1人1台のPC活用を視野に入れて文科省・ガイドラインに沿ったセキュリティ環境を実現

創立114年の佐々木学園 鶯谷中学・高等学校(小邑政明校長・岐阜市)では2017年度夏、校務用PC及び教育用PCを新規で一斉整備するとともに、校内無線LAN環境や教育用ネットワークの再構築、サイバー攻撃対策、セキュリティの強化を実施。これにより、インターネット分離やファイルの暗号化など、文部科学省が2017年10月に公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」(以下、ガイドライン)にほぼ沿った環境が整った。一連の整備を中心となって推進した加藤繁樹事務部長に、その目的と内容を聞いた。

事務部長として学校マネジメントに携わる

導入製品

・InterSafe IRM
・InterSafe DeviceControl
・InterSafe SecureDevice Ultimate
・InterSafe WebFilter


佐々木学園 鶯谷中学・高等学校

〒500-8053
岐阜県岐阜市鶯谷町7
uguisu.acs3.mmrs.jp/

 公立小中学校の学校長や教頭、指導主事、岐阜県教育委員会事務局など、さまざまな経験を持つ加藤部長は現在、その経験を活かし、同校の事務部長兼中学校顧問として学校経営や教育方針の検討、さらには生徒募集と、多様な業務に携わっている。なかでも、とりわけ力を注いでいるのが、教育環境の整備だ。「教育環境が生徒を育てる」という考えの下、理事長方針に則りながら今後の方向性を提案するなど、「教員の仕事を支え、生徒の主体的な活動を支援」できる教育環境の整備に努めている。

 同校の国公立大学現役合格者は55%以上(昨年度)と県下の私学ではトップレベル。加藤部長は「後期合格者も多く、『最後まで粘り強く頑張る生徒』が育っています。こんなところも、教育環境を整備してきた効果が表れているのではないでしょうか」と語る。

教育環境を一新してセキュリティ対策の強化を

 同校では数年前より私物PCの教育利用が増えており、「情報漏洩などのリスクを可能な限り排除した仕組みを構築する」ことで「教員が安心してネットワークを活用できる」という理事長方針の下、2016年3月から環境整備の検討を始めた。同年6月には佐賀県の学校教育ネットワークに対する不正アクセス事件が起こり、文部科学省から「教育情報セキュリティのための緊急提言」等が通知されたこともあり、その必要性が一層認識され、PC更新の時期に合わせて整備内容を一から見直した。まず、「情報漏洩を起こさない」仕組みを第一とし、各教室で安全に無線LANやインターネットを活用できる環境を検討。事業者からの提案を受け、「ネットワークの再構築」「教職員用PC・サーバーの新規導入」「セキュリティ確保のための仕組みの構築」を行った(下段参照)。

導入の決め手は使い勝手の良さ

 以前はデータをUSBに書き出す際に暗号化していたが、加藤部長は「使い勝手に課題があり、運用が上手く回っていなかった」と話す。今回導入した「InterSafe IRM」は、ファイル単位ですべて自動で暗号化するため、操作の負担がかからない。暗号化されたファイルは、従来のアイコン上に「鍵」マークが付与され、見た目にもわかりやすい。

 また、以前は、機能ごとに別々のセキュリティ製品を導入しており、管理が煩雑だった。今回、製品ラインナップをInterSafeシリーズに統一したことで、ファイル暗号化やUSB管理、デバイス制御などを一元管理できるようになり、運用が容易になった。

 同校のネットワークを1週間程度ストップできるのは、夏休み期間だけ。その時期に確実に導入作業を完了できるよう、ネットワーク状況の審査から構築すべきネットワークの検討、各機種の選定などまで、1年以上かけて準備を進めた。

 基本的に「すべての情報を暗号化」するという運用をめざし、既存のデータについては、教員が夏休み前に「校務系」もしくは「教材作成系」サーバーに格納するデータ分類を実施。その後は、スケジュール機能により人手をかけずにファイルを暗号化するなどの対策を図った。

最大限の対策で活用率も向上

 導入の成果については、「導入後は教職員からの不満もなく、情報漏洩対策が強化されたことで安心感が得られています。万が一、事件が起こったとしても、学校として現時点における最大限の対策を図っている、と保護者に周知できる点が何より大きい」と語る。

