Challenging Company 02/06

株式会社タイブレイク 全ては「笑顔の輪を拡げる」ため
店舗経営を軸に人材事業へ拡大

ミニストップのFC経営をはじめ
人材関連のトータルサポートを行う

お客様、従業員、会社は平等。
みんなが笑顔になれるように!

代表取締役 
大浦 理広

お客様に奉仕するために
従業員が無理をしてはダメ

東京都内に8店舗のミニストップをFC経営。さらに、人材関連事業やEC事業、コンテンツビジネスといった新規事業をスタートさせているタイブレイク。同社が企業理念に掲げるのは「笑顔の輪を拡げる」ことだ。

お客様の笑顔、従業員の笑顔、地域の笑顔、取引先様・関係先様の笑顔、会社の笑顔。この5つの笑顔を全て平等に置くことが、当社の経営の特徴です。お客様に何かを奉仕するためにスタッフが残業しなくてはいけないとしたら、それは私たちの理念に反するので行いません」(代表取締役・大浦理広氏)

店舗で何らかの不具合が生じたとしても、原則として定時に帰宅する。しかし、店長が次回からそうならないための改善策を懸命に講じるので、問題はないという。小売業の多くは「お客様第一主義」。お客様の笑顔のために従業員が耐えるべきという考え方が主流で、五者平等の笑顔を目指す同社の方針は新鮮だ。

「『笑顔の輪を拡げたい』という理念は起業する以前から持っていました。2003年に個人商店として最初の店を開業し、2年後には会社を設立して2007年に2号店を開店。その後も続々と店舗を開店しました。店舗が増えれば関わる人も増えていくので、当然笑顔の輪が拡がります。もし、私の方針が理念から外れていて、笑顔のバランスが崩れるようであれば、遠慮なく意見してくれとスタッフにも言っています」

出店に関しては、本部の出店候補地の中からあえて競合店の多い地域を選んできたという。

「1号店の新橋1丁目店を開店した時から一貫しています。競合店が多いことで競争が激しいのは事実ですが、商圏は確実にあります。他店と差異化できれば、勝ち残りが可能なのです。もし、コンビニのない地域に出店して集客に成功しても、ライバルが攻めてくるのは間違いない。同じ競争をするなら、後発で参入して他店からお客さんを奪うほうが、私は勝ち目があると考えました」

左/代表の大浦氏はスタッフと話しやすい関係を築くため、店舗やオフィスで積極的にコミュニケーションを図っている。
右/「やる気人事制度」を活用して、仲間と新しいビジネスを創ることも可能。

スタッフを増やすことで
サービスの質が高まる

コンビニの場合、集客のカギを握るのは立地と品ぞろえ。特に品ぞろえは店舗運営管理者のセンスがものをいう。

本部が投入する新アイテムは毎週200を超える。その中で何を置き、何を置かないか、全ては店舗運営管理者が決定する。

「きめ細かな品ぞろえを維持するには、人も必要です。当社は1店舗当たり5~6人の社員を置いていますが、これは業界トップでしょう。人を増やせば当然コストもかかりますが、その分、他店にはないきめ細やかなサービスを提供することが可能です。また、コスト分も回収できます。スタッフも少人数では作業が増えて疲弊してしまうので、多いほうが助かります。結果的に笑顔が拡がるのです」

2018年には派遣事業、紹介事業の認可を取得し人材関連事業をスタート。求職サイト運営や教育セミナーの開催、さらにはコンテンツビジネスへと拡張させており、笑顔の輪を拡げる意向だ。コンビニ事業との相乗効果を狙い、2017年12月に開始したEC事業も好調だ。

新規事業を始めたので、採用は重要な項目です。しかし、会社の方針ありきで採用するのではなく、『この人がいれば〇〇ができる』という逆転の発想が原則。1人の新人が入ることで、新規ビジネスに発展することもあり得ますから。将来起業を目指している人を、会社としてサポートすることも可能かもしれませんね」

採用に際しては、大浦氏自らが面接し、少なくとも2時間はじっくり話を聞く。個人の可能性を広げるのが基本方針だけに、その人の目指すことや良い部分を丁寧に見極め採用を進めるのだ。まさに笑顔の輪を拡げる会社らしい採用方法だといえる。

ABOUT COMPANY

所在地
東京都港区新橋1-18-1
※事業所(東京都に8カ所)
沿革
2003年 ミニストップ新橋1丁目店(1号店)開店
2005年 「タイブレイク」設立
2006年 有限会社から株式会社へ組織変更
2010年 ミニストップ神田美土代町店(4号店)開店
2012年 ミニストップ上野池之端店(6号店)開店
2016年 1号店リニューアルオープン
2017年 人材関連事業を始動、EC事業を始動
2018年 ミニストップ足立綾瀬1丁目店(7号店)開店、
派遣事業・紹介事業について厚生労働大臣 許可認定
資本金
3200万円
売上高
12億6991万円(2017年12月期)
従業員数
102人(2018年11月現在)
URL
http://tiebreak.co.jp/
 
有料職業紹介事業 13-ユ-310047
労働者派遣事業 派13-312715

RECRUIT DATA (2018年4月度実績)

募集職種
総合職(店舗運営管理業務全般)、人材コーディネーター(企画営業職/コンテンツクリエイター)、オフィスアシスタント(事務職)
給与・賞与
初任給:22万5000円以上
※基礎研修期間(6~12カ月間)は20万5000円以上
※別途毎月の職務業績給
諸手当
職位手当、職務業績給、時間外手当(超過勤務手当)、深夜精勤手当、通勤手当(全額)など
休日休暇
週休2日制(輪番で週3日のお休みの場合も)、夏季休暇、冬期休暇、産前産後休暇、育児休暇、冠婚休暇、有給休暇など
勤務地
東京都23区の各事業所
※転居を伴う転勤なし
勤務時間
営業時間内で1日平均8時間のシフト制
※1カ月単位の変形労働時間制を採用
※オフィス勤務時についてはフレックス制・テレワーク制の適用あり
福利厚生
社会保険完備、総合福利厚生サービス(ベネフィットステーション)など

いよいよ人材ビジネスへの関わりがスタート
将来は分社化できるまで成長させていきたい

人材事業部 人材コーディネーター 企画営業・マーケティング職 
吉川 雄氣

学生時代は総合政策学部でマーケティング関連を学び、その知見が生かせる環境を求めて当社を志望しました。店舗運営全般を経験しながらも、1年目から新規事業の開発にも携わっています。実は入社前から新しい人材ビジネスをやるという話を聞いていたので「ぜひやりたい!」と手を挙げたのです。これは「やる気人事制度」を活用したチャレンジで“楽しく働く”という当社らしさをカタチにしたものです。人材ビジネスは始まったばかりですが、将来は分社化できるまで成長させていきたいですね。

CAREERADVISERの視点

ユニークな人事制度で
「やりたい!」を形に
社員の「やりたい」を尊重するやる気人事制度にも力を入れている。自らが企画した販売戦略が採用されたり、新規ビジネスの事業計画を提案した先輩もいる。マーケティングや企画など 、自分の考えた戦略が大当たりする瞬間には大きなやりがいを感じられる会社である。

Challenging Company 若くして責任ある
ポジションが経験できる企業

内定を近づける、就活支援サービス career ticket 年間3,000名以上支援 内定率39%UP実績 マンツーマン 詳しく見てみる