政令市・中核市CIOフォーラム 変わる自治体 突破を拓くテクノロジー

セキュリティ強化策を活かし、次なる「働き方改革」へ

政府が推し進める「働き方改革」は地方自治体にも広がりを見せ始めている。柔軟な働き方が可能になれば、職員のモチベーションが高まり、市民サービスの向上や地方創生の取り組みが加速していく。一方、サイバー攻撃対策や情報保護の徹底など、自治体のシステムには高いセキュリティレベルが求められる。働きやすさとセキュリティの両立を図る。この実現に向けた有力なパートナーとなるのが、シトリック・システムズ・ジャパン(以下、シトリックス)だ。千差万別の自治体のニーズに合わせた「働き方改革」を強力に支援する。

端末にデータを残さないという“安心”

300

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
公共・社会基盤営業本部
本部長
宮原 正和氏

シトリックスが提供するのは、セキュアで柔軟な働き方を可能にする「セキュアデジタルワークスペース」である。これはデスクトップ仮想化基盤「Citrix Workspace」、サーバーとクライアントPCをつなぐネットワーク基盤「Citrix Networking」、サービス一元管理基盤であり、アナリティクス機能までも備えた「Citrix Cloud」を組み合わせたもの。
 「シトリックスは長年、画面転送技術を追求してきたため、その点だけに特化した企業とのイメージを持たれることもあります。しかし、実際にはネットワークやクラウド、そしてアナリティクスを含めトータルに業務効率化のためのソリューション提供を可能にしています」と同社の強みを語るのは、シトリックスの宮原正和氏だ。しかも、それぞれのテクノロジーは、柔軟な働き方改革に必須の要素と言える。
 画面転送技術を採用したCitrix Workspaceは、クライアント側にはサーバーの処理結果のみを表示する。つまり、アプリケーションやデータはサーバー側で集中管理するため、クライアント端末にはデータが残らない。端末の盗難・紛失が発生しても、情報流出の心配がない。
 Citrix Networkingでは画面転送技術に欠かせないネットワークの運用を支え、PCやスマートフォンなど様々なデバイスとシームレスに連携できる。また画面転送の通信には、シトリックスが独自に開発した「ICAプロトコル」を採用。「低帯域なネットワーク環境でもローカル環境で実行しているような快適な使用感を実現します。データは暗号化して通信するため、情報の秘匿性も非常に高い」と同社の入間佑介氏は語る。
 近年提供が始まったCitrix Cloudは仮想デスクトップサービスの配信やネットワーク帯域の割り当てなどを統合的に行えるクラウド型のサービス管理基盤。OSのアップデートやセキュリティパッチの適用なども一括して行える。例えば、広く利用されているWindows 10は「Windows as a Service」というキーワードに象徴されるように、提供形態がサービス型に移行した。継続的なアップデートで常に最新のOSを利用できるわけだが、庁内すべてのクライアントPCにこの作業を行うのは大変な手間だ。「その点、Citrix Cloudを活用すれば、アップデート作業を一元的に行えます。職員一人ひとりの運用に頼らずに済むので、アップデート作業を効率化し、ミスも減らせます」(宮原氏)。
 さらにCitrix Cloudには、ネットワークトラフィックやユーザーの利用動向などを機械学習で分析する機能もある。不審なユーザーの挙動やアプリケーション性能の異常を特定し、その結果を分かりやすい形式で提示する。「これをもとに対応措置を取ることで、セキュリティリスクを未然に防ぎ、システムの安定性も向上します」と同社の加藤あかり氏はメリットを強調する。

多様なニーズに答えるセキュアな環境の実現
[図版のクリックで拡大表示]

セキュアデジタルワークスペースのサービス構成イメージ
オンプレミスやクラウドとシームレスに連携し、セキュアなデスクトップ環境を場所やデバイスの種類を問わずに利用できる。職域や職責に応じた柔軟な権限設定も可能だ。クライアントOSやセキュリティパッチの適用も一括で行える。ユーザーの利用動向などを分析し、セキュリティリスクも未然に防ぐ

千差万別、自治体ごとのニーズに対応

300

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
公共・社会基盤営業本部
公共営業部
アカウント マネージャー
入間 佑介氏

しかも、セキュアデジタルワークスペースはマルチプラットフォームに対応できるのがメリットだ。多様なクラウドサービスやSaaSとも連携が可能だ。クラウドサービスとのシームレスな連携が可能になれば、新しい技術やサービスを取り入れやすくなる。庁内の業務のさらなる効率化を加速し、市民向けの情報サービスやモバイルアプリケーションなどもスピーディに提供できるだろう。
 ソリューションの優位性に加え、その価値を高める提案力・対応力もシトリックスの大きな強みである。「例えば、働き方改革の一環として、ペーパーレス化に取り組む場合、目標とするコスト削減効果などをもとに、最適なソリューションの構成を提案できます」と話す入間氏。“ソリューションありき”ではなく。お客様の課題や要望を基にその解決策を考えていく。その手段としてソリューションを提案するというアプローチだ。
 そのソリューションに関しても、オンプレミスでの提供だけでなく、クラウドサービスでの提供にも対応する。「自前での運用が難しい。初期導入コストを抑えたい。お客様の様々な要望をヒアリングし、お客様の環境にマッチした形でソリューションを提供します」(加藤氏)。

「神奈川県庁」と「札幌市」の先進事例

300

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
エンタープライズSE本部
公共・社会基盤グループ
グループリーダー
加藤 あかり氏

実際、シトリックスのソリューションを導入し、働き方改革や業務革新に取り組む自治体も増えている。神奈川県庁はその1つだ。
 県下の市町村などの職員約8万5000人が利用する全国トップクラスの大規模プライベートクラウド「神奈川情報セキュリティクラウド(KSC)」のインターネット接続用のセキュリティ基盤として、セキュアデジタルワークスペースを活用している。
 仮想デスクトップは、クライアントにデータが残らず、庁内ネットワークとインターネットを明確に分割し利用できるため、情報保護を強化できる点を評価した。
 さらにモバイルワークやテレワークなどにも活用。
 2018年3月からは、育児や介護を行う職員の在宅勤務の試験運用が始まった。2019年2月には育児・介護を行う職員以外にも対象者を広げるとともに、週当たり実施上限回数も週4回へ拡大。今後は、その成果を検証しながら、職員の働き方改革を支えるICT環境をさらに拡大していく計画だという。
 一方、札幌市は総務省が進める「自治体情報システム強靭性向上モデル」に対応するため、シトリックスのデスクトップ仮想化基盤を導入。仮想ブラウザを使ってインターネットにアクセスし、表示された画面のみを端末へ転送する方法でセキュリティを確保した。これに加え、利用者にストレスがかからないような配慮も併せて実施した。シトリックスのサポートにより、仮想ブラウザの起動時間の短縮化が可能になったからだ。「帯域制御が可能なICAプロトコルやサーバーの最適なサイジングにより、バッファを加味しても20秒以内の起動時間を実現。今後は物理端末のブラウザ起動速度を目指しどれだけ近づけるか、さらなるチューニングを図っていきたい」と宮原氏は前を向く。
 いつでも・どこでも安全かつ効率的に仕事ができる環境の実現は、働き方改革の必須要件である。シトリックスはそれを実現するソリューションの提供に加え、多様なニーズをカバーする提案力・対応力を発揮し、自治体の働き方改革を強力にサポートしていく。

【お問い合わせ】
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
マーケティング本部
https://www.citrix.co.jp/
TEL:03-4577-5900 (代表)
E-mail:cust_mktg@citrix.co.jp

▲ページの先頭へ