日経XTREND SPECIAL
elvota

グローバル累計出荷量 2000億個突破 パナソニック乾電池の真価とは

2020年9月末、パナソニックが提供する乾電池のグローバルでの累計出荷数量が2000億個を突破した。国内企業初の快挙を達成したパナソニック乾電池のこれまでの軌跡とその真価に迫る。

乾電池の進化は
パナソニックの歴史と共にある

乾電池のグローバルでの累計出荷数量が日本企業としては初めて2000億個を達成したパナソニック。そんなパナソニック乾電池の歴史は、「ナショナル」ブランドを初めて採用した「角型電池式ランプ」の本格的な普及を図るため、1931年に自社生産を開始したところから始まる。1939年にはパナソニック初の海外生産拠点となる上海工場を開設し、その後も世界各国に工場を開設。海外工場進出の先駆けとして、その国々の生活の向上および産業の振興に貢献してきた。

乾電池の進化は、使用する機器と深い関わりがある。パナソニックは国際規格の下、1954年に国産初の完全金属外装の乾電池「ハイパー」を発売。主に懐中電灯やランプに使用されていた。1963年には「ハイパー」と比べて2倍長もちする「ハイトップ」を、さらに1969年には「ハイパー」の3倍長もちする「ネオハイトップ」を開発、このときの使用機器の主役はテープレコーダーやラジカセだった。さらに1995年には、大電流パワーアルカリ乾電池を開発し、普及が進むデジタル機器の特性に合わせて、乾電池も大きく進化を遂げてきたのだ。

2008年にはアルカリ乾電池「エボルタ」を発売。国内では業界初の使用推奨期限10年を実現した。2017年にはアルカリ乾電池「エボルタNEO」を発売し、従来の「エボルタ」から長もち性能を約10%アップさせるだけでなく、長期保存後の長もち性能向上などといった、さらに長もちで安心・安全な乾電池を実現している。※1

「エボルタ」(2017年からは「エボルタNEO」)シリーズは発売以来、「世界一長もちする単3形アルカリ乾電池」としてギネス世界記録TMに認定されている。※22008年から2019年の間には、「エボルタチャレンジ」という「エボルタ」「エボルタNEO」を用いたさまざまなチャレンジを毎年実施し、これまでに4個のギネス世界記録TMを樹立。世界No.1長もちの「エボルタNEO」として、その高い性能を証明し続けてきた。

※1 乾電池エボルタ単3形(LR6EJ)比、IEC基準における全放電モードの平均値より。250mA 1日1時間放電 終止電圧0.9Vなど(温度:20±2℃ 相対湿度:(55+20,55-40)%)
※2 世界一長もちする単3形アルカリ乾電池(LR6)として。ギネス世界記録TMに2017年10月2日認定。2020年9月2日再認定。IEC基準における全放電モードの平均値より。250mA 1日1時間放電 終止電圧0.9Vなど(温度:20±2℃、相対湿度:(55+20,55-40)%)

これからも追い求める
高品質で安心・安全な乾電池

今後は、乾電池需要の大きな成長が見込まれるアジア・中南米市場を中心に販売をより一層強化していくパナソニック。これらの地域では、マンガン乾電池から性能の高いアルカリ乾電池への切り替わりが期待されており、こうした市場変化を捉え、同社は日本で培ってきた高性能、高品質の「エボルタ」シリーズを中心としたアルカリ乾電池を積極的にグローバルで供給し、事業成長を目指していくという。

また、パナソニックは、持続可能な社会の実現のために、すべての生産工場においてCO2排出削減も推進。すでにコスタリカ・ベルギー・ブラジルの3工場ではCO2ゼロエミッション化を実現し、コスタリカ工場においては、2019年にコスタリカで初めての「カーボンニュートラル工場」に認証された。

1931年に乾電池の自社生産を開始して以来、70年目の2001年に1000億個、89年目の2020年に2000億個を達成してきたパナソニック。今後も、長年培ってきた技術を基に、高品質で安心・安全な乾電池をグローバルに供給し、人々のより豊かな生活の実現を目指して挑戦を続けていくだろう。

#パナソニック乾電池 2000億個突破 Twitterキャンペーン実施中

パナソニックは、乾電池グローバル累計出荷数量2000億個突破を記念して、Twitterキャンペーンを実施。(第1弾2021年2月1日~2月28日、第2弾2021年3月1日~3月31日)期間中エボルタNEOくん(@EVOLTA_ROBOT)アカウントをフォローし、キャンペーン対象投稿をリツイートすると、プライベート・ビエラなど豪華賞品が抽選で当たる。

Panasonic
https://panasonic.jp/
pagetop