日経XTREND SPECIAL
EVENT REPORT

抗酸化・抗糖化、
血糖対策、SDGs……
今、アーモンドが熱い理由

様々な健康効果に期待が寄せられるアーモンド。なかでもアーモンドミルクは、サステナビリティの観点からも注目され、その市場は年々拡大している。そうした中、5月30日の「アーモンドミルクの日」に先立って、日本経済新聞社イベント・企画ユニット主催の興味深いオンラインセミナーが開催された。医師や料理家、モデルが集い、各々の研究成果やアーモンドライフを語る内容は必見。ぜひ健康づくりの参考にしてみてほしい。

井上 浩義氏
慶応義塾大学医学部 教授
井上 浩義
髙瀬 聡子氏
ウォブクリニック中目黒 総院長
髙瀬 聡子
ワタナベ マキ氏
料理家
ワタナベ マキ
松島 花氏
モデル
松島 花
黒住 紗織
モデレーター
日経BP 総合研究所 上席研究員
黒住 紗織
藤井 省吾
モデレーター
日経BP 総合研究所 主席研究員
藤井 省吾

はじめよう、
毎日のアーモンド習慣

健康志向の高まりと共に注目を集めているアーモンド。その理由はどこにあるのか。アーモンド研究の第一人者である慶応義塾大学医学部教授の井上浩義氏に、日経BP 総合研究所の黒住紗織が聞く。

栄養価の高いことで知られているアーモンドですが、先生の注目ポイントはどこでしょうか。

まずは食物繊維の豊富さです。その含有量はサツマイモの5倍もあるため、少ない量でたくさんの食物繊維を取ることができます。また、アーモンドの55%を占める脂質にはオレイン酸が多く含まれており、良質なオイル源ともなります。

ビタミンやミネラルも気になるところです。

アーモンドに顕著に多いのは、抗酸化力の高いビタミンE。さらにカルシウム、マグネシウムなどの不足しがちなミネラルも豊富です。カリウムも多い一方、ナトリウム(塩分)をほぼ含まないので、血圧への影響の心配が減りますね。

セミナー風景

アーモンドの健康への影響についてはどんな研究報告がありますか。

アーモンドを1日42粒ずつ3週間以上摂取すると、コレステロールと血糖値、血圧が有意に下がったという報告があります。つまり、アーモンドには心血管疾患リスクを下げる働きがあることがわかりました。またナッツ類を週5回以上食べる人は、1回も食べない人よりもBMIが1.4低いとするデータもあります。この数値は、体重にすると3~4kg(日本人の標準体重の場合は2~3kg)ほどの差となります。

なるほど。でも1日42粒を食べるのは大変ですね。

これは米国のデータなので、日本人の体格に合わせて推奨されるのは、1日23~25粒です。ちょうど手のひら一杯ぐらいですね。

先生はどのようにアーモンドを召し上がっていますか。

朝はオートミールに粒アーモンドを加え、さらにアーモンドミルクをかけて食べています。また日中は、粒アーモンドを袋に入れて持ち歩き、間食に楽しんでいます。みなさんもぜひ、1日25粒のアーモンド習慣を心がけてみてください。

健康効果が期待できる成分
健康効果が期待できる成分
食物繊維やオレイン酸、ビタミンEなど健康と美容に役立つ成分に加え、日本人に不足しがちなカルシウムやマグネシウムを多く含むアーモンド

人と地球の健康にうれしい
アーモンドライフ

続くパネルディスカッションでは、皮膚科医の髙瀬聡子氏、モデルの松島花氏、料理家のワタナベマキ氏が登壇。日経BP 総合研究所の藤井省吾と共に、知られざるアーモンドの魅力やおいしい食べ方を考察した。

コロナ禍で世の中が大きく変わる中、健康への意識も高まっています。毎日の食生活で心がけていることはありますか。

私はしっかり食べて、体を動かすことを大切にしています。食べないと、心が寂しくなる気がして。でも夜9時以降は食事をしないよう気をつけています。ここ2~3年は自分で料理をすることが増え、食材や栄養にも気を遣うようになりましたね。

