――変わるBtoCビジネス 成功企業だけが知る秘策とは?「顧客優位の時代」の経営戦略

ビジネスのデジタル化が進む中、加速度的に成長する企業と、そうでない企業との差が開きつつある。要因の1つが、消費者と企業の間の「情報のギャップ」を的確に把握できていないことだ。消費者が情報武装を強化する一方、企業は従来型の営業活動に終始しており、顧客が本当に欲しいモノやコトを提供できていない――。そこで今回は、セールスフォース・ドットコム会長・小出 伸一氏が、先進的な取り組みで成長する企業と対談。これからのBtoCビジネスの要点について考察する。

小出 伸一氏

VOL.1 Introduction 既存のやり方で成長は望めない 商品軸から顧客軸へ、発想を転換せよ

株式会社セールスフォース・ドットコム
代表取締役会長 兼 社長
小出 伸一氏

日本IBMへ入社し、2002年に取締役に就任。2005年から日本テレコム(現:ソフトバンクモバイル)で代表取締役副社長、2007年から日本HPの代表取締役社長執行役員などを歴任。その後2014年から現職。

現在は、単なる商品・サービスの提供にとどまらず、「個客」のニーズに合致した体験を提供し続けなければ、企業が生き残っていくことは難しい。マインドセットの抜本的変革すら迫られるBtoCビジネスの現在と、持続的成長を実現するための要点について、セールスフォース・ドットコム(以下、セールスフォース)代表取締役会長 兼 社長、小出 伸一氏に聞いた。

PAGE TOP

関連リンク

お問い合わせ

株式会社セールスフォース・ドットコム 東京オフィス

TEL:03-4222-1000
〒100-7012 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー12階