ビジネスイノベーションを支えるOne Cloud(Vol.4 統合運用管理)クラウド、ネットワーク、セキュリティを1つの統合的なクラウド環境で提供するという新コンセプト。それがIIJの「One Cloud」です。

マルチクラウド時代のシステム運用を自動化で楽にする方法とは

複数のクラウドサービスを利用するマルチクラウドの普及でシステムやサービス利用の自由度が高まる一方、システム運用が煩雑化し、企業のシステム運用担当者の負荷は高まるばかりだ。こうしたマルチクラウド時代のシステム運用にかかわる課題を解決するのが、インターネットイニシアティブ(IIJ)の「IIJ統合運用管理サービス」である。その特徴は、IIJ自身がクラウドや顧客企業のシステム運用サービスで長年培ってきたナレッジを活かし、チケット管理、監視、運用、ジョブ管理といった機能をSaaSとして提供していること。企業は必要な機能を利用し、システム運用を自動化することで運用担当者の負荷軽減のみならず、ビジネスを支えるシステムの安定運用が可能となる。

多発するアラートへの対応が課題のマルチクラウド

IIJ クラウド本部	エンタープライズソリューション部副部長兼M&Oサービス開発課課長 福原 亮 氏
IIJ クラウド本部
エンタープライズソリューション部
副部長 兼 M&Oサービス開発課課長
福原 亮 氏
 従来からのオンプレミス環境に加え、様々なクラウドサービスを組み合わせて利用するマルチクラウド環境が企業で広がっている。このためシステム運用は煩雑になる一方だが、経営層からのITコスト削減要請もあり、システム運用担当者を増員しにくいのが実情だ。

 「オンプレミスが主流の頃は自社でシステムを構築していたので、システム構成も把握でき、運用しやすい状況でした。しかし、クラウドになるとシステム構成もよく分からないというのが実情です。さらにマルチクラウドでは障害を知らせるアラートにしても、雑多な情報がシステム運用者に届けられるといった問題があるのです」。長年にわたってシステム運用に携わってきたIIJエンタープライズソリューション部副部長兼M&Oサービス開発課課長の福原 亮氏はマルチクラウドのシステム運用の課題について、こう指摘する。

 障害検知の基準もクラウド事業者によって異なる。「本当に処理が必要なアラートなのか、それとも不要なアラートなのかの判断が難しく、多発するアラートへの対応がシステム運用者の大きなストレスになっているのです」と福原氏は自身の経験を踏まえて話す。

 システム運用現場の悩みとして「運用コスト削減」のプレッシャーもある。経営層はクラウドサービスの利用でITコストが削減できるのだから、運用コストも下げられるだろうとみる。だが、オンプレミスもクラウドも障害対応などの手間は変らず、クラウドになっても運用コストは下がらないのが現実だ。

IIJのシステム運用者が開発した統合運用管理サービス

IIJ サービスプロダクト事業部 営業推進部 クラウドサービス課課長 佐藤 雄一郎氏
IIJ サービスプロダクト事業部
営業推進部 クラウドサービス課課長
佐藤 雄一郎 氏
 こうしたシステム運用にかかわる企業IT部門の課題を解決するのが、「IIJ統合運用管理サービス」(以下、UOM : Unified Operation Management)である。UOMでは多発するアラートや下がらない運用コストの課題を「自動化」で解決する。IIJではクラウドや顧客企業のシステム運用のコスト削減を目的に業務フローを平準化し、システム運用の自動化に取り組んできた経緯がある。その結果、年間に1000万件を超えるアラートの自動対応を進め、アラートのうち94%を自動的に処理しているという。

 UOMを企業に提案するIIJサービスプロダクト事業部営業推進部クラウドサービス課課長の佐藤 雄一郎氏は、「IIJではアラートの自動処理やオペレーションの自動化によってシステム運用コストを約80%削減しています。さらに同じ人数で約5倍のサーバー台数を運用できるようになり、アラート発生から自動メール通知など初動までの対応時間を半分に短縮しています。こうした自社での経験とナレッジを活かし、システム運用に必要な機能をSaaS型サービスとして提供しているのがUOMです」と述べる。

 UOMは、チケット管理を含む統合管理、監視、運用、ジョブ管理の4つの機能サービスと1つの接続サービスで構成する。統合管理は、オンプレミスのほか、IIJのクラウドサービスIIJ GIO、Microsoft Azure、AWSといったクラウドサービスのサポートを統合する。そして、クラウドごとに設けられた監視システムを集約し、監視アラートやイベント情報などをWebポータルで統合的に管理する機能や、問い合わせ窓口の一元化やチケット管理機能を提供する。

 監視サービスは、オンプレミス、マルチクラウド環境などを対象にシステムを24時間365日監視する。企業独自の監視条件の設定やアラート情報の閲覧などが可能な監視管理画面や、アラート検知時のメール通知/自動電話通知機能を提供する。

 運用サービスは、事前に用意した手順書に基づいたオペレーションを自動で実施する自動オペレーションからフルアウトソース型のエンタープライズ運用まで用意し、企業のニーズに対応する。

 ジョブ管理は、プログラム・バッチ処理の起動/終了の制御など、企業システムのジョブを実行・監視する機能を提供する。ジョブ管理システムを複数企業で共有するタイプと専用するタイプがある。

 プライベート接続は、閉域ネットワークを含めてIIJが提供する。「企業のオンプレミスのシステムやクラウドとUOMのゲートウェイをセキュアに接続し、システムの安全な運用・監視を支援します」と佐藤氏は説明する。 IIJ統合運用管理サービスメニュー

