オムニチャネルと人工知能で進化する新しい食品ビジネス

日本の健康・医療に関わるヘルスケア業界の全てのプレーヤーは、大きな変化を余儀なくされている。人工知能やIoTは人々の暮らしの中に浸透しつつある。近未来の医療では、この先進テクノロジーの活用により、医師の診断をサポートし、より的確なアドバイスを行い、未病の発見や、症状悪化を防ぐなど、データ分析が診療現場で貢献する時代がすぐそこまでやってきている。医療、健康、介護におけるデータの重要性が高まるなか、IBMコグニティブ・コンピューティングの知見や、データ活用のノウハウなどを活かし、人々の暮らしや医療はどう変わるのか、変革の事例を考察する。