いよいよサービス開始!
有力インテグレーターが大解剖
VMware Cloud on AWSのすべて

「VMware Cloud on AWS(VMC on AWS)」のAWS東京リージョンでのサービス開始が、2018年第4四半期から開始される予定だ。VMware vSphere上のシステムをAmazon Web Services(AWS)のグローバルインフラ環境上に展開でき、仮想化基盤の制限によってクラウド化を断念していたシステムを持つ企業にとっては、まさに渡りに船となる。だが、国内リリース前ということもあり、なかなか見えてこない部分もある。果たして、どんなサービスで、どんな利用方法が可能なのか──。本連載では、システムインテグレーター、そして、クラウドサービス事業者として多くの企業のIT活用を支援している伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のキーパーソンたちに様々な話を聞いた。
第1回「VMware Cloud on AWS」がもたらす価値
企業のクラウド活用がさらに加速
カギはマルチクラウドの統合管理

移行を断念していたシステムのクラウド化が可能に

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 クラウドサービス本部 クラウドサービス企画開発部 部長/シニアエグゼクティブエンジニア 川田 聡氏
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドサービス本部
クラウドサービス企画開発部
部長/シニアエグゼクティブエンジニア
川田 聡
──CTCでは、「VMC on AWS」がユーザー企業にもたらすインパクトをどのように捉えていますか。
川田氏
 仮想化基盤ソフトとして高いシェアを持つVMware vSphereは、国内においても数多くの企業が活用しています。そうした企業の中には、オンプレミス環境上のシステムをAWS上へと移行したいと考えながらも、仮想化基盤が異なることから必要なアプリケーションの改修などにかかわる工数やコストが障壁となり、移行を断念しているケースも少なくありません。

 そのような企業にとって、VMC on AWSのサービス開始は、まさに朗報。これまで断念していたオンプレミス環境上のシステムをそのままAWS環境に移行する、いわゆる「リフト&シフト」が容易に行えるようになるからです。

 将来的にAWSへの移行を考えているシステムがある場合は、まずVMC on AWSにシステムを移行させて、そこを中継地点として、段階的にAWSへとシフトさせることもできます。

 また、新規にIoTやAIを利用したクラウドネイティブな新システムをAWS環境上に作る場合にも有効です。既存システムとの連携が不可欠な場合には、既存システムはそのままVMwareのアーキテクチャを利用してVMC on AWS 環境へ移行させ、AWS環境上の新システムと密に連携させるといったことが可能になるからです。
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 クラウドサービス本部 クラウドサービス企画開発部 部長代行 兼 ハイブリッドクラウド企画課 課長 神原 宏行氏
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドサービス本部
クラウドサービス企画開発部 部長代行
兼 ハイブリッドクラウド企画課 課長
神原 宏行
神原氏
 同じリージョン内にあるVMC on AWSとネイティブAWS間は25Gbpsで接続されており弊社の検証でも平均1ミリ秒以下と極めて高速なアクセス環境である事を確認しています。これから本格的にAWS利用を検討している、または、既にAWSで運用中の方もメリットを感じられるポイントではないでしょうか。

 VMC on AWS自体は、サービスがスタートした2017年8月以降、既に米国、欧州の4つのリージョンで提供されており、2018年8月にはアジアパシフィック(オーストラリア・シドニー)にも提供リージョンが広がりました。一般的な活用例としては、川田が話したオンプレミスからAWSへのシステム移行以外にも、一時的なリソースの拡張領域として活用するケース、あるいは災害対策(DR)用に利用しているというユーザーが多いようです。

 ただし、サービスの最小構成が相応の規模となっているため、コスト的な観点から、数百台以上の規模のVMがAWS上に必要なお客様にフィットするだろうという印象です。

オンプレミス、クラウド間のマイグレーションを支援する注目機能

──これまでにない選択肢を企業に与えるのですね。しかも、システム移行を容易に行える仕組みが用意されていると聞きました。
神原氏
 「VMware Hybrid Cloud Extension(HCX)」が標準提供されているからです。これは、L2延伸やWAN最適化機能を備えた機能で、オンプレミス環境とVMC on AWSの双方向でvMotionによるライブマイグレーションを行うことができ、システムを自由に行き来させることができます。従来もCross vCenter vMotionを用いることが可能でしたが、求められるインフラ要件(NW帯域:250Mbps以上 vSphere Ver6.0以上)が高く利用されるケースが少ない状況でした。HCXでは、NW帯域は100Mbps以上、vSphere Ver5.1以上〜と要件が大きく緩和され、一般的なインフラ環境でも利用可能になります。

サービス開始を見据えて早い段階からPoCなどに取り組む

──CTCはVMC on AWSの東京リージョンでのサービス開始を見据えて、早くから準備を進めてきたそうですね。
川田氏
 CTCは長年にわたり、SIerとして多様なお客様のシステム構築を支援してきました。そうしたお客様の中から、VMC on AWSを使いたいと考える企業が出てくるのは当然の流れ。それをしっかりとサポートできるように準備を進めています。

 特に、現在は様々なクラウドサービスが登場し、あえてそうしたわけではないのに、「結果的に」マルチクラウド環境になってしまったという企業は多く、そのマルチクラウド環境をどう運用していくかで困っているケースは少なくありません。今後は、そのクラウドの1つにVMC on AWSが加わることになると考えています。

