日経ビジネスONLINE SPECIAL

低コストで欲しい人材に効果的にアプローチ、「求人検索エンジン」という新たな選択

求人にはお金がかかる。その割に思うように人材が採れない。そんな常識をひっくり返す画期的な求人手段として注目を集めているのがIndeed(インディード)だ。

※コーディネーター:日経BP総研 中堅・中小企業ラボ 所長 伊藤 暢人

世界60カ国で毎月2億人が利用する求人検索エンジン

 求人広告を打っても、思うように人が採れない――。これは中小企業や地方企業ほど深刻な悩みだ。どうにか採用しても、理想とする人材とかけ離れていたり、社風や仕事になじめず、辞められてしまうケースも多い。

 必要とする人材を、より確実にマッチングできる求人手段はないものか。

 その答えの一つとして、中小企業や地方企業の経営者の間で関心が高いのがIndeed(インディード)だ。

 このところテレビコマーシャルが頻繁に流れているので、名前を耳にしたことはあるだろう。だが、実際にどのようなサービスを提供しているのかは、あまりよく知らない人も多いようだ。

 「ひと言で言えばネット上の検索サービスです。ただし、求人情報の検索に特化しています」と説明するのは、Indeed Japan代表取締役/ゼネラルマネジャーの高橋信太郎氏である。

 求職者が「在宅勤務」や「工場長」といった任意のキーワードを検索すると、それにマッチする求人情報が検索結果として表示される。求人企業はIndeedに無料登録し、募集職種(ジョブディスクリプション)のページに募集条件や求める人材などの情報を書き込むだけ。情報に含まれるキーワードが求職者の求めるものとマッチすればするほど、検索上位に表示されるという仕組み。

 検索サービスなので、企業があらかじめ用意しているホームページなども表示されるし、より上位に掲載されるようにしたい場合は成果報酬型の有料版も利用できる。「世界60カ国以上でサービスを展開しており、毎月2億人以上が利用しています。この分野では世界No.1の利用者数を誇ります」(高橋氏)。

※世界の求人webサービス訪問数第1位
2018年3月comScore社調べ

  • 1
  • 2