日経 xTECH Special

セキュリティを担保しつつ、効率的なテレワークを推進“やりたいこと”の本質を実現する未来のワークスタイルとは

シトリックス・システムズ・ジャパン

セキュリティを担保しつつ、効率的なテレワークを推進
“やりたいこと”の本質を実現する
未来のワークスタイルとは

シトリックス・システムズ・ジャパンでは、モバイルなどを活用した新しい働き方を支援するべく、SaaS・モバイル・仮想アプリケーションを統合した『Citrix Workspace App』を提供する。このツールを活用した次世代ワークスタイルについて、同社の白川晃氏が講演を行った。

ワークスペースを経由しセキュアな制御を実現

白川氏
シトリックス・システムズ・ジャパン
セールスエンジニアリング本部 ソリューションSE部
フィールド レディネス マネージャー
白川 晃

 PCの普及以前は、OHPやワープロ専用機、内線電話などがオフィス・コミュニケーションの主役であった。しかし、今や米国ではPCすら使わず、スマートフォンやタブレットを駆使して仕事をするミレニアル世代が台頭。リモートやモバイル中心のワークスタイルが急速に拡大している。こうした新しい働き方を、ITはどのように支援できるのか。シトリックス・システムズ・ジャパンの白川晃氏はこう語る。

 「企業でのクラウドサービス利用が進むにつれ、社内データが社員のモバイルなどに拡散。会社支給のPCではなく、個人のモバイルやPCで仕事をするケースも増えています。今後モバイルワークが普及すれば、コンプライアンス確保やセキュリティ管理は一層難しくなる。こうした問題を解決するのが、今回ご紹介するセキュアデジタルワークスペースとそれにアクセスする『Citrix Workspace App』です」

 これは、デジタルワークスペースというプラットフォームを経由することにより、企業が必要とするセキュアなコントロールを確保し、AIやアナリティクスによってその状況を可視化することを目的としたもの。仮想アプリケーションとモバイル、クラウド上のアプリケーションのシングルサインオンを可能にし、IT部門によるセキュリティと制御を実現したワークスペース・アプリである。このアプリをモバイルに導入すれば、オンプレミスの業務画面やクラウドサービスを必要に応じて選択・登録できるようになり、1台のスマホで業務アプリと個人アプリを完全に分離した上で、安全に利用することが可能になるという。

図1
仮想デスクトップ、モバイル、クラウド上のSaaSアプリケーションがシングルアクセスで統合され、IT部門によるセキュリティと制御を実現

近接認証技術により様々な遠隔操作が可能に

 このWorkspace Appでは、クラウドサービス利用時のセキュリティについても万全の対策が講じられている。Webブラウザ経由でSaaSアプリケーションにアクセスすると、なりすましサイトに誘導されたり、ウイルスに感染したりと様々なリスクにさらされがちだ。そこで、このアプリでは、使用するSaaSアプリケーションを選んでメニューに追加し、ユーザーごとにアクセスポリシーを設定。代理ブラウザでアクセス制御することによってリスクを回避し、ネットワーク上の安全を確保することができる。

 また、今年発表の新製品『Citrix Workspace HUB』を活用すれば、近接認証という技術により画面転送や操作の転送が可能となるという。

 「例えば、講演者がPCを持って演台に近づくだけで、ケーブル未接続でもプロジェクターに画面を表示したり、スマホをハブ上に置くだけで仮想化されたWindows 10の画面を表示できる。ユーザー名とパスワードを入力して認証されるのを待つ時間を削減し、生産性向上につながります」

各社のクラウドサービスを自由に選んで統合

 さらに、このWorkspace Appは、AIがユーザーの行動分析を行ってセキュリティを担保するアナリティクス機能も搭載。利用頻度やアクセス拠点・時間、利用デバイスや利用サービスなど、様々な観点から情報を検知し、もし普段とは違う行動パターンが検出されれば、リスクの程度を判断した上で、自動的にアクセス制限や管理者への通知を行う。

 「『攻撃パターンを学習して対策ソフトを入れる』という従来のセキュリティ対策はイタチごっこになりがちですが、人の振る舞いに応じてセキュリティ対策を講じれば、これまで経験したことのない全く新しい攻撃にさらされたとしても、リスクを認識して対応することができます」と、白川氏。このように、『Citrix Workspace App』を活用すれば、様々なデバイスからこのワークスペースにログインし、仮想化されたWindowsアプリのみならず、クラウド上のSaaSアプリケーションやモバイル・アプリケーションも保護することが可能となる。いわば「ワークスペース」「ネットワーク」「アナリティクス」の3つを柱として付加価値を生み出すのが、このWorkspace Appの特徴といえる。

 「クラウドは目的地ではなく、オンプレミスの資産を残したまま、プラスαで継ぎ足していけるサービス。社内のオンプレミス環境を残しつつ、クラウドで必要なサービスを追加してワークスペースに統合すれば、ユーザーは必要な機能が全て揃った環境を作ることができる。これが弊社のサイト・アグリゲーション機能であり、様々なクラウドサービスを自由に選んで統合することが可能です。デジタルトランスフォーメーションは未来の課題ではなく、既にお手元に用意されているのです」と、白川氏は講演を締めくくった。

 様々な技術や製品を結集して、ユーザーが「やりたいこと」の本質を実現する『Citrix Workspace App』。次世代の新しい働き方を支援する、強力なプラットフォームといえそうだ。

図2
オンプレミス環境を残しつつ、クラウドで必要なサービスを追加してワークスペースに統合することで、ユーザーは必要な機能が全て揃った環境を作ることが可能となる
↑TOP