対談 システムの自律化がクラウドの未来を切り開く ハイブリッドクラウド化に向けた協業の強化で、顧客のDXに貢献

[写真左]日本ヒューレット・パッカード株式会社 執行役員 ハイブリッドIT事業統括 五十嵐 毅氏 [写真右]ヴイエムウェア株式会社 上級執行役員 副社長 山中 直氏

[写真左]日本ヒューレット・パッカード株式会社 執行役員 ハイブリッドIT事業統括 五十嵐 毅氏 [写真右]ヴイエムウェア株式会社 上級執行役員 副社長 山中 直氏

「自律化」がハイブリッドクラウド運用のカギ

デジタルトランスフォーメーション(DX)が重要なキーワードとなり、クラウド活用のあるべき姿も大きく変化しようとしています。そうした状況に向けた現在の取り組みについてお聞かせください。

ヴイエムウェア株式会社 上級執行役員 副社長 山中 直氏

山中今後のクラウド活用を考える上で欠かせないのが、ハイブリッドクラウド化に向けた視点だと考えます。

現在多くのお客様が積極的にパブリッククラウドの活用を進めていますが、従来のオンプレミスの環境への投資、管理がなくなるわけではありません。一方で、これらをストレスなくハイブリッドに使いこなすのは口で言うほど易いことではありません。

VMwareは、お客様の業務を支えるアプリに注目し、オンプレミス/クラウドなどの実行環境を問わない、一貫性のあるインフラストラクチャと一貫性のある運用管理を実現する「VMware Cloud」を提供しています。IBM、富士通、NTTコミュニケーションズなどのパートナーを通じ、VMwareのテクノロジーを活用した「VMware Cloud Verifiedサービス」を提供するほか、AWSのインフラ上でVMwareのソフトウエアを実装した「VMware Cloud on AWS」を活用いただくことで、オンプレミスとクラウドの境界を意識することのない、ハイブリッドでシームレスなインフラストラクチャ環境を容易に実装することが可能です。

五十嵐オンプレミスとクラウドがシームレスに行き来できるような世界が、技術的には既に実現されているものといえますね。ハイブリッドクラウド化の支援に向けた御社のコンセプトの中でも、我々が最も注目しているのが「VMware Cloud Foundation」(以下、VCF)を中核とした「Self-Driving Data Center」です。これは、vSphereをはじめ、ストレージを仮想化するVMware vSAN、ネットワーク仮想化の技術であるVMware NSX Data Center、および管理ツールであるSDDC Managerといった先進のSoftware-Defined技術をベースに、システムの各レイヤーで仮想化によるリソースの抽象化を行うことで、データセンターの自律的な運用を実現しようとするもの。当社も「Autonomous Datacenter」という考え方を提唱していますが、その根幹は同じものだと考えています。

日本ヒューレット・パッカード株式会社 執行役員 ハイブリッドIT事業統括 五十嵐 毅氏

例えばHPEでは、Autonomous Datacenterを具現化したソリューションの1つとして、AIを用いてストレージ利用率や障害にかかわる予測分析を行う「HPE InfoSight」テクノロジーの製品実装を進めています。既に当社のストレージ製品である「HPE Nimble Storage」やインテル® Xeon® プロセッサーを搭載する「HPE 3PAR StoreServ」に実装しているほか、今後はストレージのみならず、クラス最高水準の性能と拡張性を持つインテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーを搭載する「HPE Synergy」「HPE SimpliVity」「HPE ProLiantサーバー」といったほかの製品領域にも広げていきます。システムが自律的にハードウエア機器の性能低下や故障予兆を事前に報告することで、障害発生そのものを防止できることになり、データセンターにおけるメンテナンス作業の人手を削減することにもつながります。


協業強化でオンプレミスを“クラウドReady”に

VMwareとHPEは長らく互いにパートナーとして協業関係にあったわけですが、そうしたハイブリッドクラウド化、データセンターの自律運用という局面を見据え、さらなる協業の強化を進めているとのことですね。

図 HPE Synergy with VMware Cloud Foundationがもたらす価値

図 HPE Synergy with VMware Cloud Foundationがもたらす価値

VMwareとのアライアンスをハイブリッドITの領域にまで拡大。企業のデジタルトランスフォーメーションを加速させるソリューションとして期待が集まる

[画像のクリックで拡大表示]

五十嵐両社の協業をベースに生み出されたプロダクトとして、現在、最も象徴的なものが「HPE Synergy with VMware Cloud Foundation」(以下、Synergy with VCF)です(図)。クラス最高水準の性能と拡張性を持つインテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーを搭載するHPE Synergyは世界で初めて製品化することに成功した「コンポーザブルインフラ」です。1つの筐体にコンピューティングやストレージ・ネットワークといったリソースがコンパクトに収容されているのですが、ユーザーやIT管理者はその個々のハードウエアを意識することはほとんどありません。これはSynergy自身の自律制御技術と、昨今の様々なAPIやSoftware-Defined技術に対応しているためです。この感覚はクラウドと同じであり、マルチクラウド時代にオンプレミスシステムを支えるハードウエアだと自負しています。

Synergy with VCFでは、既に述べたvSphereやvSAN、NSX Data Center、そしてSDDC Managerで構成されるVCFの環境を、Synergy上に素早く自動構築することが可能となっています。運用フェーズにおいては、SDDC ManagerがVMwareの各ソフトウエアのバージョンアップやパッチ適用作業を自動化することがVCFの1つの目玉になっていますが、これと同様にハードウエアに組み込まれるBIOSなどファームウエアのアップデートをSynergyの運用管理ツールである「HPE OneView」で自動化することが可能です。ハードとソフトの双方でメンテナンス作業が自律制御されることで、運用管理者の負担を大きく削減します。

