ビジネスの味方になる
時計16ブランド

文=広田雅将、篠田哲生 写真=岩崎寛 スタイリング=満園正明

watch

HUBLOT

クラシック・フュージョン
チタニウム グリーン

今年のトレンドカラーの一つであるグリーンをダイヤルに採用。しかも深みのある色調にしたため、シックな雰囲気に仕上げている。ストラップも同系色にしているが、ラバーストラップの上にアリゲーターを貼り合わせているため、高級感はありつつ、軽やかに着けられる。ケース素材はチタン。ケースのエッジをポリッシュ仕上げにして品ある雰囲気に。
自動巻き、Tiケース、径42㎜、77万円

時計の革命者を着けこなせ

 今でこそ、時計のデザインは多様化しているが、このような状況になったのは、ここ10年ほどである。歴史と伝統を重んじる時計業界では保守的な考え方が強く、素材はステンレススティールやゴールドが主流で、ダイヤルカラーも白、黒、グレーくらいだった。そういった流れを断ち切ったのが「ウブロ」である。彼らはデザインや素材、カラーリングなど、あらゆる要素を融合させる“フュージョン”というコンセプトを作り上げた。そこから生まれたのが「ビッグ・バン」であり、それ以降時計のデザインは自由度を増す。ダイヤルは華やかになり、様々な素材を組み合わせた立体的な時計が生まれたのだった。なぜこのようなことが可能だったのか? それはスマートフォンの普及と大きな関係がある。携帯電話が世の中に浸透すればするほど、時間を見る道具としての時計の存在意義は薄まる。その一方で、ステータスシンボルとしての価値が高まったのだ。現代社会は、その傾向をさらに強めつつある。ウブロは現代の時計文化を作った革命者であり、トップランナーである。この時計を着けることは、そういった精神性を好むという証となる。

問い合わせ先/LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ ☎︎03-5635-7055
掲載商品の価格は、すべて税別で表示しています。
素材の略称:SS=ステンレススチール、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、
RG=ローズゴールドorレッドゴールド、YG=イエローゴールド、Ti=チタン
PC向けページを見る