日経クロストレンド Special

身近な「糖」を意識して
毎日の食事に賢い選択を

11月14日は世界糖尿病デー。これを機に、「食による血糖対策」を考えるウェビナーが開催された。糖尿病という病気の怖さから、その予防と治療の最前線、糖質や血糖値を意識した食生活のヒントまで、各界の専門家たちによる基調講演やパネルディスカッションの様子をお届けする。

01

日本人は糖尿病リスクが高い?
その予防と対策を知る

糖質オフ・ゼロ系の食品市場が急拡大している。その背景には、肥満や糖尿病を予防したいというニーズもあるだろう。だが一方で、いざ糖尿病の疑いがあると診断されても、症状がないために放置されてしまうケースは多いという。基調講演では、そんな糖尿病のリスクについて、国立国際医療研究センター 糖尿病情報センター長の大杉満氏が解説。「無症状の裏で、視力を低下させる網膜症や腎症、神経障害といった合併症を進行させてしまうのが、糖尿病の厄介なところ。気づいたときには、深刻な状態になっていることが少なくありません」。

糖尿病とは、インスリンの不足や機能低下により、高血糖が慢性的に続く病気だ。大杉氏によると、日本では6人に1人(※)が罹患する可能性があり、その主な原因は肥満や高齢による耐糖能異常(糖尿病になっていないが、血糖値が健常者より高い状態)にあるといわれる。「とくに日本人の場合は、肥満などに応じてインスリンを分泌する能力が欧米人より低く、軽度の肥満でも必要量を補えずに血糖値が上がってしまう人が多いのです」。

  • ※厚生労働省:2016年「国民健康・栄養調査」より

まさに国民病ともいえる糖尿病。それだけに、日本では早くから予防の取り組みが行われている。その一つが、メタボ健診(特定健康診査・特定保健指導)だ。「内臓脂肪の蓄積を把握し、是正を図ることによって糖尿病や高血圧症、糖質異常症などの生活習慣病予防に役立てられています」。

また、糖尿病の治療薬といえばインスリン製剤が有名だが、これが発見されたのは今から100年前。その後医学の発展により、様々な注射薬や内服薬が開発された。「なかでも注射製剤の進化は目覚ましく、現在、日本ではほぼ無痛のペン型タイプが主流となっています。将来的には血糖測定器と連動したウェアラブルタイプのインスリンポンプも実用化される見通しです」。

インスリンを発見したカナダのバンティング博士の誕生日でもある11月14日は、「世界糖尿病デー」に定められ、世界中で様々な糖尿病啓発イベントが行われる。「糖尿病の予防には、健康的な食事と適度な運動が一番。世界糖尿病デーや本ウェビナーを機に、糖尿病の危険を正しく理解し、日頃の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか」と最後に大杉氏は提言した。

大杉 満氏
国立国際医療研究センター
糖尿病情報センター長
大杉 満
糖尿病の予防 こんな人は糖尿病に気をつけて!
糖尿病の予防 こんな人は糖尿病に気をつけて!
健康診断などで血糖値やHbA1cの値がやや高く出た人は、日頃の食生活や運動、飲酒・喫煙などの習慣を見直してみよう。運動量を増やし、適正な体重を維持すれば、糖尿病の発症リスクを抑えることができる。
※HbA1c(ヘモグロビンエーワンシ―)は糖尿病の指標
02

Withコロナの今こそ正したい、
バランスの取れた毎日の食生活

続くパネルディスカッションでは、「糖質・血糖値を意識した食生活」をテーマに議論が行われた。登壇者は管理栄養士の浅野まみこ氏、フリーアナウンサーの木佐彩子氏、基調講演でも登壇した大杉氏。日経BP 総合研究所の西沢邦浩の進行のもと、糖質を減らす食習慣やコロナ禍ならではの注意点にも着目し、糖尿病の予防につながる食のあり方を考察する。

糖尿病とはどんな病気で、何に気をつければいいのか。改めて教えてください。

糖尿病は高血糖状態が続くことを指し、放置しておくと深刻な合併症を引き起こす病気です。もし悪い数値が出たら、食習慣をはじめ生活全般の改善を心がけましょう。

実は友人のお父様が糖尿病で、今人工透析を受けているんです。そのせいで、老後の楽しみであった旅行にも行けないんだと。人生を豊かに過ごすためにも、糖尿病は放っておいちゃいけない病気なんだなと痛感しました。

