RPA/ビジネスAIカンファレンス 2018 Fall 業務自動化の限界を超えるRPA Review 富士フイルムホールディングス/ UiPath 富士フイルムグループの取り組みに学ぶ戦略的RPA活用を支える3つの要件 単純作業の自動化のみならず、複雑・広範な業務プロセスの自動化を目指す日本型のRPA活用に、世界が注目している。この実現を支えるソリューションとして、国内550社以上に採用されているのが、RPAプラットフォーム「UiPath」だ。富士フイルムグループは、このUiPathをデジタル変革を推進する上での重要なプラットフォームに位置付け、AIとの連携を見据えた業務の自動化を加速している。

多様で複雑な業務を自動化 日本型RPAに世界が注目

より広範な業務の自動化をAI連携によって加速

RPAをプラットフォームにデジタルビジネスの基盤を実現