あなたの会社の「ITトランスフォーメーション問題」。
もう、先伸ばしは許されない。

さまざまな選択肢がある中で、見過ごされがちなのが、"データセンターの積極活用によるITトランスフォーメーション"。AIやビッグデータ解析など、データ量の増大にも柔軟に対応できるプラットフォームがあれば、それは現実性と将来性を兼ね備えた解となる。

さまざまな選択肢がある中で、見過ごされがちなのが、"データセンターの積極活用によるITトランスフォーメーション"。AIやビッグデータ解析など、データ量の増大にも柔軟に対応できるプラットフォームがあれば、それは現実性と将来性を兼ね備えた解となる。

目的のデータにいち早く到達できる、
最先端のプラットフォームを実現

ITトランスフォーメーションを支える革新的なプロセッサーが登場した。
それが、インテルの新しいサーバー向けプロセッサー インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー である。

「スケーラブル」とは何かというと、拡張性が高いという意味を持ち、1つのプロセッサーで、ハイエンドからローエンドのサーバーまで使用することができるようになっている。これまでブランドごとで異なっていたソケットやピンの配置、チップセット、対応メモリなどをすべて同一にし、1つのプラットフォームでエントリーレベルからハイエンドまでのプロセッサーを使用できるようなった。

画期的な CPU 設計である
インテル® メッシュ・アーキテクチャー

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは、前世代からさまざまな点で改良や刷新が行われているが、1番大きな変更点は、リングバスアーキテクチャーからメッシュインターコネクトアーキテクチャーを採用したことである。CPUのインターコネクト(内部接続)がメッシュ型と呼ばれる網の目のような形のインターコネクトに変更されたことにより、横にも縦にもアクセスすることが可能になり、比較的低遅延で目的のデータにアクセスすることが実現したのだ。

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは、最大6Tバイトのシステムメモリをサポートし、2ソケットから8ソケットシステムまで幅広くサポートできること、またインターコネクトをQPIからUPIに変更し、スピードアップにも成功している点も魅力の1つだと言えるだろう。

AI AIの力が活躍するその裏側とは

近年注目を集めているAIの普及により、ビジネスの世界が大きく変わろうとしている。

最近ではさまざまなWebサービスにおいて、AIが活用されており、ECサイトにおいては、顧客への自動接客や行動分析といった面でAIの力が一層活躍している傾向にある。また、アプリにおいては、AIと会話ができるサービスなども出てきており、徐々に日常生活の中に浸透し始めているだろう。

急速に過熱しているAI市場においては、多くのデータとそれを処理する高い計算能力が求められるが、AI活用サービスでより効率的に成果を出すにはまず、AI活用の環境を整備することが必要だ。

それらの課題に対応するために、高性能なサーバー群が導入されるわけだが、AIの更なる用途拡大などを考えると、現在のデータセンターやネットワークを今すぐ進化させる必要があるのではないだろうか。

インテル® Xeon® スケーラブル・プラットフォームは、より高性能なデータセンター ・プラットフォームの基盤として、俊敏性と拡張性を飛躍的に向上させることが可能である。

AIの活用を新たに検討する際には、より強固なプラットフォームを基盤とすることが重要になりそうだ。

Big Data 敏捷性に優れた基盤でビッグデータを効果的に活用

IoT デバイスの普及やインターネットユーザーの増加などにより、世の中のデータは常に増え続けている。“ビッグデータ時代の到来”とも呼ばれる今、そのデータの価値はますます高まっているのだ。

各業界からビッグデータ分析への注目が集まっている理由は、収集したデータを分析し、有効活用することにより、ビジネスにおける新たな知見を見出すことができるためである。

しかし、ここで浮かび上がる課題が1つ。
データ量の増大により発生する「処理速度」の問題だ。ビッグデータの分析を行うには、リアルタイムで解析する必要がある一方で、従来のデータ量とは比べ物にならないほど大量のデータを扱うことになるために、処理速度の課題に悩んでいる企業も多いだろう。

その点、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーには新しい命令セットであるインテル® AVX-512がサポートされている。512 ビットの超広域ベクトル演算機能を備えているため、ビッグデータの処理や、極めて要求の厳しい演算タスクなどには大きな威力を発揮するのだ。

Analytics 短時間かつ効率的な分析で企業の成功を支える

IoTやAI、機械学習といった技術革新を追い風に、データ分析の用途や幅が拡がりつつある。このような変化の時代を勝ち抜くためにも、データを活用してどのようにしたら成功することができるのか、考えるべきではないだろうか。

「より効果的なデータをいかに迅速に取得することができるか」
「セキュリティーを確保しつつも、より効率的に取得するにはどうしたらよいのか」

アナリティクスを必要としている企業の中で、これらの課題を抱えている企業は多いが、実際にどのように対応したらよいのか困り果ててはいないだろうか。

新しいインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは、迅速かつ強力な処理による、より短時間での分析を実現することができ、上記のような課題を解決してくれる。併せて経済的利点も期待できるというから驚きだ。

ある企業では、4~5年経ったサーバーをたった1個のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを搭載したサーバーに置き換えるだけで、その後4年間でTOC(総保有コスト)を大幅に減らすことができたという。セキュリティー面においても、暗号化などの強化により信頼性の向上が期待され、企業の成功を常に支えてくれること間違いなしだ。

Cloud クラウドの分野でハイパフォーマンスを実現

ハイブリッド・クラウド向けサービスに最適な基盤として、多様なワークロードを用途に応じて柔軟に対応できるのが特徴である、インテル® Xeon® スケーラブル・プラットフォームは、仮想化環境およびクラウド向けに適した設計となっている。

インテル・アーキテクチャで検証され、拡張性を持つソリューションの活用が可能であることにより、セキュリティ・アルゴリズムの実行性能は最大2倍向上したという。また、クラウド向けに最適化された仮想型の5G対応ネットワークを構築するための、次世代プラットフォームの土台とも言われている。

大量データを活用する企業のための将来を見据えたプラットフォームを通じて、新たな価値を提供してくれることが期待できるのではないだろうか。