 校内どこでも無線LANを使えるようになったことで、授業でのPC活用率も上がり、授業の形態も変わった。

 「ガイドライン」第一章「総則」には、「セキュリティ対策を講じることは、教員及び児童生徒が、安心して学校においてICTを活用できるようにするために不可欠な条件」と記されている。同校においてもセキュリティ対策を行うことでICT活用の促進につながったようだ。

 教員がICT活用に積極的になったことで、今後想定している生徒のICT活用についても、「より円滑に進めることができるのではないかと期待している」とのこと。また、持ち出しUSBについては、「導入当初は『本数がもっと必要』『容量がもっと必要』という要望が多かったが、今は落ち着きました。校内どこでも持ち運んでPCを活用できるため、効率的に授業や校務を進めることができるようになったからでしょう」と語る。さらに、ガイドラインの正式公表前にその内容と同様の仕組みを構築できている点については、「現時点で最善のセキュリティ対策を講じた結果では」と感想を述べる。

次の目標は生徒1人1台活用

加藤繁樹

 同校では現在、生徒1人1台の情報端末活用を視野に整備内容を検討しており、将来的には学校でも家庭でも円滑に利用できるよう、情報収集や資料ダウンロード、宿題提出など、さまざまな活用がクラウド上でできる環境づくりをめざす。

 情報端末については、3年リースとして3年間で機種変更に対応することが妥当ではないかと考えている。今後は、先進的な学校事例を参照しながら、1人1台活用においても安心して利用できる仕組みをさらに模索していく予定だ。

 「現時点で考えられる最善のセキュリティ対策を構築できたが、一方で、サイバー攻撃への最新対策を学校だけで対応することは難しい。ALSIには専門事業者としていち早く最新の動向をキャッチアップしてもらい、迅速かつ継続的な製品強化を期待しています。また、今後生徒1人1台の環境を構築する際には、運用が変わることが考えられる。お互いに情報交換をしながら、適切な環境を構築していきたいと思います」と語った。

鶯谷中学・高等学校の整備内容

ネットワークの
再構築

校務管理ネットワーク(インターネット分離)、教材作成提示用ネットワーク、生徒利用ネットワークをそれぞれ構築。相互乗り入れが出来ないようにネットワークを分離

無線LAN環境を整備。3教室につき1台の無線AP(アクセスポイント)により、教員がノートPCを持ち歩いてどの教室でもネットワークを活用できる

Webフィルタリング「InterSafe WebFilter」を導入。マルウェア感染を未然に防止する「入口対策」、万が一マルウェアに感染した場合も出口を遮断することで防御する「出口対策」と、入口出口両面におけるWebセキュリティを強化

教職員用PC・
サーバーの導入

校務管理用PC(デスクトップ型)16台、教材作成・提示用PC(ノート型67台、デスクトップ型10台)、計93台を新規で導入

校内に点在していたサーバーを1か所に集約してサーバー室を設置。校務管理系、教材作成系サーバー、生徒用サーバーを分離してWindowsアップデート用中継サーバーも導入

セキュリティの
確保

校務系(学籍、各教科成績、名簿等)、教材作成系(学習用教材、資料、文書等)それぞれのデータを安全に管理できるように、すべてのファイルを自動で暗号化できる「InterSafe IRM」を導入。万が一情報が不正に持ち出されたり、外部からの攻撃で流出しても解読できないようにして、情報が漏洩しないようにした。

教職員用PCに「InterSafe DeviceControl」を導入。USBメモリやスマートフォン等各種デバイスへのデータ持ち出しができないようにした。

指定された暗号化USBメモリのみデータの持ち出しができるように「InterSafe SecureDevice Ultimate」を導入。20本の暗号化USBメモリを作成して教頭が管理、貸し出しを行っており、万が一USBメモリを紛失しても情報漏洩しないようにした。汎用USBメモリを暗号化USBメモリに変換できるため、新たに暗号化USBを作成できる。

※ALSI、InterSafeはアルプス システム インテグレーション株式会社の商標です。その他記載の製品名・社名は一般に各社の商標または登録商標です。

開発・販売元

〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
TEL 03-5499-8045 FAX 03-5499-0357
詳しい情報は http://www.alsi.co.jp/security/education/