ITインフラ再考企画 クラウドでも従来型オンプレミスでもない「ビジネスファースト」な選択肢とは

第1回 Recognized Need/市場ニーズをとらえる 小さな兆しに垣間見る大きな可能性 デジタルトランスフォーメーションの新しいインフラ第2回 Search For Solutions/最適なソリューション像 オンプレミスなのに従量課金で利用 安全性の懸念なく、投資リスクを抑止第3回 Solution commentary/ソリューション解説 クラウドとはどこが違うのか ユーザーがHPE GreenLakeを選ぶ理由第4回 Case Study 1/導入事例 チャレンジの新しい活力 激しい変化と競争に立ち向かう第5回 Case Study 2/導入事例 独自要件も調達・利用効率も重視 サービスだからできる柔軟な活用法

第3回 Solution commentary/ソリューション解説 クラウドとはどこが違うのか ユーザーがHPE GreenLakeを選ぶ理由

オンプレミスのITインフラを従量課金で利用できる点を評価して、既に先進的な企業は「HPE GreenLake」の利用を開始している。オンプレミスでありながら、クラウドのような柔軟性や拡張性が魅力のサービスだが、具体的にクラウドとはどこが違うのか。ユーザー企業はどこを評価したのか。HPEのキーパーソンたちにサービスの特徴を語ってもらった。

適切なコスト管理を実現するきめ細かな課金体系

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Pointnext営業統括本部 コンサンプションIT営業開発本部 担当部長 福田 晶子氏
日本ヒューレット・パッカード株式会社 Pointnext営業統括本部 コンサンプションIT営業開発本部 担当部長 福田 晶子氏

オンプレミスに設置したITインフラを従量課金のサービスとして利用できる「HPE GreenLake」ですが、市場には競合となるサービスはあまり見当たらないようです。なぜ、HPEだけが、このようなサービスを実現できたのでしょうか。

福田HPE GreenLakeは、サーバーやストレージだけでなく、ネットワークまでを従量課金で利用していただけます。まずは、当社が、この3つのハードウエアを持つ数少ないベンダーだからだといえます。

また、私たちは長年にわたり、お客様のインフラ構築に加えて運用・保守までをサポートしてきました。他社製のハードウエアにも対応するマルチベンダーサポートも行っており、多様なインフラに対応できるサポート力を持っているのも当社ならではだと自負しています。

やはり最も大きな特徴は「オンプレミスなのに従量課金」という点ですね。課金額はどのように算出するのですか。

菊地まず、サーバーには3つの課金モデルがあります。(1)物理サーバー課金(2)VM課金(3)コア課金の3つです。

物理サーバーは、オンになっているサーバーの台数で課金。オフなら課金されません。VM課金は、仮想マシンのメモリー使用量を測定して課金します。次いでコア課金の場合は、CPUの使用率に応じて利用料が変わります。ストレージは、データを書き込んだギガバイト単位。ネットワークは、利用しているポート単位で課金額を算出します。

これらを当社のメータリングツールによって測定し、毎月の利用料を計算します。そういう意味では、メータリングの技術を持っていることもHPE GreenLakeを実現できたポイントです。毎月のリソース使用量は、HPE GreenLakeポータルサイトを通じて確認できます(画面例)。

画面例 HPE GreenLakeポータルサイト

画面例 HPE GreenLakeポータルサイト

ポータルサイトを通じて、HPE GreenLakeのサーバーやストレージ、ネットワークなどのリソースの構成や使用量、課金などを一元管理できる


特にサーバーについては、なぜ、そのように細かな課金ポイントが設定されているのでしょうか。

中村従量課金でクラウドのように利用できるといっても、インフラはお客様のシステム要件に合わせて独自に構築するものです。一律に仮想マシンの利用が前提となっているクラウドサービスなどとは違い、お客様それぞれにインフラの使い方は異なります。ですから、使い方に応じて、最も適切な課金設定を行えるようにするためです。

ほかにも、システムの特性だけでなく、IT部門がビジネス部門や関連会社に利用料を請求している場合、あるいは、IT部門が全社のITコストをまとめて予算化して支払っているなど、予算管理の事情なども加味して、お客様が社内で上申したり管理したりしやすい設定となるように配慮します。


使うほど下がる単価でスケールメリットを発揮

既に利用を開始しているユーザーは、なぜ、同じ従量課金のクラウドではなく、HPE GreenLakeを選択したのでしょうか。

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Pointnext事業統括 ソリューションビジネス開発本部 スペシャリスト 菊地 真美恵氏
日本ヒューレット・パッカード株式会社 Pointnext事業統括 ソリューションビジネス開発本部 スペシャリスト 菊地 真美恵氏

