも増して厳しい競争を強いられる日本企業。不確実性が増す経済状況の中で成長を続けるには、意識的な変革が求められている。そのキーワードとなっているのがデジタルトランスフォーメーション(DX)だ。このような取り組みを、ネットワークやセキュリティーなどの製品・サービスによって支援しているのがシスコシステムズだ。同社は2015年7月にチャック・ロビンス氏がCEOに就任してから、DXへの取り組みを大幅に強化。また2018年7月には日本法人の社長にデイヴ・ウェスト氏が就任したことで、日本市場における戦略にも注目が集まっている。ここでは米シスコシステムズ社で最高財務責任者を務めるケリー・クラマー氏と日本法人の新社長となったデイヴ・ウェスト氏に、同社の戦略と、日本企業がDXの推進に当たって注意すべきポイントについて話を聞いた。

シスコシステムズ エグゼクティブバイスプレジデント 兼 最高財務責任者 ケリー・クラマー氏シスコシステムズ合同会社 代表執行役員 社長 デイヴ・ウェスト氏

変革によって拡大する日本企業の可能性 技術への積極投資でその取り組みを支援

スピード感のある変革が今後の企業成長の重要なカギに

堅調に株価が上昇する一方で、マクロ経済の側面では不安定要因も見受けられる世界経済。以前に比べてますますグローバルな競争にさらされるようになった日本企業の経営者にとっても、世界経済が今後どのように推移するのかは、大きな関心事といえるだろう。

これについてシスコシステムズで、最高財務責任者(CFO)を務めるケリー・クラマー氏は次のように述べる。

「マクロ経済は少なくともこの6カ月間、堅調に推移しています。各国のGDPはもちろんですが、多国籍企業の業績や求人も拡大傾向にあります。その一方で、為替の動向や金利上昇、新興国におけるリスクが上昇していることも確かです。ファンダメンタルは依然として強固であるものの、不確実性が増していることは事実でしょう」

シスコシステムズは全世界に7万5000人を超える従業員を擁し、2018年に493億ドルの売り上げを上げているグローバル企業。クラマー氏は2015年にそのCFOとなり、財務戦略とM&Aを統括している人物だ。

それでは、この状況を乗り越えていくには、企業経営者は何を意識する必要があるのか。クラマー氏は「変革に向けたスピードが重要」だと指摘する。

クラマー氏が語る「変革」とは、デジタル技術を活用した「デジタルトランスフォーメーション(DX)」のこと。これは、クラウドやIoT、AI、ロボティクスなどの最先端技術を積極的に取り入れながら、新たなサービスの提供やビジネスモデルの変革を進めていくことを指す。例えば最近の製造業では、モノを作って売るだけでなく、それを有効活用するためのサービス提供にも積極的に乗り出している。また製品の売り切りではなく、利用量に応じて課金する「サブスクリプションモデル」を採用するケースもある。このような新しい取り組みが、業種・業態にかかわらず求められていくのだという。

「最近では働き方改革へのニーズが高まっていますが、DXによってこのような要求にも対応しやすくなります。ただし、その実現には、業務プロセスの見直しやシステムのシンプル化・自動化も不可欠になります」(クラマー氏)


ハードウエア企業からソフトウエア企業へと変貌するシスコ

DXへの取り組みは世界的な流れではあるものの、その進展具合は国や地域によって異なっている。「日本はちょうど中間の進展段階にあるが、最終的にはすべての地域でDXが進み、この差はなくなっていくはずでしょう」とクラマー氏は指摘する。そしてこの潮流を、シスコシステムズでは、世界レベルで支援している。

「当社はこれまで30年にわたって、インターネットを使ってあらゆるものをつないでいく、という取り組みを進めてきました。その結果、DXを支える幅広いポートフォリオを提供できるようになっています」とクラマー氏は振り返る。

中でも特に注目したいのが、セキュリティー分野でのポートフォリオだ。DXを現実のものにしていくには、安全・安心に利用できる環境の確立が欠かせないからだ。

「セキュリティーの領域には様々なニーズがあり、数多くの製品やサービスが市場に投入されています。しかしそれらの多くはポイントソリューションであり、セキュリティー全体をカバーできるものではありません。これに対して当社では、End-to-Endでセキュリティー全体を網羅できるポートフォリオを用意しています。どこか1カ所でも脆弱性が残っていればセキュリティー上の脅威を防ぐことはできませんが、シスコシステムズならあらゆる脅威に対し、ネットワーク全体を守ることができるわけです。これはネットワークを熟知しているシスコならではの優位性だと言えるでしょう」(クラマー氏)