 CTCは、SIerとしてのノウハウに加えて、「TechnoCUVIC(テクノキュービック)」や「CUVICmc2(キュービックエムシーツー)」といったクラウドサービスを提供するサービス事業者としての経験を生かしながら、お客様のマルチクラウド環境の構築や運用をサポートします。具体的には、監視やポータル、バックアップ、そして、サービスデスクといった共通機能を備え、あらゆるシステム環境を統合的に運用管理していけるプラットフォームを構築し、マルチクラウド環境を簡単に使いこなせる仕組みを提供していく考えです。

 こうした取り組みを進めるには、VMC on AWSを理解し、どんな仕様になっているのか、どんな使い方ができるのかを知らなければならない。既にサービスが提供されている海外リージョンを活用して、いち早くそれらを確認してきました。

──具体的には、どんなポイントがあるのでしょうか。
神原氏
 例えば、AWSはサービスの可用性を高めるために、リージョンを複数のAvailability Zone(AZ)で構成。いわば多重化によって耐障害性を高められており、AWS側からもシステムはAZをまたいだクラスタ構成にすることが推奨されています。同じAZでクラスタを構成してしまい、そこが落ちたことでシステムが停止しても、それはAWSのSLAの範囲外と見なされます。

 しかし、一般的にオンプレミスのシステムは、そうしたクラウドならではの事情を考慮してはいません。そこで、VMC on AWSは、自然にAZをまたいでクラスタが組める機能が提供されています。

 これは一例ではありますが、このようなサービス仕様をあらかじめ知っているかどうかで、システムの可用性や品質、クラウド活用のスピードにも大きな差が出てくると思います。CTCは、多くの技術者がドキュメントを読み込み、VMC on AWSを実際に触りながら、こうした知見を蓄積しています。

──PoC(概念実証)にも取り組んでいるとのことですね。
神原氏
 はい。基本的なVMC on AWSの活用方法にかかわる確認はもちろん、特に我々が目玉の機能と考えるHCXについては、L2延伸やWAN最適化、vMotionなども含めて、様々な角度からの綿密な検証を行っています。

 HCX自体は、クラウド事業者向け、あるいは、一般企業向けの製品として「VMware NSX Hybrid Connect」として提供されていましたが、VMC on AWS版とは少し機能面に差があります。ですから、どこが違い、どんな使い方ができるのか、様々な視点から詳細な確認作業を行っています。

 加えて、実際にお客様の利用シナリオを想定しながら、多くのお客様に必要になると考えられる監視やバックアップといった機能にかかわる検証も進めています。

川田氏
 VMworld 2017での発表以来、VMC on AWSに対するお客様の関心が日に日に高まっていることを感じています。去る2018年の8月の終わりには、私自身、VMworld 2018を視察してきましたが、同イベントで実施されたVMC on AWS関連のセッションは、おしなべて満席といった状況で、日本企業の方も数多く参加されていました。

 SIerとして、期待の高まるVMC on AWSの使いこなしを支援し、さらにはそこにCTCならではの価値を付加して、お客様のビジネスを支えるのは重要なミッションです。そのためにできる準備を確実に進めていく考えです。

──第2回では、より詳しいPoCの内容やこれまでに得られた成果についてお聞きしたいと考えています。
神原氏
 まだ検証中のものも多いのですが、いくつか注目すべき成果につながっているものがあります。ぜひ、それらを紹介させていただきます。

──よろしくお願いします。
  • 仮想化環境を効率よく実行するためには、最新のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーやインテル® Optane Solid-State Driveの活用が有効です。

    インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーとIntel® Optane® DC Persistent MemoryをVMware vSANのNVMe SSDに適用した場合、最新のベンチマークにおいて、従来に比べて13倍の性能、もしくは10倍の価格性能を達成しています(詳細構成は下記)。

    インテル® では、効率的なクラウド運用を実現するために、ソリューションを実現するパートナー企業との、検証や最適化作業を進めています。
ベンチマークの詳細構成
The vSAN 13x performance increase and 10x price/performance improvement claims are based on the following citation and configuration:

Source: The Evaluator Group, August 2018. Report to be publicly available by September 1, 2018.
Baseline configuration: Four-node cluster, based on four Intel® Server Boards S2600WTT, each with 2x Intel® Xeon® processors E5-2699 v4 (22 cores @ 2.2 GHz with Intel® Hyper-Threading Technology); tested with 256 GB DRAM, priced for comparison at 512 GB DRAM; 1x Intel® SSD DC S3700-400; 4x Seagate 1 TB HDD; VSAN 6.5; IOmark-VM-HC validated configuration. Performance: 88 IOmark-VM-HC. Price/performance: $1,862/IOmark-VM-HC.
Select Solution-compliant configuration: Four-node cluster, based on four Intel® Server Systems R2208WF, each with 2x Intel® Xeon® Gold 6154 (18 cores @ 3.0 GHz with Intel® Hyper-Threading Technology); tested with 256 GB DRAM, priced for comparison with 2x Intel® Xeon® Platinum 8168 (24 cores @ 2.7 GHz) at 768 GB DRAM; Intel® Ethernet Converged Network Adapter X540 AT2; 2x Intel® Optane SSD DC P4800X Series; 4x Intel® SSD DC P4500 Series 4TB. VSAN 6.7. Configuration not IOmark VM-HC validated. Performance: 1,152 IOmark-VMs (Note: Measured as a storage system, not hyper-converged). Price/performance: $230/IOmark-VM (Note: Measured as a storage system, not hyper-converged).
お問い合わせ
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 URL:http://www.ctc-g.co.jp
E-mail:business-on-it@ctc-g.co.jp