福田HPE GreenLakeは従量課金であることに加えて、常にいつでも使える余剰リソースを設置しているため、ほぼクラウドのような感覚で利用できます。ですから、セキュリティや運用ポリシーを考えてシステムをオンプレミスで運用したいが、クラウドのような柔軟性や拡張性も欲しいということが最も大きな採用理由です。

それ以外にも、HPE GreenLakeには、クラウドにはないメリットがあります。

まず、コストメリットです。一般的なクラウドサービスは、リソース使用量が増えるとリニアに費用がかかります。一方、HPE GreenLakeは、リソース使用量が増えるに従って、課金単価が下がるように設定しています。ビジネスが成長すればするほど、スケールメリットを発揮できるのです。

菊地ハードウエアを自由に選択できることもHPE GreenLakeの特徴です。高速処理が必要なシステムにはハイスペックなサーバーやストレージ、そうではないシステムにはミッドレンジのサーバーを選ぶというように、システムごとにハードウエア構成を選ぶことができます。

また、お客様のオンプレミス環境にあるハードウエアを当社が簿価で買い取り、システムの利用はそのまま継続しながら、利用形態だけを従量課金に移行するということも行えます。冒頭で述べた通り、当社はマルチベンダーサポートに対応していますから、その後の運用も問題ありません。

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Pointnext事業統括 ソリューションサポート本部 シニアソリューションアーキテクト 中村 茂樹氏
日本ヒューレット・パッカード株式会社 Pointnext事業統括 ソリューションサポート本部 シニアソリューションアーキテクト 中村 茂樹氏

中村サービスの提供体制もクラウドとは異なります。導入時には、営業担当者やシステムアーキテクトが既存システムの利用状況やビジネス要件などをヒアリングして、最適なITインフラを提案、構築します。

利用開始後は、専任の担当者が継続的にお客様をサポート。サポート中は保守やトラブル対応を行うだけでなく、お客様の利用状況をモニタリングしながら、常にお客様が安心してご利用いただける体制を整えています。

余剰リソースは、いつ、どのようなタイミングで追加するのですか。

福田利用開始時に、リソースの使用率がどれくらいになったら余剰リソースを設置するという運用ルールを決めることが多いですね。もちろん、使っていない間の費用は発生しません。

ただ、ビジネス部門からの突然の要求など、ITリソースの拡張は事前に読めないことも少なくありません。そうした場合は、当初決めた運用ルールに関係なく、お客様のご要望に応じる形で即座に対応します。

中村先ほど述べた、お客様専任のサポートエンジニアが利用状況を見ながらキャパシティの傾向を予測し、余剰リソースの増設を提案する場合もあります。


バックアップ、ビッグデータなど用途に応じたプリパッケージ化を推進

用途に応じたソリューションの拡充を進めているそうですね。

菊地はい。ここまでお話ししてきたインフラサービスは「HPE GreenLakeフレックスキャパシティ」というサービスですが、もう1つ「HPE GreenLakeソリューション」というサービスを用意しています。こちらは、インフラだけでなく、ニーズの高い用途ごとに必要なアプリケーションやミドルウエアまでをプリパッケージ化して、いわゆるSaaSのように利用できるサービスです。もちろん、設置場所はオンプレミスとなります。

福田具体的には、「Backup」「Big Data」「SAP HANA」などを用意しています。これらの用途であれば、HPE GreenLakeフレックスキャパシティによってインフラを構築するよりも、はるかに早く利用を開始できます。

バックアップなどは、ほとんどの企業が利用するシステムですから、引き合いはさらに増えそうですね。

中村ありがとうございます。これまでの提案活動の中で、知ってさえいただければ確実に評価してもらえるという手応えを感じています。HPE GreenLakeは、必ずお客様の課題を解決し、お役に立てるサービスなのだと、改めて自信を深めているところです。これから、より多くのお客様に積極的に提案して、ビジネスの成長や革新をお手伝いしていきたいですね。


お問い合わせ

日本ヒューレット・パッカード株式会社
URL:https://www.hpe.com/jp/ja/japan/contact.html

カスタマーインフォメーションセンター
ご購入前の製品仕様についてのお問い合わせ
TEL:0120-268-186 または 03-5749-8279(携帯電話・PHSから)
受付時間:月曜日~金曜日 9:00~19:00(土曜日、日曜日、祝日、年末年始、および5月1日 お休み)