アラートメールの要・否を自動的に振り分けて送信

 「UOMの大きな特徴は、システム運用に必要な機能をすべてSaaSで提供していることです。初期費用なしに企業ニーズに応じた機能だけを選んですぐに利用できます」と福原氏は強調する。

 既存の監視システムはそのままに、UOMの中から必要な機能だけを利用するケースもある。例えば、「システム監視にオープンソースのZabbixを導入する企業の中には、障害検知で大量のアラートメールが企業に送られてくるため、本当に対処が必要なメールなのか要・否の仕分け作業が大変という声も聞かれます。そこでUOMでアラートメールを集約したいという企業もあります」と福原氏は話す。

 UOMは、IIJ自身による大量のアラート処理のノウハウを活かした自動アラート処理機構を備える。そこで、Zabbixからのアラートメールを企業のメールアドレスではなく、一旦、UOMのメールアドレスで受信する。そして、あらかじめ指定した条件以外のメールは通知しない自動フィルタリング機能により、メールの要・否の判定が行える。

 UOMは同じサーバーから大量に発生したアラートを5分単位で自動的に束ねる重複排除の仕組みがある。「指定した条件が同一のメールは5分単位で集約され、1つのメールとして企業に届けられます。これにより、障害検知に対して確認と対応すべきアラートが分かりやすくなります」(福原氏)。Zabbixを利用している企業向けに「IIJ統合運用管理サービス for Zabbix」を用意している。

 UOMではアラートメールのほか、自動音声による電話通知(自動架電)する機能も備える。「自動架電についても、同一の連絡グループには10分間に1回しか電話しない仕組みをUOMに標準搭載し、不要な電話連絡を排除するようにしています」と福原氏はシステム運用現場の思いを反映したサービス開発の取り組みについて説明する。

 こうした利便性を評価して、自動架電だけを採用する企業もあるという。既存の監視システムと連動して障害検知時に自動架電するシステムを独自に構築することも可能だが、SaaSであればそうしたシステム構築の手間とコストをかけることなく、すぐに利用を開始できる。

UOMのパッケージメニューなどサービスを拡充

 UOMは2012年のサービス開始以来、IIJ自身のクラウド運用や企業のシステム運用者のニーズを取り込み、機能の改善と更新を続け、2017年にリニューアルを行った。そして「今後も革新的な機能を開発、提供していきます」と佐藤氏は話す。その1つが障害対応のワークフロー作成機能だ。既存システムで運用していた手順を活かしながら、自社の障害対応のフローを定義する。ワークフローの作成を通じ、自動化できるものはUOMを利用してもらう狙いがある。さらに「アラートの自動メール、自動架電に加え、Microsoft TeamsやSlackなどに通知する機能を追加しました。」(佐藤氏)という。

 このほか、自動オペレーション機能を拡充する計画もある。自動オペレーションは、アラート検知をトリガーに定型的な復旧作業を自動化し、運用を効率化する。また、あらかじめ設定した特定のコマンド発行やスクリプト実行などの処理を自動で実行する。これまで自動オペレーションの対象機器は、UNIX機、Windows機、Cisco Systems製ネットワーク機器だったが、「今後、Microsoft AzureやAWSといったクラウドサービスが公開しているAPIに対してコマンドを実行できるようにする計画です」(福原氏)。クラウド上のシステムも自動オペレーションを適用することでマルチクラウド運用の負荷軽減が可能になる。

 また、UOMのメニューにパッケージメニューを追加する。これまで企業ニーズに応じて機能を選択していたが、アラートメール取り込みやアラートフィルタ、チケット管理、タイムライン、自動通知といった主要機能をはじめ、自動オペレーションやシステム監視、ジョブ管理などをパッケージ化したものだ。「いずれも初期費用は不要で、月額9800円から利用できるメニューを用意しています。スモールスタートし、パッケージを拡充していけるのもSaaS型のUOMならではです」と佐藤氏はパッケージ版提供の意義を述べる。60日間無料で利用できるトライアルパックも用意されているので、オンプレミス、マルチクラウド環境に関わらず、UOMによるシステム運用の自動化でどけだけ楽になるのか、試してみてはどうだろうか。

メニュー構成と料金体系
トライアル
パック
for Zabbix

※Zabbixユーザー向け
特別メニュー

ベーシック
パック
アドバンスト
パック
エンタープライズ
パック
60日間 無料初期 0円
月額 9,800円
初期 0円
月額 14,800円
初期 0円
月額 98,000円
初期 0円
月額 380,000円
アラートメール
取り込み

10ルール

10ルール

10ルール

30ルール

100ルール
アラートフィルタ
チケット管理
メール送信機能付き

メール送信機能付き
自動タイムライン
自動通知
3グループ

3グループ

3グループ

3グループ
自動オペレーション
10台
-
3台

10台

30台
追加オプション--+ 2,000円/台
システム監視
300ポイント
--
300ポイント

600ポイント
追加オプション---+ 15,000円/30ポイント
ジョブ管理----
3台
追加オプション----+25,000円/台

IIJ Special CONTENTS

Vol.1 フルMVNOVol.1 フルMVNOVol.2 マルチクラウドVol.2 マルチクラウド
Vol.3 wizSafe(ウィズセーフ)Vol.3 wizSafe(ウィズセーフ)Vol.4 IIJ統合運用管理Vol.4 IIJ統合運用管理

お問い合わせ[IIJの法人向けサービス・ソリューションについて]

メールフォームでのお問い合わせ

●電話でのお問い合わせ
IIJインフォメーションセンター
03-5205-4466(土日祝日を除く 9:30〜17:30)