糖尿病は生活習慣病といわれる通り、日頃の食生活に気をつけるだけで防ぐこともコントロールすることもできます。まずは食事バランスを考えることから始めたいですね。

ここ1、2年のコロナ禍で外食の機会が減るなど、食生活も変化しています。

この状況も、食事バランスの崩れに影響していますね。外食をしなくなったことで、相手が食べているものに合わせて量を調整するという習慣が失われ、また他人の目を気にせずに好きなものを食べてしまうケースも増えています。とくに、丼ものや麺類などの炭水化物単品ばかりで済ませているような人は、食後の血糖値も上がりやすく、要注意です。

コロナ禍で飲みに行く回数が減って血糖値や血圧が正常になったという人もいる一方、もし糖尿病患者が新型コロナウイルス感染症に感染すると、重症化しやすいというデータもあります。

そういう意味でも、これまで以上に生活習慣を正す必要がありそうですね。

浅野 まみこ氏
管理栄養士
浅野 まみこ
木佐 彩子氏
フリーアナウンサー
木佐 彩子

食事は習慣化されているものなので、意識しないとなかなか変えることができません。大切なのは、自分の食事を客観視してみること。また、食品を買う際には成分や原材料の表示にも目を向けてみましょう。食品表示は、原材料に占める重量割合の多いものから記載されているので、「意外と糖質が多いな」「こんな種類の糖質が入っているんだ」といった発見があります。

なるほど。パッケージに「糖質オフ」って書いてあればそれで安心して、あとはカロリー表記しか見ていませんでした。ただ、自分で料理をすると、例えば、肉じゃがはこれだけ砂糖を使うんだということはわかる。ならば、外食の際に、家で作るものより甘い肉じゃがだったら、もっと多くの砂糖が入っているんだろうな、というのは実感としてありますよね。

その感覚はとても大切です。レストランや市販の調理済み製品は味が一定なので、自分の料理と比較しやすい。それを目安に調整していくといいでしょう。

糖尿病といえば、気になるのはやはり糖質。糖にはどんな種類があるのでしょうか。

糖質というのは、炭水化物から食物繊維を除いたもので、ブドウ糖や果糖、でんぷんなどがよく知られています。ブドウ糖や果糖は「単糖類」で、この2つがくっつくと「二糖類」の砂糖に、また単糖類がいくつもつながるとでんぷんのような「多糖類」となります。このうち単糖類と二糖類は消化吸収が速く、血糖値を上げやすいのが特徴です。市販ドリンクによく使われる「果糖ブドウ糖液糖」などはまさにその代表で、取りすぎには注意したいものです。

私はよくジューサーでフルーツジュースを作るんですが、果物の甘みは何になるのでしょう。

ブドウ糖や果糖になります。ただし果物には食物繊維も入っているので、一緒に取ることで糖の吸収は抑えられます。

いつもジュースだけ飲んで搾りカスは捨てちゃっていましたが、そのカスが大事だったんですね。これからは、なるべく生のまま食べるようにします。

カスが重要というのは、白米やパンも同じです。白く精製されたものは、食物繊維などが取り除かれてしまっているため、玄米や全粒粉なども賢く採り入れていく必要があります。

そうして賢い選択を積み重ねていくことで、余分な糖は抑えられます。ぜひ、できることから始めてみてください。

大杉 満氏
国立国際医療研究センター
糖尿病情報センター長
大杉 満
西沢 邦浩
日経BP 総合研究所
客員研究員
西沢 邦浩

江崎グリコは世界糖尿病デーの
活動に取り組んでいます

江崎グリコの創業の商品である栄養菓子「グリコ」は、人々の健康に貢献したいという創業者の想いから生まれました。私たちは食べることを楽しみ、心も体も健康でいられる社会を目指しています。その取り組みの一つとして、糖尿病を正しく知り、予防や治療の大切さを広める「世界糖尿病デー」の活動を応援しています。

その他、糖尿病に関するセミナーの実施や啓発活動、妊娠糖尿病予防の情報を掲載している子育てアプリの無償提供も行っています。当社は、これからも人々の健康に寄与する商品・サービスをお届けし続けてまいります。

木村 幸生氏
江崎グリコ株式会社 執行役員
健康事業マーケティング部
カテゴリーマネージャー兼
クロスリージョナル・ブランドリーダー
木村 幸生
pagetop