役員会議から始める「経営課題としての働き方改革」

組織、個人、あるいは現場スタッフの「働き方改革」については多くの実践情報で溢れているが、事業をドライブする幹部社員の視座はどうだろうか? ビジネスエグゼクティブ自身の働き方改革を今回は考えてみる。
「常に業績の推移をウォッチして、事業判断を下しています」と語るとき、その実態はどうであろうか。財務部門に数週間前に依頼した資料で課題の検討が進んでいないだろうか。グローバルに事業展開していたり、関連会社を数十社以上抱えるヘッドクォーターで、各社から挙がってくるまちまちの財務指標やフォームで業績を比較検討し、経営判断を下していないだろうか。
“本当のデータ経営”とは、「意思決定が求められるその瞬間の最新データでもって、統一された客観指標によって目視分析できること」と定義してみると、今度は全く違った風景が見えてくる。特に重要となるのがファイナンス部門との緊密なデータ連携の実践だ。

例えばサプライチェーンのトラブルによる生産の遅延が、明日の業績にどう影響するか、幹部社員による経営判断が待たれるその時に経験や勘、過去データでなく“今”に基づいて判断をくだすこと。あるいは全世界での商品ラインアップを機動的に整えていかねばならないSPA(製造小売業)の商品会議で安易なトレンド予測に流されず、為替の変動を考慮したリアルな利益率に基づく判断をくだすこと。これらは当たり前のように実行されるべきだが、実際には時差、誤差、曖昧、疑問が残るままでの経営判断が頻発しているのが日本の現状である。

こうした背景を踏まえ日本マイクロソフトでは“ファイナンス部門と連携したデータ活用戦略”を実現するセミナーを9月26日に品川本社で再び開催する。「可視化、仮説、検証、予測」の4ステップに一切妥協を許さないビジネスエグゼクティブのための働き方改革セミナーである。これは本年5月に開催した同セミナーの大反響を受け、追加開催が決定したものだ。第一部は日本マイクロソフトの7年間の取り組み・実践例を幅広く紹介した上で、第二部では同じくグローバル企業としてのマイクロソフトが実践する意思決定プロセスの紹介と実装方法のヒントを、第三部では国内企業のデータ活用実践事例、AI 活用事例を豊富に交えて学びを定着化させる三部構成である。

憎いのは同社オフィスツアーを丸ごと体験できることだ。自らの目と耳で「働きがいのある会社ランキング」1位(2016年)に輝いたエクセレントカンパニーを体感できる。ビジネスエグゼクティブのための稀有な働き方改革セミナーに、是非、参加応募されてみてはいかがだろうか?

セミナー概要

「経営課題としての働き方改革」

主 催:
日本マイクロソフト
日 時:
2018年9月26日(水) 14:00-17:00(13:50受付開始)
場 所:
定 員:
100名 事前申込制/無料
対象者:
課長職以上

※本セミナーは日本マイクロソフトが主催し、日経BP社へ運営業務の一部を委託しています。

セミナープログラム

14:00-14:40

26%生産性向上を実現した日本マイクロソフトの次なる挑戦

日本マイクロソフトが、働き方改革を経営戦略に位置付けてから約7年が経過。苦労を乗り越え、大きな効果が見えてきました。鍵は、社員一人一人が活躍し力を発揮することを目的とした、カルチャー、制度、IT環境整備など統合的な観点での改革推進。本講演ではこれらに加え、働き方ビッグデータを元に、働き方を見える化しAIから示唆を得る動きや、意思決定の質とスピードを高めるための、データアナリティクス活用の成果から得られた学びをお伝えします。

●日本マイクロソフト株式会社 マーケティング&オペレーションズ
 Microsoft 365ビジネス本部 製品マーケティング部 部長 石田 圭志

日本マイクロソフト株式会社 マーケティング&オペレーションズ Microsoft 365ビジネス本部 製品マーケティング部 部長 石田 圭志


14:50-15:20

データに基づく戦略策定と意思決定プロセス

マイクロソフトでは、「グローバルでいかに意思決定を早く行うか」というチャレンジを10年以上続けています。全体像が見えない、議論ができない、決められない、という従来の課題を、マネジメント手法とICT活用の両輪で大きく改善。データ集計に負荷をかけるのではなく、組織を超えて質の高いスピーディーな意思決定を行うための取り組みを、最新のICT、AI活用含めてご紹介します。

●日本マイクロソフト株式会社 管理本部 エンタープライズビジネス統轄事業部
 グループコントローラー 村上 健志

日本マイクロソフト株式会社 管理本部 エンタープライズビジネス統轄事業部 グループコントローラー 村上 健志


15:20-15:50

お客様事例のご紹介

データアナリティクスは、今や活躍する働き方を実践する上で、必要不可欠な取り組みとなりつつあります。営業活動、グローバルでの経営の意思決定、需要予測・・等、最新の取り組みを進めている企業の事例をご紹介します。

●日本航空株式会社 国際路線事業本部 国際路線事業部
 企画グループ 主任 金田 晃 様

日本航空株式会社 国際路線事業本部 国際路線事業部 企画グループ 主任 金田 晃 様


16:00-17:00

オフィスツアー

日本マイクロソフト品川本社の働き方ご案内(品川ツアー)
日本マイクロソフト社員の働き方を実際の環境をご覧いただきながら紹介します。

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

「経営課題としての働き方改革」セミナー 5月9日開催

参加応募はこちら

「経営課題としての働き方改革」セミナー 5月9日開催

参加応募はこちら

「経営課題としての働き方改革」セミナー 5月9日開催

参加応募はこちら