満足率96.4%✳︎に納得!*2019年2月会員アンケート調べビールの魅力が再発見できる 誰もがおいしく注げることにこだわっているのがいいね! “俺流”うまい!の夢の生ビール生活を満喫中!キリン史上初会員制生ビールサービスキリンホームタップ歯に衣着せぬ石原良純氏が絶賛!

提供:キリンビール株式会社

話題の「キリンホームタップ」プレ会員登録はこちら>>>

自宅に生ビールが届いて、それを“俺”専用ビールサーバーから注いで飲む。
ビール好きなら誰もが憧れる理想の家飲みを簡単にしかもうまくできる。
そんな定額サービスを気軽に楽しめるのが、キリンビールの「キリンホームタップ」だ。
ビールやお酒をこよなく愛する石原良純氏も、これには興味津々。
自身の体験をもとに、驚きのしくみや味わいについて熱く語っていただいた。

検証 96.4%*を誇るキリンビール史上初会員制 生ビールサービスとは?*2019年2月 会員アンケート調べ検証 96.4%*を誇るキリンビール史上初会員制 生ビールサービスとは?*2019年2月 会員アンケート調べ

鮮度が命のビール。ビール本来のおいしさを最大限活かすしくみをチェック。

俳優・気象予報士石原良純 1962年神奈川県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。年間200フライトで全国を駆け巡り、TV、舞台、映画、講演等幅広く活躍。

良純‘s Eye「会員制生ビールサービス」とは一体どんなサービスなんだ?良純‘s Eye「会員制生ビールサービス」とは一体どんなサービスなんだ?

つくりたての生ビールのおいしさが月2回届く、キリンビール史上初のサブスクリプションサービス。2015年に一部エリア、2017年より全国で本格サービスを開始して以来申し込みが殺到、会員満足率も96.4%(*)と非常に高いのが特長だ。「ネットでも評判だったから、すごく気になってたんですよ。できたてビールのうまさが自宅に届いて専用サーバーで味わうっていうのは、ビール好きの夢だよね」(石原氏)。
*2019年2月 会員アンケート調べ

良純‘s Eye 工場つくりたてのビールのおいしさを自宅へお届け。届け方にもこだわる理由は? 良純‘s Eye 工場つくりたてのビールのおいしさを自宅へお届け。届け方にもこだわる理由は?

キリンビールの社員なら新人時代に工場研修を行うので誰もが知ってる工場のつくりたてビールのおいしさ。それをお客様とも共有したいとの思いから生まれたのが、「キリンホームタップ」だ。鮮度が命のビールだからこそ、おいしさをどう届けるかにもこだわった。たとえば、ペットボトルに特殊コーティング技術を施すなど、ビールを酸素から守る工夫が満載。「おいしく飲んでもらうための配慮だね」と石原氏もナットク!

良純‘s Eye 専用ビールサーバー? さっそくチェック!!良純‘s Eye 専用ビールサーバー? さっそくチェック!!

オリジナルの専用ビールサーバーは、「誰でも簡単に注げる」ことにこだわって開発された。タップを手前に倒せばビール液が、奥に押し込むと泡が出るところも、まさに「注いでいる」という実感を味わえる。「ビールサーバーって銀色でいかつい機械をイメージしてたんだけど、これは白くて丸くて温かみがある。キッチンやリビングにもしっくりなじむね」(石原氏)

良純‘s Eye「キリンホームタップ」なら季節ごとの期間限定ビールも楽しめる!良純‘s Eye「キリンホームタップ」なら季節ごとの期間限定ビールも楽しめる!

「キリンホームタップ」の定番ビールは、「一番搾り プレミアム」。ギフトや一部の飲食店でしか飲めない特別な銘柄だ。「グランドキリン」や「スプリングバレーブルワリー オンザクラウド」などのクラフトビールを期間限定で楽しむこともできる。「季節に合わせて色んな味を試してみたいね」(石原氏)

※現在販売中ではない商品も含まれます。
※キリンホームタップにおける期間限定ビールです。一部店舗、通販でもお取り扱いがある商品です。
※期間限定ビールには、加熱処理をしている生ビールではない商品も含まれています。

注ぐ楽しさも器選びの喜びも。新しい生ビール体験に夢中!注ぐ楽しさも器選びの喜びも。新しい生ビール体験に夢中!
新しいビール体験「キリンホームタップ」詳しくはこちら!

大のお酒好きを自認する石原良純氏。地方番組のレギュラー出演やロケで全国を飛び回る合間にも各地の地酒を楽しみ、フライト中もシャンパンやワインを嗜む。「でもいちばんよく飲むのは、空港ラウンジの生ビールですね。自分でビールサーバーから注いで飲めるのがいい」やっぱり、ビールは注ぎたてがおいしいと感じるようだ。

そんな石原氏が、最近は“家飲み”にハマッているという。その理由は、「キリンホームタップ」にあった。

これは、工場つくりたてのビールのおいしさが自宅に届く、キリンビール史上初の会員制生ビールサービス。定額料金で、いつでも好きな時に本格的な生ビールを味わえるとあって、ビール好きにはたまらない、夢のような新感覚サービスだ。

「番組のロケで飲んだ、ビール工場のつくりたてのビールは、本当にうまかった。その感動を自宅でも味わえるというのはうれしいですね」と石原氏。では、実際に専用ビールサーバーを使ってみた印象はどうだったのだろうか。

「専用ビールサーバーのつるんとした外観にびっくり。これなら家に置いても違和感がない。それでいて、タップを倒せば誰でも簡単においしいビールや泡が注げるから、よくできてるなあと感心しました」。

期待に胸を躍らせて注いだ最初の一杯。一口飲んで、「これは……?!」と驚いた。「いつもの生ビールの感覚で、ジョッキに注いで飲んでみたけど、なんか違う。これは生ビールよりも、もっと格式の高い酒を思わせる上質な味わい。グイッとのどごしで楽しむビールもうまいけど、このビールはじっくりと味わいながら飲みたいと感じましたね」。

そこで、2杯目からはグラスにもこだわったという。お酒を飲むだけでなく、酒器集めも趣味だという石原氏は、グラスのコレクションも相当なもの。その中から「キリンホームタップ」の生ビールにふさわしい杯として選んだのは、小ぶりで背の低い厚口のタンブラーだ。

「注ぎたてのおいしさを飲むたびごとに楽しみたいから、器は小さめで。ゆっくり味わってもぬるくならないよう、厚手のタンブラーがいいかなと。ビールってグラスによって味わいが変わるんですよ。『キリンホームタップ』ではいろいろなビールを選べるので、飲み比べが楽しめるだけでなく、それぞれに合うグラスを見つけていく喜びもありそうです」。

極上のビールのおいしさを、どんなグラスにどう注いで味わうか。そうした試行錯誤も含めて、新しい生ビール体験をとことん満喫しているようだ。

使い方は簡単、味わいは達人級!専用ビールサーバーで“俺流”うまい!が見つかる