山中ご紹介いただいたSynergy with VCFは、まさに両社間でのハイブリッドクラウド化に関するビジョンの密接な共有によって実現した製品だと思います。ハイブリッドクラウドでは、オンプレミス上にプライベートクラウドを構築することが1つの前提で、そこをSynergy with VCFが担うことになります。その際、VMware側のテクノロジーについては、VCF内のネットワーク仮想化がカギとなります。

我々は「Virtual Cloud Network」という言い方をしていますが、オンプレミスやパブリッククラウド、最終的にはエッジ側のマイクロデータセンターも覆う形で、ソフトウエアによって抽象化されたネットワークのメッシュを作っていかなければなりません。そのあたりのビジョンを御社と共有しているわけです。また、Synergy with VCFには、我々の言う「Self-Driving」、すなわち自律化を実現するハードウエア側の仕組みが搭載されていることも非常に画期的。これ1つとっても、両社が同じ方向を指向していることが強く感じられますね。

インテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリー

五十嵐おっしゃる通りだと思います。ハイブリッドクラウド化の実践には、オンプレミスのシステムが技術面でも経理面でも“クラウドReady”になっていることが必須です。これに関して当社では、お客様のオンプレミスインフラをIaaS型の従量課金モデルで提供する「HPE GreenLake」というサービスなどもご用意しています。SynergyとVCFにより、オンプレミスとパブリッククラウドの間の“架け橋”を築き、オンプレミスを“クラウドReady”にすることこそが、現在の両社の協業における最大のポイントだといえます。


より広範な領域での協業でさらなる価値を追求

最後に、顧客企業に向けたメッセージをお聞かせください。

五十嵐VCFをベースとしたハイブリッドクラウド化に関心を持たれたお客様に対し、実地に体験いただける環境をご提供することが重要であると考えています。これに関しては、共同検証センターを設置し、お客様にPoC(Proof of Concept)などを実施していただける環境もご用意。同センターは4月の開設以来、多くのお客様にご利用いただいており、既に実プロジェクトへとつながっているケースもあります。

山中一般に改善の取り組みの実践には、PPT(People-Process-Technology)の視点が不可欠だとされます。お客様におけるハイブリッドクラウド化の推進についての「Technology」の領域は、Synergy with VCFが支援することになります。「People」「Process」については、サーバーリソース払い出しのタイミングで、ネットワークポリシーやストレージポリシーなども一緒に展開されるSDDCの世界では、これまでのサーバーやネットワーク、ストレージなどの各システム領域に人員を配し、個別に管理・運用していくという体制で対応していくのはやはり困難。お客様のIT組織の変革が必須なのです。そうした側面についても、両社のコンサルティング部隊が連携する形でお客様をサポートしていければと考えています。

五十嵐同感です。さらに言えば、今回のSynergy with VCFに限らず、御社との協業は、ますます広範な領域へと広がっていくものと確信しています。まさに“シナジー”の創出を通じて、お客様のIT環境に新たなる価値を提供していきたいと思います。


PDFダウンロード

ハイブリッドITに関するユーザー調査と成功のための必須条件

顧客主流の時代に競争力を維持するため、ITリーダーはインフラストラクチャと運用環境を革新する必要に迫られている。パブリッククラウドにはスピードと拡張性というメリットがあるが、ITリーダーは画一的アプローチが必ずしも成功につながらないことを認識している。それでは、組織にとって本当に必要なものは何か? 本資料では、世界中のITの意思決定者562人を対象にした調査から判明した事実を掘り下げていく。

ダウンロードはこちら

ハイブリッドITの基本的な技術

ハイブリッドITは、デジタルトランスフォーメーションの実現に必要な柔軟性を企業に提供する。新旧のインフラストラクチャを自在に組み合わせることで、企業はさらなる成長を遂げることができるからだ。しかし、、性質が大きく異なる従来型のITとクラウドサービスを場当たり的に組み合わせている企業も少なくない。そこで、本資料では、ハイブリッドITをビジネスに有利な差別化要因にする基本的な技術について解説する。

ダウンロードはこちら

イベント情報

HPEとVMwareの戦略ソリューション「HPE Synergy with VMware Cloud Foundation」の紹介を以下のイベント・セミナーで実施。

開催日 開催地区 イベント、セミナー名
2018年10月18日(木) 名古屋 VMworld 2018 最新動向にみる、オンプレミス環境のマルチクラウド化のすすめ
2018年10月24日(水) 東京 VMworld 2018 最新動向にみる、オンプレミス環境のマルチクラウド化のすすめ
2018年10月25日(木) オンライン 30分でわかる!HPE×VMware vSANによるHCI製品の選び方
2018年11月14日(水) 東京 IT現場をヒーローにする!『自律型インフラ』とは?(VMware vFORUM 2018 TOKYO)
2018年12月14日(金) 大阪 IT現場をヒーローにする!『自律型インフラ』とは?(VMware vFORUM 2018 OSAKA)

2019年以降の開催についてはこちら
https://h50146.www5.hpe.com/events/seminars/

お問い合わせ

日本ヒューレット・パッカード株式会社
URL:https://www.hpe.com/jp/ja/japan/contact.html
TEL:0120-268-186

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および /またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。