日経クロストレンドSpecial

従来のリストを一新し顧客データを有効活用 顧客の再来店と常連化を実現したマーケティング施策を探る

コストも手間もかけず集客と常連化を実現

杉本 ポイントカードの刷新ということで、dポイントを導入されたわけですね。一部店舗を除き従来の寿まいるカードは廃止にして切り替えたということですか。

萩原氏 そうです。導入当初は、金沢まいもん寿司オリジナルのdポイントカードも発行し、dポイントカードとdカードだけが対象でしたが、今はスマートフォンアプリのモバイルdポイントカードも使えるようになっています。

杉本 単にポイントを貯めたり使ったりといったことの他に、集客につなげるという面も重視されていると思いますが、具体的にはどのように活用されていますか。

萩原氏 これまで活用できていなかった顧客情報を基にした告知ができるようになりました。新規店舗のオープン時には、近隣のお客様をセグメントした形で告知できたので、かなりの集客につながりました。また、ポイント2倍デーのようなキャンペーンの提案がドコモさんから定期的にあり、キャンペーン実施期間中は来店客数が上がります。登録もモバイルでできるので、お客様の利便性も高いと思います。

杉本 集客に成功したら、次に狙うのは常連化だと思いますが、リピーター獲得についてはどのような施策を行っていますか。

萩原氏 2020年1月からファン育成プログラムという取り組みを2つ実施しています。1つは休眠復活クーポンといって、前回の来店から61日以上が経過したお客様を対象に、再来店時に5倍のポイントを進呈するというものです。もう1つはThanksクーポンといって、1カ月以内に再来店するとポイントが3倍になるというもの。来店の4日後に自動配信されますが、休眠復活クーポンで再来店されたお客様にもお送りしています。

データ連携による施策

データ連携による施策
2020年1月から3月にかけて実施したファン育成プログラム。休眠復活クーポンとThanksクーポンの2つを効果的に配信することで、定着率を高めている

杉本 それならお客様もまた来ようという気持ちになりますね。

萩原氏 はい、休眠復活クーポンで2カ月以上ぶりに来店したお客様のうちの3割が1カ月以内にまた来店されたので効果は絶大ですし、何といっても自動配信なので、人件費や手間もかかりません。現在は新型コロナウイルス感染症の影響で休止していますが、収束後には復活させたいと考えています。集客で活用できるドコモさんの媒体も豊富ですし、SNSとの連動なども検討していきたいですね。

杉本 コロナ禍で観光客が減っているからこそ、地元のお客様に的確にリーチできるというメリットは大きいと感じました。本日はありがとうございました。

エムアンドケイ

石川県金沢市八日市3丁目604番地
https://www.maimon-susi.com/
導入開始時期
dポイント:2018年12月~
ファン育成プログラム:2020年1月~
NTTドコモ担当者
NTTドコモ
北陸支社
法人営業部
津幡 純子
コロナ禍でも代替企画で集客に貢献

地元で出店する際、これまでは新聞折り込みチラシやタウン誌での告知だったそうですが、直近の新規出店の際に出店エリアでの行動履歴のある会員を対象にdポイントを活用した対話型プロモーションを実施をしたところ、大きな反響があったとのことで、私どもとしても喜んでいます。

キャンペーンやクーポンについてもご提案させていただいていますが、現状、来店を促すファン育成プログラムを休止せざるを得ない状況なので、おうちでスマイルキャンペーンといったテイクアウトを前面に打ち出したキャンペーンなどに力を入れています。

実は、私自身がプライベートでも金沢まいもん寿司さんの一ファンなので、こうしてパートナーとして選んでいただきうれしく思いますし、これからもいろいろと一緒に取り組んでいければと思っています。

dポイント概要

dポイント発行額が年間2600億円分(2020年)、保有額が1100億円分(20年12月時点)に上るdポイント。貯める/利用するという機能の他、属性や購買行動、趣味嗜好など、質と量を備えた良質なデータを基に顧客をセグメント化し、豊富な媒体を活用した的確なリーチで集客や常連化に貢献する。

dポイントの詳細はこちらから