地元のモノを地元で生産。純粋な地場産品をお礼品にすることで地域経済への貢献度を高める

お礼品業者の想いを知り
寄付された先が見えれば
地域への愛着がさらに増す

 イクラを提供する事業者の話のように、お礼品の裏側にあるストーリーを知れば、より応援したい気持ちが生まれ、結果として継続的にその地域と関係を結ぶことにつながる。そのため『さとふる』では、生産事業者がどういった気持ちでモノづくりをしているか、自治体がふるさと納税を通じてどんな取り組みをしているかなどの情報を発信する取り組みにも着手。寄付したお金がその地域の活性化にどう役立っているかを見える化するのが狙いだ。

 「確定申告を行わなくても寄付金控除を受けられる“ワンストップ特例制度”の開始など、ふるさと納税は年々、手軽に利用できるようになっています。ぜひ、大勢の人に故郷や縁のある地域を応援してほしいですね。また、寄付だけで終わらずに、ぜひ実際にその土地へと足を運んでみてください」(青木氏)

お礼品の加工・生産を地域内・地域外で行った場合の波及効果の比較

今回の共同研究によると、お礼品の加工・生産を全て地域内で行う場合、お礼品の加工・生産を全て地域外で行う場合と比べると、大きく差が生じることが数値的にも判明した。特に漁業販売になると約6倍もの地域経済効果の差が表れた。
出所:ふるさと納税に係る地域経済効果分析 ※地域貢献率:地域雇用者所得/お礼品調達額

さとふる

お問い合せ

さとふる

株式会社さとふる
〒104-0031 東京都中央区京橋2-2-1
京橋エドグラン 13階
https://www.satofull.jp/

  • 1
  • 2