機能性と審美性を
両立する時計

グランドセイコー
エレガンスコレクション

SBGM235

大胆なダイヤルの彫り模様は、グランドセイコーの「G」と「S」、さらには第二精工舎の「S」ロゴをあしらったもの。24時間表示の書体も視認性を考慮してデザイン。使いやすさと美しさの両輪を強く意識している。
自動巻き、SSケース、径39.5㎜、55万円、数量限定1000本

 グランドセイコー流のドレススタイルの解釈には、もう一つの流儀がある。「SBGM235」はビジネスパーソンの必須機構となりつつあるGMTをベースに、端正なラウンドケースに収めることでドレッシーにまとめた。今年で20周年を迎えた9Sメカニカルムーブメントを搭載し、ダイヤルの彫り模様などのディテールにも心血を注いでいる。こういった丁寧な作り込みによって華やかさが生まれ、GMT搭載の実用的なビジネスウオッチでありながら、オフィスからそのまま夜のパーティーへと直行できるほどのドレッシーさを手に入れたのだ。

 そもそもフォーマルなパーティーでは、ブラックタイやブラックスーツのようなドレスコードが存在する。そしてその際に着用するドレスウオッチにも、“二針ノンデイト、白ダイヤル、ブラックストラップ”のような明確なルールがあった。しかし価値観の多様化と共にフォーマルスタイルの自由度が拡大してきたのと同様に、ドレスウオッチのルールも少しずつ変化しており、むしろ時計で個性を発揮するくらいがちょうどよいとされる。

 グランドセイコーが提案しているドレスウオッチは、単にシンプルで品格があるということではなく、優雅なフォルムや使い勝手の良さにも、さり気なく気を配っている。その結果、多くの言葉を尽くさなくても心に美しく響く、“感性的な魅力”を加えることに成功している。それはグランドセイコーにとって、新たな武器となることだろう。

問い合わせ先/セイコーウオッチ お客様相談室 グランドセイコー専用ダイヤル ☎ 0120-302-617