さらに注目すべきは、そうした技術をソフトウエアで提供している点だ。シスコでは、これまで30年間にわたって培ってきたハードウエアベースのビジネスを、ソフトウエアベースへと転換。ソフトウエアであれば、自律化・自動化や新しい脅威への対処についてもアップデートが容易になるわけだ。


製品とサービスポートフォリオの拡充に向け多方面の投資を継続

これに加えてシスコシステムズは、マルチクラウド環境(複数のクラウドや社内システムが混在したITシステムの状態のこと)に関しても、積極的な取り組みを進めている。DXを推進する企業では、このようなマルチクラウド環境を積極的に活用するケースが増えている。シスコシステムズの技術を活用することで、セキュリティーポリシーをデータやアプリケーションそのものに設定できるようになり、どこにデータやアプリケーションが存在していても、一貫性のあるポリシーが適用可能になるという。

このようなポートフォリオを実現するために、シスコシステムズでは、多方面に渡って継続的な投資を行っている。

「まず研究開発に関しては、年間60億ドルを投資し、着実かつ継続的に成果を出せるようにしています。幸いなことに当社は、これまでのビジネス成果により、潤沢なキャッシュフローがあります。これを研究開発に再投資できることは、当社の大きな強みになっています」とクラマー氏は説明する。

その一方でM&Aにも積極的に取り組んでいる。その対象は大企業だけではなく、優れた技術をもつ中小企業まで含まれているという。また投資対象領域も、DXにかかわるすべての領域をカバー。必要なテクノロジーを見極め、それを適切な形で取り込んでいくことで、ポートフォリオを充実させ続けているわけだ。

こうした投資戦略に加えて、シスコシステムズの文化自体も大きな強みだという。

「特にチャック・ロビンスがCEOとして着任して以降は、多様性に重きを置いて活動しております。経営陣だけ見ても、CFOである私はもちろん、人事部のトップ、グローバルセールスやマーケティングサービスのトップ、最近まで日本のトップとして活躍し、今はアジア太平洋地域を統括する鈴木 みゆきも女性です」(クラマー氏)

このように多様性に富んだ社員が、気持ちよく働きやすい環境を提供していることが、優れた製品・サービス、新しいアイデアやイノベーションにつながっていくのだという。


日本を重視した施策を今後も継続的に展開

これに加え、他社との積極的なコラボレーションも、重要な戦略の1つだという。その一例が米アップル社とのグローバルな提携だ。シスコシステムズとアップルは2015年8月に戦略的な提携を発表、シスコシステムズが提供する高速ローミングや業務アプリケーション優先制御といった機能をiOSで使えるようにすることで、ビデオや音声通話のユーザー体験を向上させている。iOS 11以降ではさらに、セキュリティーの強化や利用状況可視化にも取り組んでおり、アップルのエンジニアと踏み込んだ開発を推進。またクラウドに関してはグーグル社との提携を発表しており、ITサービス展開の柔軟性やスピードをさらに向上できる「コンテナ技術」に関する取り組みを共同で進めている。

シスコシステムズは成長の機会があるすべての地域でビジネスを展開しており、当然ながらそこには中国やインドも含まれている。しかし、シスコシステムズにとって日本は重要な市場なのだという。

「特に日本は節目である2020年に向けて、DXへの取り組みが大きく進展することになるでしょう。そしてこれは当社にとっても大きなチャンスです。もちろん2020年以降も、日本を重視する方針は変わりません」とクラマー氏は語る。働き方に関するイノベーションは継続的に進み、それが観光ビジネスやスマートシティ、エンターテイメントなどの分野でも、大きな可能性をもたらすことになると考えているからだという。

「私自身、シスコシステムズのCFOであるとともに、日本におけるエグゼクティブスポンサーとしても活動を行っています。日本企業の皆様には、ぜひシスコシステムズを戦略的なパートナーとしてご活用いただき、これからも世界経済をけん引する存在であり続けてほしいと思っています」と最後にクラマー氏は語った。


お問い合わせ

シスコシステムズ合同会社