この数年で自炊する人は本当に増えていて、同時に、免疫力を上げるような食事や栄養面への関心も高まっているようですね。こうした日々の意識や習慣が健康につながるのだと思います。

私は遅延型アレルギーであることがわかったので、最近は和食を中心にグルテンフリーの食生活を心がけています。やってみて実感したのは、健康は毎日の食習慣がつくるということ。だからこそ、無理なく続けられる食生活を毎日コツコツ続けることが大事ですね。

セミナー風景

髙瀬先生のお考えになる健康にいい食事とはどんなものでしょうか。

分子栄養学の観点からいうと、まず体をつくる基本となるたんぱく質、細胞の膜をつくる油、化学反応の補酵素となるビタミンやミネラルをバランス良く取ることが大事です。特に油については、なるべく良いものを選びたいですね。

良質な油を持つ食材にはナッツがあります。なかでもアーモンドは、不飽和脂肪酸であるオレイン酸を多く含むほか、不足しがちな食物繊維やビタミンE、カルシウムやマグネシウム、鉄分も豊富。食事で取りきれない分は、ナッツやアーモンドで補うといいでしょう。

実は私、大のアーモンドファンなんです! でも丸ごと食べるのはちょっと苦手なので、小さく砕いてサラダやヨーグルトなどと一緒に楽しんでいます。5年前にアーモンドミルクに出合ってからは、さらに手軽においしさを楽しめるようになり、今ではプロテインやコーヒーに入れるものもすべてアーモンドミルクに置き換えています。

植物性ミルクは環境負荷が低いことから、世界的にも注目されています。アーモンドミルクへの置き換えは、身近にできるサステナブルな選択ともいえそうですね。

植物性ミルクにはカゼインや乳糖が含まれていないので、遅延型アレルギーや乳糖不耐症の方の選択肢としても有望です。アーモンドミルクに置き換えることで、体調が良くなるケースは多いと思います。

シチューやクラムチャウダーといった料理も、アーモンドミルクで作ることによって、乳糖不耐症の方などにも召し上がっていただけるようになります。私は牛乳も好きですが、アーモンドのコクが気に入っているのでいろんな料理で試していますね。おすすめはアーモンドミルク入りカレー。スパイスとの相性が非常に良く、辛み調節にも重宝します。

私は、お味噌を溶いたアーモンドミルク鍋をよく楽しんでいますね。これで豚しゃぶをすると、本当においしいです。

アーモンドミルクは、牛乳や豆乳と比べるとカロリーが低いのもポイントです。さらに、アーモンドに含まれるオレイン酸には体に悪い油を取り去る効果があり、ビタミンEには循環を促す効果も。免疫力を上げる意味でも、アーモンドミルクへの置き換えは選択肢の一つですね。

最後にみなさんへのメッセージをいただけますか。

健康的な食事は、習慣化することが大事。毎日の料理やティータイムにぜひ手軽なアーモンドミルクを活用してみてください。

アーモンドはめぐりを良くする食材です。免疫力を高めるためにも、毎日の食習慣に加えてみてはいかがでしょう。

私は体の声を聞き続けた結果、アーモンドミルクにたどり着きました。今では肌質や腸内環境の改善を実感しています。みなさんも一緒にアーモンドライフを始めてみませんか。

アーモンドと共に
すこやかな毎日を届ける

本セミナーでは、今年創立100周年を迎えた江崎グリコの執行役員、木村幸生氏からもメッセージが寄せられた。同社は、アーモンドを日本に広めた歴史を持つ。

「当社は創業以来、人々の健康に貢献するための事業を展開してまいりました。その思いは、100年を超えた今も変わりません。『すこやかな毎日、ゆたかな人生』という新パーパスのもと、Glicoグループは、人々の良質なくらしのため、高品質な素材を創意工夫することにより、『おいしさと健康』を価値として提供し続けます」

木村 幸生
江崎グリコ株式会社 執行役員
健康事業マーケティング部
カテゴリーマネージャー
木村 幸生
江崎グリコ株式会社
pagetop