特別広報企画 人工知能サミット 2018

REVIEW
AIがもたらすビジネス革命

その実現のためにいまなすべきこととは

アビームコンサルティング

AI×データで実現するデジタルトランスフォーメーション

アビームコンサルティング シニアマネージャー P&T Digital ビジネスユニット AIセクター 宍倉 剛 氏

AI×データで実現する
デジタルトランスフォーメーション

アビームコンサルティング
シニアマネージャー
P&T Digital ビジネスユニット
AIセクター

宍倉 剛

デジタル化によって既存のビジネスモデルを変革させるデジタルトランスフォーメーション(DX)。新たな挑戦を怠ると、いつの間にかサイバー空間で負けてしまうことも起こり得る。競争を勝ち抜くには、AI×データの活用が不可欠だ。

フレームワークの登場で身近になった深層学習

 ディスラプター(創造的破壊者)が台頭し、市場環境が劇的に変化している現在。今後のデジタル技術活用を占うキーワードとして、アビームコンサルティングの宍倉剛氏は「Connected Enterprise」、「AI×データ」の2つを挙げた。

 「DXの時代は有機的な企業間結合により“モノからコト”へのシフトが重要で、DXの成功にはAIが密接に関わってくる。AIの1つであるディープラーニングはフレームワークの登場によりRやPythonでのモデル作成が、今や誰でもできつつある」と解説した。

 一方で宍倉氏は「ビジネスの実用レベルを求めるにはアルゴリズム性能、学習データの質だけでなく、確かな目標設定が重要になる」と、深層学習を扱う際のポイントを示した。

AIに知性を注入するのは人 
良質な学習をさせることが肝心

 同社が携わるAIプロジェクト事例について、まず取り上げたのが画像解析技術によるインシデント発見の補助システム。同社では「異常検知」と「物体認識」を組み合わせたアルゴリズムを開発し、そのアプローチによる走行動画を用いた実際のデモ映像を披露した。

 「現在、当社内での異常検知精度は約70%に達している。数十m手前で異常検知が可能な段階に来ているが、まだ精度が低いため、画像にメタ情報をつけて記憶させるアノテーションを行うことで、教師データの作成により精度向上を図っている」

 次に紹介したのが、可読性の高いAIツールによるビジネスルールの発見。これは代理店ビジネスにおける不祥事件の予防を目的としたものだ。多次元解析ツールの「HyperCube」を用いてプロセスを自動化し、単一手法で一度に多数の知見を導出した。「最大で約30倍のリスクを発見し、不祥事件の発生確率12%のルールと対象の代理店を特定できた」。

 同社では「Evolving AI Framework」とビジョンを掲げ、日々AIフレームワークを書き換えて成長させている。これを踏まえ、宍倉氏は次のような言葉で締めくくった。

 「AIに知性を注入するのは人の仕事であり、良質な学習をさせることが肝心。そのため今後はデータサイエンティストだけでなく、問題設定と、効果的なアプローチやフレームワーク設計ができる人材が最も重要になるだろう。AI活用の本質は、AIを使いこなし新たな価値を創造し続けること。プロジェクトの経験を踏まえてフレームワークを日々更新しているアビームには、顧客企業をスムーズに成功に導くノウハウがある」。

人間の目視では限界がある業務に画像解析が活用されている

人間の目視では限界がある業務に画像解析が活用されている

画像を拡大する

このページのトップに戻る